盛岡アイスアリーナが幕を閉じることに・・。 - 羽生結弦 成功への軌跡

盛岡アイスアリーナが幕を閉じることに・・。

今月9日、盛岡アイスアリーナで、羽生選手らが
素晴らしい演技を見せてくれましたが、なんと、
そのアイスアリーナが幕を閉じてしまうのだそうです。

羽生舞った盛岡アイスアリーナ27年の歴史に幕

yuzuru183.png

盛岡アイスアリーナは1989年10月に開館。

今まで、スケートやアイスホッケーの各種大会や
イベントが開かれてきました。

先日、「NHK杯スペシャルエキシビション」が開かれ、
羽生結弦選手もこの会場で「天と地のレクイエム」や、
「花は咲く」を熱演してくれたばかりでした。

http://dai.ly/x3lj70c


160109 花は咲く 投稿者 madoden

http://dai.ly/x3ljimb


SP EX-7 投稿者 hana02014


その直後、県内外のスケートファンから
「羽生選手が舞ったリンクで滑りたい」という要望が
相次いだそうです。

予想以上の反響で、工事開始を1週間遅らせて2月14日
無料開放してくれるのだそうです。

2月14日・・私の誕生日だ。

そうか・・その日が盛岡アイスアリーナ最後の日
になるんですね。(;´・ω・)

もうあそこに行くことはないのか・・。

せっかくおいしいココアも飲めて、また行きたいな・・って
思ったばかりだったのにすごく残念です。

アリーナは来年4月、バスケットボールやバレーボールのほか、
イベント向けの体育館として再オープンするとのことです。

ただ、盛岡にはすでに昨年の9月に通年型の
アイスリンクがオープンしています。

今後、もしも盛岡でアイスショーなどが開かれるとしたら、
ここを使うことになるのでしょうか。

「東北の通年型リンク」は今まで、ゆづが昔、
拠点としていたアイスリンク仙台しかありませんでした。

五輪で金メダルを獲得したあともずっと、羽生選手は
「東北に通年使えるリンクを増やしたい」と言っていました。

その願いが少しづつ叶っているのがうれしいです。


東北にちなんで色々見ていたら、今日はこんな記事を
見つけました。

フィギュア・羽生 被災地へ届け、16歳の「勇気の舞」
2011/4/16 7:00 (2011/4/18 18:32更新)

5年前のあの東日本大震災の後に書かれたものです。

動画などではよく、その頃のことを語るゆづの姿を見たり、
聴いたりしていましたが、当時に書かれたものを
見るのは初めてでした。

当時のゆづの様子や心境など、文字で見ると改めて
衝撃を受けました。

『震災から10日後、羽生は母親と高速バスで横浜に向かった。
リンクから脱出したときにダメにしたスケート靴をまず新調、
そのまま、横浜で練習を再開した。

4月1日、節電で営業を休止していた青森県八戸市の
リンクが再開すると、今度は阿部コーチの生徒30人らと共に、
八戸に移動して合宿。それを終えると、再び横浜に戻った。

リンクを転々とする生活。

羽生は朝と夜に練習時間をもらっても、気持ちが乗らず、
朝は行けない日も少なくなかった。

練習以外の時間はホテルの部屋にこもりがちだったという。

まだ気持ちのアップダウンは激しく、余震で仙台が再び
停電したと聞くと、ふさぎ込んでしまうこともあった。』

yudu136.png


・・そうだったんですね。(/ω\)

当時はまだ16歳、多感な年ごろだったゆづ。

ふさぎこむことも多かったんですね。

神戸のチャリティに招待されて「白鳥の湖」と、
アンコールで「パガニーニの主題による狂詩曲」を
披露したとき、見守った阿部コーチは
「心がこもっていて、泣けてきた」と話していたことも
書かれていました。

hisai15-2.png

ぜひこの記事、読んでみてください。

kakuseit32.png

このブログは人気ブログランキングに参加しています。
あなたの応援クリックでますます元気が出ます。(*^-^*)


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村にも参加しました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2016-01-22 | Comment(4) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。2011年の記事、読みました。お母さんと共にリンクを転々として・・・というのはよく聞いていましたが、震災の10日後にはもう練習環境を整えるべく動いていたのですね。これは羽生くんの意志というより、100パーセントお母さんの意志でしょう。やると言ったらやるという羽生くんの性格は、お母さんからの遺伝に間違いないですね。このお母さんがいなければオリンピックの金メダルだって取れてなかったかも・・・。
Posted by しま at 2016.01.22 21:32
しまさん(*^-^*)
いつもありがとうございます。

お母さんがきっとゆづの才能を埋もれさせたくなくて、
一生懸命、ゆづにスケートができる環境を備えるべく
頑張ったのでしょうね^^

このお母さんがいたからこそ、今のゆづがいるといっても
過言ではないですよね。

でも・・あんなにポジティブなゆづがふさぎ込んでいたなんて・・
すごくシーンと来てしまいました。

どれだけ大変だったのかと思うと・・。

こうして今、世界一のスケーターとなって頑張っていてくれることを
改めて感謝したい気持ちでいっぱいです^^
Posted by マリリン at 2016.01.22 21:53
マリリンさん こんにちは(*^^*)。
時が経つと いろんな変化が あって 少し寂しく思ったりも しますが 結果が良くなるなら必要な変化ですもんね。通年型リンク 本当に嬉しいですね。
ゆづ君と お母様の お話 は ご家族の 深い愛を感じますね。難しい状況の中 覚悟が 必要だった事と思います。ゆづ君の夢を 応援するご家族 それに応えるゆづ君 素敵な関係ですね。
私も ゆづ君の願いが 叶うよう 引き続き 祈りつつ 応援したいと思います(o^^o)。
Posted by ゆり at 2016.01.23 13:03
ゆりさん^^
いつもありがとうございます。

盛岡のリンクの改装はちょっと残念ですが、すでに
新しいリンクもできているので仕方ないですね。(^^;

最後にゆづの演技がこのアイスアリーナで見れたことが
良かったと思います。

ゆづとお母様、ほんとによくあの困難な状況の中、
頑張りましたよね。

5年前のゆづはホントに大変な状況だったと思いますが、
今、こんなに素晴らしいスケーターに成長できたこと、
改めてお母様に感謝です。
Posted by マリリン at 2016.01.23 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます