二人は仲良し。織田君とゆづが面白い。 - 羽生結弦 成功への軌跡

メインインフォメーション

yuzuru1859.png

二人は仲良し。織田君とゆづが面白い。

ゆづの仲良しといえば、ハビエルですが、
この方ともとても仲がいいですよね。(*^-^*)

そう・・「殿」である、織田信成さん。

yuzuru218.png

今日はこの二人の仲良しぶりを報じている
記事をご紹介したいと思います。

ーーーここからーーー

織田信成の選手時代から2人の仲が良いことで
知られていました。

羽生結弦と織田信成、2人の関係性が分かる
仲良しエピソードや面白画像を大公開!

『今となってはバラエティ番組や大会解説者として
引っ張りだこの織田信成ですが、現役時代には世界大会で
何度も優勝した経歴を持ちます。

そして、現役最強のフィギュアスケート選手
誰もが認める羽生結弦は競技中の凛とした表情や
キレのある演技とはうって変わって、練習後やプライベートでは
思わず笑ってしまう自画取り写真や面白エピソードがあるようです。

◆移動バスでは常に2人は隣同士。

2015年に母校となる関西大学で行った講演会では、
羽生選手とのいくつかのエピソードが明かされました。

まずアイスショーの移動バスではいつも羽生選手から
「隣に座っていい?」と言われるため、移動バスでは
いつも2人は隣同士になるようです。

そして、羽生選手は競技中は物静かな王子様のような
イメージに対してプライベートでは、バス移動中、
羽生選手のマシンガントークが止まらないそうです。


◆噂は事実だった?衝撃のドSドMティーシャツ

ファンの間ではよく知られている
「羽生君のドSと織田君のドM」を決定付ける一枚。

yuzuru219.png

以前、織田君は「ちょっと羽生君、Sっ気がある。
僕、どちらかというとM体質なんですけど、すごい
相性いいんです。話してて凄い面白い」と2人の
相性の良さを語っていました。

このティーシャツは、それを覚えていた
ファンからのプレゼントでしょうか?
それを着ておふざけ満点で自画撮りしてしまう
2人の仲がほほえましいですね。

◆大きな反響を呼んだ2人の壁ドン

yuzuru221.png

まさかの羽生君から織田君へ壁ドン写真です。
その後ろでしっかり表情を作っている鈴木明子さんも
2人と仲が良さそうです。

2人の壁ドン画像はあっという間にネット上に
拡散されて大きな反響を呼びました。

後日関西テレビの某ニュース番組で、織田君より
壁ドンについての真相を興奮の表情で語ると共に
「すいません、全国の女子の皆さん」と全国の羽
生君ファンへの謝罪がありました。

織田君のこういう茶目っ気たっぷりな性格が
みんなに愛される理由ですね。

◆どうしてこんなに仲がいいの?

2人に限らず、日本フィギュアスケート選手は
みんな仲がいいですよね。

その理由は、大会やアイスショーで家から離れた
遠方で長時間行動を共にすることで、自然と連帯感が
生まれるからです。

選手以外の周りの人たちはみんな大人で、
話す相手は自然と選手同士となるのでしょうね。

仲間意識もありながら、ライバル意識も持つ関係。

その点、2人は織田君が既に引退してしまっているので、
ライバルと意識することなくドSの羽生君が遠慮なく
攻められるので、今後の関係も一層深まりそうですね。

織田君にはこれからも良き友人として、そして
解説者として羽生君を支えていってもらいたいと思います。』

ーーーここまでーーー


ゆづのマシンガントーク・・わかる気がします。(*^-^*)

ゆづって確か昨年のfaoiの時も「しゃべらせて!」って
自分が話す機会が少なくなった時、まじで怒っていましたもんね。

結構お話好きなんでしょうね。(^^)/

yudu2110.png

このシチュエーションはコントかな?

yuzuru220.png

こういった織田君との仲良しショットはたくさん
ありますので、あなたもネットで検索して見つけてみて
くださいね。

ゆづのドSぶりがよくわかるこのシーン。



こういう顔、好きですね〜。

めっちゃかっこいいです。(≧▽≦)

yudu2215.png

yudu2216.png

今日は11:00から14:00まで、テレ朝2の
フィギペディアを見ていました。

2015年のグランプリシリーズやエキシビション、
ファイナルの様子など盛りだくさんでした。

ゆづが写るものは、何でもいいからたくさん見たい(≧▽≦)

あ、それから昨日、こちらの雑誌が届きました。

yuzuru211.PNG

フィギュアスケートファン通信6 (メディアックスMOOK)

アマゾンレビューの通り、ゆづ成分9割?でしょうか。

年末の全日本選手権の抽選会の様子から始まり、
新年に行われた盛岡エキシビの様子まで、写真日記の
ように日にちを追ってゆづの動きや、演技などが掲載
されていました。

抽選会の時、ネクタイ結ぶのに苦労していたゆづ。

ネクタイを結ぼうとしている写真がとても素敵です。

300点越えはならなかったものの、全日本でのゆづを
どんだけカメラマンはとり続けたのだろう?とおもうくらい、
ゆづのショットでいっぱいでした。

盛岡エキシビの写真は暗いのですが、それが逆に
すごく臨場感を醸し出していてよかったと思いました。

エンディングやフィナーレの笑顔のゆづもとても
絵になっていましたね。

裏表紙までゆづです。(≧▽≦)

この雑誌はとてもお買い得だと思いました。

羽生ファンにとってはうれしい1冊です。

またよいものをゲットしましたらお伝えしたいと思います。。

このブログは人気ブログランキングに参加しています。
あなたの応援クリックでますます元気が出ます。(*^-^*)


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村にも参加しました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2016-01-31 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます