羽生結弦の流儀、とてもよかったです。 - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生結弦の流儀、とてもよかったです。


でていましたよ(*^-^*)
夕べ遅くに放送された「羽生結弦の流儀」

http://dai.ly/x40b7o1


160328 フィギュア新時代へ!「彼の流儀」 投稿者 YzRIKO

関西地方の方で、ご覧になれなかった方々、
動画でお楽しみください。

昨日、例の「ゆづがしゃべりすぎた」という
新聞記事まで出てしまったあの、NHK杯後のインタビューの
全容が初めて聞けました。

yuzuru533.png

ある記者がした、質問に対して自分の考えを
冷静に落ち着いて話すゆづの姿と言葉に私はすごく
感銘を受けました。


ゆづの言葉を書き起してみましたのでよかったら
読んでみてください。

『将来的にどれくらいジャンプが必要なのかといわれたら
僕もそれはわかりません。

時代というのはオリンピックごとに代わっていくような
気がしていて、特に僕の中で一番印象に残っているのは
ソルトレイク五輪で、確実に10人以上の選手が4回転を綺麗に、
クオリティの高い4回転を跳んでいましたし、逆にバンクーバー
五輪では4回転を跳ばないエヴァンライサチェック選手が
優勝しました。

実際にNHK杯ではすべての選手が4回転に挑んだと
いうことを聞いてみると正直言って僕はびっくりもしていますし、
ただ4回転に挑めばいいかといえばそれだけではなくて、
やはり綺麗に降りることで点数がもらえる。

実際に3Aの基礎点と4回転の基礎点というのは2点
くらいしか違いません。

これは3Aをきれいに跳んでGOEを例えば2〜3点、獲ったとしても
ベースバリューを考えたとしても4回転以上の点数がもらえます。

というとは、はっきり言ってしまうと、バンクーバー五輪のように
全てのジャンプをGOE3点をもらえれば4回転を跳ばなくても勝てる。

そういったルールだと僕は思います。

ただ、それでも僕は今回、ショートプログラムを含め、
4回転に5回挑んできたのは、4回転を跳んでさらに難しい入り方、
難しい折り方をして、それプラストリプルアクセルという、
4回転に一番近い3回転ジャンプを4回転のような点数が
もらえるようなクオリティで跳ぶ、それが僕の一番の武器だと
思いますし、これから先もきっといろんな選手が出てきます。

今回感じたのは、ボーヤン選手はまだジュニアから上がってきて
間もないですけどもそれでも、彼はフリーでも後半に4回転を
3回入れてショートの後半にも入れて、素晴らしい演技をしました。

これはスケート界の将来を見ているような気もしますし、
ただこれだけが正解ではなく、僕自身も僕ができることを
すべて出し切って、僕自身ももっともっと難しい4回転を
もっと質の高い4回転を目指してこれから頑張っていければな・・
と思っています。』


これで記者会見の時間切れになると、ゆづは
テーブルに頭を付けたあと、


yuzuru536.png


「ホント申し訳なかったです。」

yuzuru537.png

yuzuru538.png

平謝りをして回りました。


でも、何故、ゆづはあれほど長い時間を使って
あの質問に答えたのでしょう。

ゆづがあの時伝えたかったこととは?

yuzuru539.png

『あの時の質問が、じゃ・・ボーヤン・ジン選手が
4回転3回飛んできたと。

yuzuru540.png

こういう風になってきて将来どうなっていくか、
という話ですよね。

僕はそんなのはわからないと。

ただ、ボーヤン・ジン選手はあの時フリーは4つで
十分だと言ってましたけど、僕の中ではまだまだ
分からないです。

それは僕の夢だった4回転アクセルであったり、
夢だった五輪チャンピオンというものだったり、
いろんな未来が描けるんですよね。

いろんな可能性があるから、人それぞれ。
例えばこれからパトリックチャン選手が4回転
サルコーを跳んでくるかもしれないし。

もしかしたハビがループ入れてくるかもしれないし。
ボーヤンがアクセル跳んでくるかもしれないし。
フリップやってくるかもしれないし。

そんないろんな可能性のある未来を、そんな決めつけたくない。
自分が例えば「4回転は4本で十分だよね」とか、
そういうことを言っちゃいたくないんですよ。

ホントにそれぞれの方向性があって、それぞれの
個性が今生きている状態なんですよ。

それを崩したくない。むしろその個性で戦って
いられるからこそ、僕自身めちゃくちゃ楽しいですね。』

yuzuru541.png

ソチ五輪後にはすでに、自分たちの世代が強くならなければ
ならないことや、自分が先頭に立って変革者になって
引っ張っていくことを決意していたゆづ。

yuzuru542.png


クリケットクラブにある世界選手権の優勝者の名前に
自分のしたにハビの名前があるのを見て、いつも
「くっそー。なめるなよ」絶対にやってやるからな」
と思って頑張っているそうです。(*^-^*)

こんなかわいい顔をしてホントにゆづってすごい
闘志の塊なんですね。

yuzuru544.png

すでにボストン入りしている選手たち。

あとは30日の本番を待つだけです。

yuzuru546.png

yuzuru547.png

この番組の後半では、1961年にアメリカのフィギュア界を
襲った悲しみ、そこからフィギュア王国へと再建していく
物語が放送されました。

私も初めて知ったのですが、アメリカは、1961年の
飛行機事故で、当時のトップスケーターやコーチ陣を
一辺に失ってしまったのです。

恐ろしくて悲しい出来事でした。

二度とそんなことが起きないことを心から願うばかりです。

このブログは人気ブログランキングに参加しています。
あなたの応援クリックでますます元気が出ます。(*^-^*)


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村にも参加しました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2016-03-28 | Comment(4) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、今晩は。

ゆづ流儀、見ました。 感心しました。ゆづの 凄い分析力。的を得て 論理的ですし、思考も想いも 深くて、素晴らしい! 頭が抜群に、良いのでしょうね。
顔を、テーブルに伏せて 誤る様子は、可愛いし。 ゆづ って、なんて 素敵な人なのでしょう。 惚れ直してしまいます。

始まりますね。何よりも、体調が良い ゆづ。で、まずは 安心しました。
しばらく、テレビ録画も 忙しいですね。

ゆづの事だけで、失礼します。
Posted by はや at 2016.03.28 22:41
はやさん(*^-^*)
いつもありがとうございます。

>ゆづ流儀、見ました。 感心しました。
>ゆづの 凄い分析力。的を得て 論理的ですし、
>思考も想いも 深くて、素晴らしい!

ホントにそうですね^^
ゆづの論理的な話を聞いて感心してしまいました。

喋りすぎだなんて失礼ですよね。

体の調子もよさそうだし、演技もサルコーに
3Tを付ける構成に変えてきましたね。

さらに難度をあげて挑むんですね^^

世界選手権を最高の形で終えられますように。
Posted by マリリン at 2016.03.29 00:15
こんばんは。

こんなにいい番組を深夜に放送するのはもったいない!!
でもとにかく動画で見られて感謝です。^ω^
長く喋り過ぎた会見、全然想像と違いました。ずっと今まで考え続けてきた事なんでしょうね。4回転ジャンプについてはひとことでは語りつくせない彼の思いがあると思います。記者がドンピシャな質問をしたので、まさしく持論を大展開という結果になったのでしょう。

これNHK杯なのに、NHKで流さなかったですよね。総集編でも。いいこと言ってるのにもったいない。

それといくつかの強気発言、いいですね〜。応援する立場としては本人がこれだけ言ってくれるとホントに気持ちいい(^o^)。安心できますもん。

現地の方のツイッターによると、公式練習も調子いいみたいですよ。
Posted by しま at 2016.03.29 01:03
しまさん(*^-^*)
いつもありがとうございます。

>こんなにいい番組を深夜に放送するのはもったいない!!

ホントですね^^
何で深夜何でしょうね。

でも見れてよかったです。

>4回転ジャンプについてはひとことでは語り
>つくせない彼の思いがあると思います。

ゆづにとっては4回転を跳ばないことなど、
ありえないのでしょうね^^

>これNHK杯なのに、NHKで流さなかったですよね
>総集編でも。いいこと言ってるのにもったいない。

放送しなかったのにはなんか理由でもあったのでしょうかね?

強気な発言も頼もしいですね^^
応援し甲斐があるというものです。

早く練習している姿が見たいです。
Posted by マリリン at 2016.03.29 20:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます