過去の「ナンバー」にひかれて。 - 羽生結弦 成功への軌跡

過去の「ナンバー」にひかれて。


大興奮だった神戸公演も終わり、残すは
「アオーレ長岡」のみとなりました。

イベント情報

yudu2169.png

7/11(土)13:00〜
7/11(土)18:00〜
7/12(日)13:00〜

3公演が予定されています。

テレビ放送はないみたいですね。(^-^;

この日はFaoiの神戸公演が放送されるので、
長岡に行きたい気持ちはありますが、ぐっとこらえて
家で「ゆづゆづ」したいと思います。

「ゆづゆづ」って何だ?(/・ω・)/

自分で勝手に作った造語で、
「ゆっくりじっくりゆづ様を堪能すること」
・・と勝手に定義しております。あせあせ(飛び散る汗)

ま・・家のテレビの前のアリーナ席の方が、
ゆづ様をドアップで見れますしね(負け惜しみ)( *´艸`)

あぁ・・この新潟の公演が終わったらゆづ様は、
本拠地であるトロントにお帰りになるのでしょうね。

うれしいようなさびしいような・・・。

トロントといえば、ゆづがトロントにわたってから
早3年がたちました。

最初にトロントに行く決意をしたときのことが
このナンバーに載っています。

ナンバーWEB 17歳の目覚め

『僕はどれだけ変われるか。期待を胸に、少年は海を渡った。
様々な試練に取り組み、自分の内面と向き合う日々の中で、
やがて天賦の才は花開き、心もしなやかに成長を遂げていた。』

yudu2171.png

回りの人は「金妍児を育てたからブライアンを
コーチに選んだのでは?」と思っていたようですが、
実際はそうではなかったようです。

もっと彼は戦略的に考えていたのです。

「トロントに来たのは、ブライアンが
キム・ヨナを育てたからじゃない。

僕はライバルがいて競い合わないとダメなタイプ。
だからショーや試合の公式練習で刺激されて
上手くなることが多かった。

だったら、その重圧を毎日受けられたら、
僕はどれだけ変われるんだろう? って。

4回転を2種類跳べるハビエルの秘密も見たかった。
だから、俺をカナダまで突き動かしたものは、
ライバルと一緒に練習できるこの環境。ヨナは全然関係ない」

ライバルの話になると「僕」と言ったり、
自分の戦略を語る時には「俺」と言ったり。
威張ったり、謙虚になったり。

2012年3月、ニースで行なわれた世界選手権。
ショートプログラム7位だった羽生選手が、
渾身のフリーを終えたとき、奈々美コーチが
こういったそうです。

「来年は、海外の先生にも見てもらわないとね」

17歳にして銅メダルを手にした羽生選手の心に
この言葉は大きく心に響いたようでした。

「仙台で練習するのが一番安心だし、家族とも離れたくない。
でもあれだけの歓声を浴びたし、期待を背負ってる。
もうスケートは自分だけのものではないんだ。
表彰台に立ったからには、自分の感情は優先させちゃいけない。
新たな一歩として阿部先生と別れて、自分の足で海外に飛び出さないと」

リンク環境やライバルの情報を以前から入手していた
羽生選手は海外に行くなら、トロントと決めていたようです。
そして何よりもオーサーコーチの存在は大きなものでした。

このナンバーの記事、とても興味深くて引き込まれました。

そしていつも感心するのは、羽生選手の精神態度です。

例えばね、名コーチですよ、オーサーって言ったら。

あの金妍児を金メダルに導き、なおかつ素晴らしい
4回転ジャンパーのハビエルを育てた。

そのオーサーについたのには、ちゃんと目的があったわけです。

「4回転サルコーの習得」とか、
「4回転の確率を上げたい」とかね。

なのに、最初に行ったトレーニングといえば、
「スケーティングの基礎練習ばかり」

練習の最後に全員で行なう基礎スケーティングでは、
同じステップをジュニアからシニアのトップまで
10〜20人の選手が一緒に踏むのです。

だけど、世界選手権銅メダリストの羽生選手が、
誰よりもつたない動きを見せていたのです。

普通ならかなり恥ずかしいし、落ち込むと思いませんか?

ところが羽生選手は、こういったのです。
「もうね、うれしかったですよ」と。

『自分ってこんなに出来ないんだ!』って。
自分の弱さが見えたので、これを直せば根本的に
スケートが変わって、もっと納得いく演技が出来るんだ、
新たなステージに上がれるんだ、って思ったんです」

何という素晴らしい精神態度でしょう。

この言葉を聞いたとき、中国杯から始まって
世界選手権が終わるまでの昨シーズン中、何度も
ゆづの口から「乗り越えるべき壁を与えていただいて
自分は幸せ者だ」とか、「課題が見つかってうれしい」
という言葉が語られたことを思いだしたのです。

そうなんだね・・常に羽生結弦という人は、
どんな試練も困難も、その前向きで謙虚と自信が
混在した性格で、幾度も乗り越えてきたんだよね。

今更ながら、「恐れ入りました」・・という感じでした。

このナンバーの続きが読みたくて、中古しかないけど、
アマゾンでお買い上げしてしまいました(^-^;

レビューもとてもよかったです。

『野口美恵による羽生、高橋、ニコライ・モロゾフ
三人のインタビュー、戦略、試行錯誤がスポーツライター
らしい掘り下げ方で、骨太に纏められている。

五輪を見据えて階段を上がる今の時期のそれぞれの
歩みがずっしりと重い。一年後に各々の答えが出る。
その時にまた読み返したくなるだろう。』

『羽生選手の心理的変化もうまく聞き出して
記事にまとめてると感じました。
写真も、羽生選手野など、写真集用?と思うくらい、
カナダの風景の中でチャーミングだった。』

これはもう、見なくっちゃですね(*^-^*)

yudu2170.png

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2012年 12/6号 [雑誌]

新しい雑誌はもうどれも羽生結弦選手が表紙だし、
写真や記事もほぼ似たり寄ったりなのですが、
こうした過去の、今よりも注目度が低かったころの
ゆづに関する記事を読むのも面白くて好きです。

これからもよい過去雑誌があればまた紹介したいと思います。

追記:「ドキッ!「色気を感じるアスリートランキング」1位はアノ人!

色気を感じるアスリートの1位に
なんと!羽生選手が選ばれました!!」

しなやかさと力強さを兼ね備えた羽生結弦選手が1位!

選んだ人たちのコメントも納得です。

ぜひぜひご覧になってくださいね。

総評:フィギュアスケートという競技は特に、
目線や表情から色気を感じるようです。
また羽生結弦選手は、あの細身の身体で、力強い演技力。
そしてプーさんが好きというギャップ。
色気と共にかわいらしさに惹かれているように思えました。

yudu2144-1.png

しなやかで美しく、それでいてワイルドで
男っぽいところもまた素敵ですね。(*^-^*)

ゆづの1位、納得です!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。
あなたの応援クリックでますます元気が出ます。(*^-^*)

banner.png

日本ブログ村にも参加しました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2015-07-07 | Comment(18) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、みなさん、こんにちは〜☆

マリリンさん、ゆづ友の皆さん!
先日は、思い出に残るゆづ取材に参加させて頂いて大感謝です!!
本当に、ありがとうございました。

まさしく一生の思い出になりましたっ(感涙)

実際に放映されるのは数分かもしれませんが‥もしかして
ゆづも見てくれるかも知れませんよねw
(すでに、カナダに行っている可能性もありますが)

ゆづが見た時、少しでも喜んでくれるように!
ゆづ愛が伝わるように!って思いながら頑張ってはみましたが‥
果たして結果はいかに!って感じです。

それにしてもマリリンさん、「ゆづと共演」とは、ステキな表現ですね〜!
いつの日か、生ゆづとお話できる日が来たらいいですねw
これは、私の一番の夢のひとつです。

その為にも、日進日歩精進しないとっ!(汗)

二次会も最高に盛り上がってw
久しぶりに、自分の中のリミッターがはずれた気がします(笑)
みなさま、また、楽しくお付き合いして下さいませw

ところで、ナンバーの記事すてきですよねw
ゆづの「逆転の発想」!本当にすばらしいです!!

これは、ゆづの日々の努力、プラス羽生家に伝わる
超ポジティブ思考の賜物なのかもしれませんね。
先祖から受け継がれる、成功の遺伝子じゃないかと。

ゆづもこの思考は、両親に感謝してるって言ってますし。
こんなに素晴らしい子孫を後世に残せたご先祖様は
さぞかし誇らしことでしょうねw

ゆづの自叙伝パート2!いよいよ出ますねっw
「17歳の目覚め」ですかーw
なんとも色っぽい表情がソソリます☆

ゆづがトロントに行ってる間の、私たちへのプレゼントですねw
Posted by 桜ユミィ at 2015.07.07 07:55
マリリンさん、皆様、こんにちは。

羽生くん、逆境をプラスに考えるなんて、本当にすごい精神力の持ち主ですね。まだ二十歳の青年なのに。。
インタビューで僕と俺が混ざって出てくるなんて、萌え〜〜〜。闘争心が感じられますね。普段は俺って言ってるのかな
(#^.^#)

アオーレで最後ですね。怪我なく、トロントに戻って納得いくまで練習にできるといいですね。今日は七夕ですね。
羽生くんの、幸せで最高の笑顔を見れますように!
Posted by あっちゃん at 2015.07.07 09:18
素敵な記事ですね!
野口さんのレポートはいつも素晴らしいですよね。
続きを入手されたら、ぜひまた感想をお聞かせ下さいね。

いつもすぐにお返事下さってありがとうございます。無理はされないで下さいね。

お台場でマリリン様にお会いするのを楽しみにしています!

Posted by ゆづぽん at 2015.07.07 09:41
マリリンさん
みなさんおはようございます!

このNumberの記事、いいですね!
そう。小さな子たちに混じって、自分が一番下手なのを
「嬉しい!」って
ね!?  普通じゃないですよ!
謙虚と同時に本物の自信を持っているんですね。
これって、やっぱり、
愛されて育った強み、かなーなんてことも思います。

中国杯の後の「課題が沢山あって、幸せ」も
なんていうか、無理して強がっているんじゃないんだなー
「不敵」って、感じかも……。

と同時に、(って誰かの口癖が……)
17歳でカナダに渡ることを決めた時の言葉
「もう自分の感情を優先させちゃいけない」
にドキッとしました。
これ、前もどこかで読んだ覚えはありますが、その時はあまり気に留めなかった。
彼は、ずーーーと、これを胸に刻んできたのかもしれない。
「レクイエム」はそれを初めて解いた、のかなー、なんてね。

マリリンさん
昨日の北海道公演の動画、遅ればせながら見ました。
なんかとっても懐かしい、キラキラしてますね。何もかもが
練習着の彼、久しぶりに見たような、最高ですね、やっぱり!

しーしさん、19日お会いで知るのですね! キャッ嬉しいです。

みなりんさん、バスタオル持参で行きましたぁ。でも、その場では
一つも見逃さないように目を凝らして、……泣けませんでした。
後になって泣いてます……

Kさん、ご覧になっているかな? お久しぶりです。
私が一番最初にマリリンさんにコメント送ったとき、kさんが同感して下さったの覚えています。神戸いらしていたんですね。
本当に素晴らしかったですよね。すべてのスケーター、アーチスト、観客、すべてが一体となっていて、その中心に我らがゆづ様が!!!あー、思い出しただけで胸が熱くなる。
Posted by レモンパイ at 2015.07.07 10:05
マリリンさま みなさま

しーし@これから仕事なんだけどどうしても一言書きたい、です。

マリリンさま、この貴重な過去記事、教えてくださってありがとうございます涙 なんか電車の中で泣けてしまいました。

あのニースのとき。そしてニースのあと。彼の持った危機感と成長欲と、そしてきっと成長「義務」と。たった17歳の彼がどれだけのものを抱えて海を渡ったのか。

英語もほとんどわからなかったと何かで読みました。不安とあせりも大きかったんでしょう。それでも、

「ここでやりたい」
「ここでやらなきゃ」

と強烈に思ったのだろうな。


レモンパイさんの

>17歳でカナダに渡ることを決めた時の言葉
「もう自分の感情を優先させちゃいけない」
にドキッとしました。
これ、前もどこかで読んだ覚えはありますが、その時はあまり気に留めなかった。
彼は、ずーーーと、これを胸に刻んできたのかもしれない。
「レクイエム」はそれを初めて解いた、のかなー、なんてね。


これも泣けてしまいました。
まさにおっしゃる通りだと思うんです。
自分の感情(思い)を優先させていたら、勝てない。
彼はそう思ったんではないでしょうか。

自分の夢のため、そして故郷のため。
誰よりも強くなり、すべてのライバルに勝つために。
あの時点で彼は自分の感情を封印したんではないかな、と私もいま気づきました。

そして3年…ですよね。
なんだか、いじらしくて愛しくて、泣けてくる。

あらためて、こんなかたを好きになってよかったなと陳腐な締めでごめんなさい。仕事いってきます〜〜
レモンパイさん、19日に^^v
Posted by しーし at 2015.07.07 15:31
ユミィさん(^^)/

おお!横綱がもう一人来ましたね。

いつもありがとうございます。

先日はお疲れ様でした。

楽しい時間でしたね^^

>思い出に残るゆづ取材に参加させて頂いて大感謝です!!
>まさしく一生の思い出になりましたっ(感涙)

いい思い出になりましたね^^

>もしかしてゆづも見てくれるかも知れませんよねw
>(すでに、カナダに行っている可能性もありますが)

そうですね(^-^;

あと2週間もしたらカナダに行ってしまうかもですね。

番組、見てくれたらうれしいんですけどね^^

>ゆづが見た時、少しでも喜んでくれるように!
>ゆづ愛が伝わるように!って思いながら頑張ってはみましたが‥
>果たして結果はいかに!って感じです。

ぃや〜、ユミィさんとしーしさんは主役級の活躍でしたよ(^^)/
さすがユミィさん、お話もしっかりとしていてすごく
良かったです。

頼もしいです。

ゆきんこさんもすごくよかったし(*^-^*)
面白かったです、ゆきんこさんとユミィさん。
オンエアがめっちゃ楽しみですね!


>「ゆづと共演」とは、ステキな表現ですね〜!

VTR上ではゆづも映るだろうし、私たちも映るでしょ?
だから「共演」です(*^-^*)

>いつの日か、生ゆづとお話できる日が来たらいいですねw
>これは、私の一番の夢のひとつです。

私もそれが夢です。^^

>二次会も最高に盛り上がってw
>久しぶりに、自分の中のリミッターがはずれた気がします(笑)

今でもまだ、ユミィさんのあの「ハリセン」を
思い出すとおかしくて笑っています(^◇^)

いろんなお話がでましたね〜。
しーしさんも私も、大笑いでした。

>ところで、ナンバーの記事すてきですよねw
>ゆづの「逆転の発想」!本当にすばらしいです!!

いきなり真面目(^-^;

ね?この記事いいでしょ?
結構心に残りました。

ゆづが表紙でなくても、ゆづの記事が載っている
過去のナンバー、「買い」ですよ。

表紙がゆづじゃないので安いですしね^^

表紙がゆづだと、記事の量が変わらなくても5〜6倍の価格
なんですが、このナンバーは当時のお値段〜2倍程度です。

>これは、ゆづの日々の努力、プラス羽生家に伝わる
>超ポジティブ思考の賜物なのかもしれませんね。
>先祖から受け継がれる、成功の遺伝子じゃないかと。

さすがユミィさん、いいこと言いますね^^
まさしくそうかも!

成功の遺伝子ですよね。

ゆづのこういう考え方がマジで「成功者の思考」
なんですよね。

>ゆづの自叙伝パート2!いよいよ出ますねっw

来月?あたり出ますかね^^

>ゆづがトロントに行ってる間の、私たちへの
>プレゼントですねw

ですね^^
みんなゆづ不足で枯渇してるころでしょうから。

ゾンビがミイラになっていると思います(^◇^)
早く「ゆづエッセンス」で潤わないと。
Posted by マリリン at 2015.07.07 20:33
あっちゃん、いつもありがとうございます(^◇^)

ゆづのそういうプラスな思考が大好きです。

学ぶところがいっぱいで、ほんとに20歳?
って思っちゃうほどしっかりしてますね。

俺様なゆづと時々、「僕」になる面白いひとですね^^

ゆづって絶対に「俺様」タイプだと思います。

そんなゆづ様が大好きですけど^^
Posted by マリリン at 2015.07.07 20:36
ゆづぽんさん、(*^-^*)
コメントありがとうございます。

この記事、とてもよかったです。
全部を読めていませんので、雑誌が届いたら
しっかり読もうと思います。

また感想を書きますね^^

お台場まであと10日あまりです。
あっという間ですね。

またお近くなりましたら詳細をご連絡しますね^^
Posted by マリリン at 2015.07.07 20:39
レモンパイさん、(*^-^*)
いつもありがとうございます。

>このNumberの記事、いいですね!
>そう。小さな子たちに混じって、自分が一番下手なのを
>「嬉しい!」って
>ね!?  普通じゃないですよ!

ゆづってやっぱり昔からこういう人なんですね^^

尊敬のまなざしで見てしまいましたよ、思わず。

普通、世界選手権で銅メダルまで取った人が、
こんなこと言えるかな?って思いましたもん。

恥ずかしさよりも悔しさよりも、うれしいって言葉が
先に口を突いて出るあたり、ただ者ではないですね。
もちろん、ただ者ではないのでオリンピックチャンピオンに
なったわけですけど。

>「課題が沢山あって、幸せ」も無理して強がって
>いるんじゃないんだなー

決して強がりではないですね^^
心底そう思っているから言えた言葉だと思います。

>と同時に、(って誰かの口癖が……)

そう、ゆづの口癖(^-^;
こればっかりだもんね〜ゆづ。

あ、でも最近は気をつけているのかあまり
言わなくなりましたね。

>17歳でカナダに渡ることを決めた時の言葉
>「もう自分の感情を優先させちゃいけない」
>にドキッとしました。

そうなんですよ(*ノωノ)
自分の感情を優先したい年頃ですよね、普通は。

まだ17歳だったんですから。

まだまだ日本にいて、いろんな意味で甘えて生きてても
許される年ですし、周りも決して責めないはずです。

なのに彼はあえて苦しい道を選んだ。

大人ですよね・・17歳にしてこの考え方ができるって。
すごいです。

>彼は、ずーーーと、これを胸に刻んできたのかもしれない。
>「レクイエム」はそれを初めて解いた、のかなー、なんてね。

この間のレクイエムにつながりますよね、
このときのゆづの気持ち。

>北海道公演の動画、遅ればせながら見ました。
>なんかとっても懐かしい、キラキラしてますね。何もかもが
>練習着の彼、久しぶりに見たような、最高ですね、やっぱり!

北海道の動画、昨年見た後なぜかどこにもなくて、
この間見つけてうれしくなりました^^

ゆづの手足の長いこと!

かっこいいですね〜(^^)/
金メダリストとして堂々とショーに出演して。
懐かしいです。
Posted by マリリン at 2015.07.07 21:00
しーしさん(^^)/
お仕事の前だというのに、コメントありがとうございます。

ホントにうれしいです。

>この貴重な過去記事、教えてくださって
>ありがとうございます涙 なんか電車の中で泣けてしまいました。

いえいえ(^^)/
私もすごく心に残った記事でしたので紹介させていただきました。

ゆづは決して愚痴や弱音を吐かないし、言い訳もしないひとだから、
カナダに行ったのだって、良く思わない人からはかなり誤解されて
いたと思うんですね。

なので、奈々美先生自ら「海外の先生にみてもらわなくっちゃね」
と言ったというのを見たとき、すごくうれしくなったのです。

ゆづは故郷を捨てたんじゃない。
ゆづが恩知らずで奈々美先生から離れたんじゃない。

この記事にある通り、自分の感情を優先してはいけないと
自分に厳しく言い聞かせたんですよね。

まだ17歳、高校2年生ですよ。

そんなあどけなさの残る彼が、ほんとなら
家族のためにも男の子である自分が仙台にいて、
少しでも故郷の役に立ちたい、家族の役に立ちたいって
思っていたと思うんです。

だけど、スケーターとしての羽生結弦はもう、
自分の気持ちだけで行動してはいけないんだ・・と
いうことを悟ったんです。

すごい覚悟をもってカナダに行ったのですね。

もちろん、それは五輪の金メダルも視野に入れてのこと
だったとは思いますが。

>自分の夢のため、そして故郷のため。
>誰よりも強くなり、すべてのライバルに勝つために。
>あの時点で彼は自分の感情を封印したんではないかな、と私もいま気づきました。

そうですね^^
すごい人ですよね。ゆづ。

>そして3年…ですよね。
>なんだか、いじらしくて愛しくて、泣けてくる。

ホントですね^^
だからよけいにゆづがカナダで嬉しそうに練習している
姿を見るとすごく安心するし、うれしくなるんです。

良かった・・ゆづ、幸せそう・・って。
ゆづ、いい仲間といいコーチたちに恵まれてよかったね!って。

ゆづに「よく頑張ったね」って言ってあげたいですね。
Posted by マリリン at 2015.07.07 21:21
マリリンさん、こんばんは〜♪

長岡もテレビ放送ないのですか…。
あとは、やっぱり神戸公演だけですね…。
う〜っ…涙…。トロントへ…ですよね。

国別が終わった時、みなで、ゆづの体のことも気にして、「もうアイスショーとかいいから、来シーズン元気にしっかり戻ってくれれば…」って感じで、ゆづロスを覚悟していたんですよね。

それなのに、faoiとかDOI出演、ってなって、慌てだし、ず〜っと楽しませてもらえ、それが当たり前に思えてきていて…。

でも、シンデレラの、いや、ゆづ王子様の12時の鐘が近づいているよ〜!!

ぐっと我慢しないとダメですね…。

ところで、ゆづゆづ、って言葉は、ゆづファンが当たり前に使う言葉と思っていました。

マリリンさんや皆さんが使う、ゆづ破産、ゆづ貯金、という言葉も普通だし…。でも先日「ゆづ断ち」という言葉を自分で使った時は、自分でも笑ってしまいました…。

ところで、ゆづ断ちは、「ある一定期間、ある目的のために、敢えて普段日課にしている大事な行為を断つ」という意味で、ゆづタイムを我慢しましたが、心にはいつもゆづがいました…。PCの近くのゆづコーナーをチラ見して、心でお話し、満足するようにしていました…。

でもでも、マリリンさんは絶対ダメですよ。みな、どうすればいいんですか!ってなっちゃうので!!

いつものことながら、話が前後しますが、ナンバーの記事、とても良かったです♪ ありがとうございます!

確かに、この頃の状況や気持ち等が載っている記事って、今のスーパーパワー全開のゆづと違って、また貴重!!

皆さまのコメにひたすら同感しました。この前向きな姿勢が…惹かれるし、またパワーをもらえます♪

「弱さがわかって、まだ強くなれる、ってことだから嬉しい…」みたいなことも、よく言っていますよね。

一瞬、逆説のように思えるんだけど、「あ〜、考えてみると本当にそうだ!」と思えるゆづ語録が大好きです♪♪

みっちゃんさん、

Tシャツの件、ありがとうございます。Mの件、了解です。
19日までに、金額も教えてください!

実は、みなさんがゆづ身に着けグッズについて書かれている内容は、私には外国語のように思え、お店の名前か、商品名か、とかわからない言葉がたくさんでした…。ニコル、って何?状態なので…。

だからしーしさんがMと書かれていたので、勝手にSもあるのでは、と思ってしまいました。

思い切って袖を通すか、大事にしまって、いや、飾っておくか、手に取ってからじっくり考えようと思っています。

いや〜普段、仕事仲間や生徒たちに、「え〜っつ、知らないの〜?」と驚かれる日々…。流行りのものとかわからないし、テレビほとんど見ないし。娘や息子が家にいた時は、聞けたのですが…。

お台場ツアー後の会でも、無知をさらけ出しそうですが、主役はゆづなので(話題の主役は、って意味ですが、この言葉、いいですよね!主役はゆづ!!)大丈夫!!と思い、楽しみ楽しみ♪です!



Posted by みなりん at 2015.07.07 22:09
マリリンさん・みっちゃんさんこんばんは〜


黒M1枚お願いしましたnaonekoと申します。

お顔も知らないみっちゃんさんにお願いした上に

名前を入れ忘れるとは・・・

本当に申し訳ございませんでした。

遠くから参加され荷物になるのに、確保頂きましてありがとう

ございました。

しかしゆづ君のファンの方は皆さん素敵ですね!!

私は会社で禁止されている為、SNSもやっていませんが

思いきってマリリンさんのブログにコメントして良かった。

皆さんのコメントを読んでいるだけでも、ゆづ愛に満ちていて

ほっこりします。

多分、最年長な気がしますが気持ちは20歳ですから(^^)/

マリリンさん・みっちゃんさん、そして皆様19日楽しみに

しています。

Posted by naoneko at 2015.07.07 22:28
こんばんはマリリンさん♪

過去numberのご紹介、有難うございます♪
いつかどこかのページで読んだ事はあったんですが、この本だったんですね。
早速...ポチりました、中古本(笑)
今の結絃くんのインタビューは勿論読み逃したくないですが、過去のインタビューが読めるものはとことん知りたいです。
当時のは特に!

この時のゆづるクンがいたから今の金メダリスト羽生結弦が存在してるとはいえ、そこまでの道のりを想像してもうまく言葉がでてきません...もうほんとにマリリンさんや皆さんがコメントされてる通りですよね。

私もつづき、楽しみです。

ところで、コメ欄少しお借りして...

レモンパイさん!
勿論私も覚えてます!
中国杯後のあれこれの時でした。
結絃くんに対して他で見かける内容とは少し違ったマリリンさんの記事に思わず同感のコメントしようとお邪魔したら、これまた同感のコメントを寄せられてるレモンパイさんがいらして(^^)
今でもレモンパイさんのコメントにはいつも頷かせて貰ってます!
あの会場にいらしてたとは!私も未だ思い出してはほぇーとニヤけてます(笑)

そしてマリリンさん、最後に仰ってる通りです(笑)
ついでに言うと、興味なかった母を楽日だけ連れてったんですが、どハマったようで、長野でも北海道でも行きたいとか言い出してます(笑)
チケとれねっつーの╮(╯-╰")╭
Posted by K at 2015.07.07 23:36
みなりんさん(*^-^*)
こんばんは〜!

>国別が終わった時、みなで、ゆづの体のことも気にして、
>「もうアイスショーとかいいから、来シーズン元気にしっかり戻ってくれれば…」
>って感じで、ゆづロスを覚悟していたんですよね。

>それなのに、faoiとかDOI出演、ってなって、
>慌てだし、ず〜っと楽しませてもらえ、それが当たり前に思えてきていて…。

そうでしたね(^-^;
出なくていいよ、体大事にしてネ・・なんて言っても、
やっぱりファンってゆづが出てくれることがうれしいんですね。

調子に乗ってあれもこれも・・って行って観たくなるんだから。

反省(*ノωノ)

>ゆづゆづ、って言葉は、ゆづファンが当たり前に使う言葉と思っていました。

皆使ってますよね?(*^-^*)
よかった。

自分だけがそんなこと言ってるのかと思いました。

ゆづ破産やゆづ貯金はもう、自分でも言ってます^^
何でも「ゆづ」を付けてしまう・・ゆづ依存症です。(^-^;

ゆづ断ちだけは勘弁してくださいm(__)m
とても無理ですわん。

>ナンバーの記事、とても良かったです♪ ありがとうございます!
>確かに、この頃の状況や気持ち等が載っている記事って、
>今のスーパーパワー全開のゆづと違って、また貴重!!

ですね〜(*^-^*)
ゆづの物語ってどうしてこうも感動させられるんだろう?
やっぱりゆづの考え方や生き方がそもそもドラマチック
なんですよね。

素晴らしき才能、素晴らしき人格。

ゆづを愛する人たちは、ゆづの才能を開花させたいって
真剣に応援してきてくれたから、トロントに行くことも
喜んでくれたんですよね。

それが17歳の少年にはちょっと荷が重かった部分も
あったとは思うけど、これでよかったんだな・・って
思うのです。


お台場ツアー、ほぼ前回の参加者さんが来てくれますね。(*^-^*)

皆どんだけゆづが好きなんだ?って感じ。

19日も思いっきり楽しみましょうね。

この間の取材の裏話などもできたらしたいですね。

放送日が20日なので。
Posted by マリリン at 2015.07.08 01:09
naonekoさん(*^-^*)
よかった。
無記名の方が判明して。

ゆづとお揃いのTシャツ、欲しいですよね。
みっちゃんのご厚意に感謝ですね。

>思いきってマリリンさんのブログにコメントして良かった。
>皆さんのコメントを読んでいるだけでも、ゆづ愛に満ちていて
>ほっこりします

ありがとうございます^^
ブログもほとんどSNSと変わらないですね。

こうして皆さんで記事以上に素晴らしいコメントを
書いていただいているので、私もすごく助かっています^^

これからもみなさんがそれぞれ親しくなり、
ゆづ友の輪が広がることを願っています。
Posted by マリリン at 2015.07.08 01:13
Kさん、こんばんは(*^-^*)

コメントありがとうございます。

>過去numberのご紹介、有難うございます♪
>早速...ポチりました、中古本(笑)

中古しかないですが、読めれば十分ですのでね^^
案外きれいですよ、前にも中古本買いましたが。

>過去のインタビューが読めるものはとことん知りたいです。
>当時のは特に!

過去の記事のほうが貴重ですね(笑)
これだけ有名&人気者になると、今現在のものは
手に入るけど過去のものは手に入りにくいですもんね。

情報でもそうです。

『レモンパイさん!
勿論私も覚えてます!
中国杯後のあれこれの時でした。
結絃くんに対して他で見かける内容とは少し違ったマリリンさんの記事に思わず同感のコメントしようとお邪魔したら、これまた同感のコメントを寄せられてるレモンパイさんがいらして(^^)
今でもレモンパイさんのコメントにはいつも頷かせて貰ってます!
あの会場にいらしてたとは!私も未だ思い出してはほぇーとニヤけてます(笑)』

レモンパイさんとKさんのお二人のコメントを見て、
昨年の中国杯での出来事を記事にして書いたものを
先ほど探してみました。

ありました。ありました(*^-^*)

この記事ですね。

「ゆづが好きだからこそ、ゆづの決断を尊重します」

http://yzurulove.seesaa.net/article/408993150.html

自分で書いていて「懐かしい〜」と思いました。

確かにお二方が「初めまして」と言ってコメントをして
くださいましたね^^

当時としては反響の大きかった記事でした。

今このブログに来てくださっているのは、
この時の意見に同意してくれた方が多いのかな・・と
思いました。

>興味なかった母を楽日だけ連れてったんですが、
>どハマったようで、長野でも北海道でも行きたいとか言い出してます(笑)
>チケとれねっつーの

ゆづを見たらはまらないほうが不思議ですよ^^

やっぱり美しくて素晴らしいものはみんなわかるんですね。
素敵なお母様ではないですか。

行きたいというのなら、ぜひとも連れて行ってあげてくださいね。
チケット頑張って取りましょうね。
Posted by マリリン at 2015.07.08 01:24
マリリンさま みっちゃんさま みなさま

しーし@計画性ゼロでこんな時間に働く、です…

まずはみっちゃんさま、お手を煩わせました!申し訳ございません&ありがとうございました!
お代お持ちしますっ!楽しみです〜

マリリンさんが貼ってくださった中国杯の記事、あのおだやかでにこやかなマリリンさんが、っと目を瞠りながら読みました。
結論から言うと、私もご意見に100%、じゃねーわ(笑)、1,207%同意なんですが、あの当時は本当にオオゴトになってしまっていましたよね。

もちろんあれでいいなんて、誰も思ってやしません。そもそも6分間練習のありかたにも問題があるし、現場の救急体制にも問題がある。
けれど、そういう問題の本質とは違うところで議論がされ過ぎましたよね。

羽生選手はすごかった。私の次女もあれを機に応援するようになりましたし、私もあれ以来「この人は他の人とは違う」と思うようになりましたから。

レモンパイさま、Kさまがこのときに初登場なさったのですね。
おお、のりりんさんも!
私が勝手に盛り上がってしまいました(笑)

というわけで、こないだマリリンさんがお持ちだった「ナンバー」は買いなのだな^^)メモメモ

naonekoさま、ゆづぽんさま、楽しみにしております!
ユミィさまこないだのノリやばいっすからね〜爆
Posted by しーし at 2015.07.08 04:03
しーしさん(*^-^*)
いつもありがとうございます。

朝早くからお仕事をされていたのですか。

すごいですね。

私はぐっすり寝ていました。

>マリリンさんが貼ってくださった中国杯の記事、
>私もご意見に100%、じゃねーわ(笑)
>、1,207%同意なんですが、あの当時は本当にオオゴトに
>なってしまっていましたよね。

ホントですか(*^-^*)
ありがとうございます。

この時の記事、いかにも「うんざりした」って
感じで書いてましたね私(^-^;

あまりにもゆづがかわいそうで仕方なかったので。

批判する人たちの気がしれませんでした。

>羽生選手はすごかった。私の次女もあれを機に応援
>するようになりましたし、私もあれ以来「この人は他の人とは違う」
>と思うようになりましたから。

中国杯ではファンも”振るいにかけられた”のではないでしょうか。

心底ゆづを愛し、尊敬し、ゆづと同じ価値観を持たれる
人だけがファンとして残った、あるいは
新しくファンとなってくれた・・そんな気がします^^

アンチまがいのファンなんていらないですね、ゆづ様には。

>レモンパイさま、Kさまがこのときに初登場なさったのですね。
>おお、のりりんさんも!

懐かしいですね。今では常連さんのレモンパイさんが、
初々しく感じます^^

のりりんさんとは、すでにフェイスブックで知り合いに
なっていましたが、ブログでは「初めて」コメントを
してくれたので「初めまして」になっていますね^^

みなさんが賛同の意を表してくれてほんとにうれしかったです。
Posted by マリリン at 2015.07.08 20:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます