羽生結弦の思考回路に感服。(*ノωノ) - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生結弦の思考回路に感服。(*ノωノ)


あの激闘から一夜が明けました。(*^-^*)

メディアはこぞってゆづの記事を載せています。

連覇にならなかったことを残念がる報道が多いですが、
確かにショートで首位だったのだから、2位になったと
いうことは「逃した」と言われてしまえばそうかも
しれないけど。

でも、ここまでくる過酷ともいえる状況を考えれば、
決して「逃した」とばかりは言えないと思います。

むしろ、よくぞここまで戻ってきたね。

さすが羽生結弦だ。

その努力と精神力に敬服する。

そう思っても何らおかしくないと思います。

こんな記事がありました。

ーーーここからーーー

羽生の強み。驚くべき思考回路ーマイナス要素を前向きに

『フェルナンデスに逆転負けを許し、
「自分はそんなに心が広くないので、悔しい。
次は絶対に勝ってやろうと思う。

反面、仲間が勝つのはうれしいです」
と複雑な心境をのぞかせたが、興味深かったのは
その後の問答だった。

今季は昨年11月の中国杯での激突流血事故に始まり、
腹部の手術、古傷の右足首痛とアクシデントが続いた。

しかし、予定された1つの試合も欠場することなく、
万全には遠い状態で戦い続けてきた。

ここに単純に疑問がある。
「なぜ休まないのか。なぜそうまでして試合に出るのか」。
あらためて聞いてみると、本人は一瞬きょとんとした。

「それは自分が現役スケーターだからです。
それ以外に何もない。別になんていうか、そこに何も
不思議な感覚はなくて、日本代表として選ばれたわけですし、
そこで滑って戦わないといけない義務感もあった。

ケガをしたのは、ここでのアクシデントも
自分の不注意、管理不足。

そこはしっかり反省すべき点だと思いますし、
不運と言われるところもあるけど、自分の中では
自己管理の不足している部分が、きっと今季足りないよ
といわれたんじゃないかなと思う」。

この思考回路に驚かされる。
五輪の金メダリストなら誰しもが備えている
というわけではなく、いわば「羽生回路」とでも
言うべき考え方ではないだろうか。

アクシデントに対して、自己責任だけを
追求することは難しい。
どうしても他者、環境への被害者意識が
生まれてこないだろうか。

そのマイナス要素を、自己反省の種として、
次につながる「金の卵」的に考える。
だからどれだけ故障を抱えて出場が危うくなろうが、
あきらめることなく過酷な練習を続け、
最後は頂点にあと1歩まで迫った。

スケーターとして理想の体形、表現力、そして
ジャンプの質。備わる武器は多々あるが、
羽生を五輪王者に引き上げたのは間違いなく、
このような思考回路に支えられた精神構造にあるし、
再び世界王者に返り咲くためにも欠かせないものだろう。』

ーーーここまでーーー

羽生選手の思考回路は確かにポジティブです。

どんなアクシデントも人のせいにせず、
むしろ自分の改善すべき要素だと反省する。

中々このような考え方ができる人って
少ないのではないでしょうか。

大会前、デニステンは羽生選手のことを
「彼のことは尊敬している」と述べていました。

そのデニステンにも今回、不運ともいうべき
アクシデントが襲いました。

ショートプログラムで、冒頭の音楽がかからなかった
というアクシデントです。

結果として、せっかく高めていた集中力
がそがれ、仕切り直した演技ではミスを
してしまいました。

その後のインタビューで彼は、
「いい経験をしたと思う」とあくまでも
前向きな発言をしていました。

それを聞いて、
(あぁ、この人も立派なアスリートだな)
と思ったと同時に、もしかすると羽生結弦選手の
ポジティブな部分にも影響を受けているのかも
しれないな・・と思いました。

もちろん、もともとデニスもそういう思考の
持ち主だったのかもしれません。

しかし、あの中国杯での出来事は、世界中の
スケーターなら、耳にしているはずです。

そして自分にもしも同じようなことが起きたら
どうするだろうか?

そう考えた人も多かったと思います。

怪我・病気、その他の色々なアクシデントが
自分の身に起きたとき人はどう考えるのか。

羽生選手のように前向きに考えられる
思考回路をうらやましく思うのと同時に、
自分もそのようでありたいと思いました。

中々まねできるものではないですけどね(^-^;

そんなあくまでも前向きな思考回路の
羽生選手だからこそ、きっと今回の銀メダルも、
怪我や病気のせいにすることなく、
「自分の弱い部分だとか、下手なんだ」と自分を
戒めることでしょう。

「そんなことはないよ」って言ってあげたとしても
彼はきっと自分の成長の糧として、ミスを克服すべき
壁(問題点)として受け止めていくのでしょう。

そしてこの記事にほんとに涙し、もうやだ〜(悲しい顔)
記者の言葉に励まされました。

羽生苦悩の140日 銀でも「自分褒めたい

ーーーここからーーー

『昨年末、悩まされた腹痛が「尿膜管遺残症」
と診断され、緊急手術を受けた。

怖かったのはへそがなくなること。
横一文字に開腹するかと思い、不安でたまらなかった。
「おへそを作って下さい」と懇願した。
執刀医の腕前で半円形にメスを4センチほど
入れて事なきを得たが、尿膜管を摘出した後は
痛みでうめいた。


術後、都内の病院に入院。
寝返りさえ打てない状況に「つらい」とこぼした。
除夜の鐘が鳴る時も、1月12日の成人式の日も
ベッドの上。記念写真の1つも撮れなかった。
手術痕には縫合した糸が残る

1月には右足首を捻挫。
歩けないほどの重傷で、いまでもテーピングが必須。
影響で、大会前の練習は1日1〜2時間、週3日ほど。
ジャンプの鍵を握る下腹部に力が入らず、本来の高さや
回転速度に足りないのも無理なかった。

それでも、最後まで踏ん張った。

激突の後遺症の不安も尽きない
腹部の異常は、激突から約1カ月後。
医者は関連性はないとしたが、関係者は
「また何か出るか不安」と話す。
頭部も含め、今後は定期的なMRI検査を受けるという

万全には程遠く戦い抜いたことを今、誇りに思う

ーーーここまでーーー

こんな状態であの年末から世界選手権の日までを
過ごしていたのかと思うと、驚いたし、
なんといっていいのか言葉に詰まる思いでした。もうやだ〜(悲しい顔)

ゆづは自分のことをほめてあげたいと言って
いるようですが、当然でしょう。

誰もが羽生選手をほめてあげたいと思って
いるに違いありません。

だから、ゆづ君。

心から誇りに思っていますよ、今回の銀メダル。

どんなメダルよりもあなたのちょっぴり悔しさを
にじませた笑顔が一番輝いて見えました。

メダルを手にして、悔しい気持ちと自分の
体に感謝しいたわる気持ち。

きっといろんな思いが去来したことでしょう。

yudu951.png

銅メダルに金メダルに銀メダル。

世界選手権のすべての色のメダルを
コンプリートできてよかったですね(^^)/

羽生が一夜明け会見 来季へ「挑戦したい

一夜明けて、さっそくゆづの来季にかける
意気込みが聞かれました。

ーーーここからーーー

『1番危機感を感じた時を聞かれると、やはり
中国杯の経験を挙げた。

試合は何とかフリーを滑りきったが
「アドレナリンがなくなって、興奮状態から冷めて、
10日ほど経った後に初めてリンクに立ったときに
『これはだめかも』と思った」という。

それでも自らを振り立たせたのは、負傷しながらも
滑りきって手にした2位という結果。

「中国で滑ってああいう結果を頂いたからこそ、
僕はあきらめないでGPファイナルに行きたいと思えたと思うし、
あれで順位が悪かったら今季は僕は何もできないで引きずって、
シーズンを棒に振っていたのではないかなと思います」と振り返った。

今季はショートプログラム、フリーともに後半に
4回転ジャンプを組み込む構成だったが、
ケガの影響で断念せざるを得なかった。

来季に向けては、「挑戦したいと思ってます。
それも体と相談しながら。ただ夏には絶対に
追い込むと思うので、また自分自身も楽しみに
しながら頑張りたい」と話した。』

yudu952.png

前世界王者である羽生結弦はもう前を向いています。

その意気ですよ、ゆづ。

来季もまたあなたの素晴らしい演技が見れる
なんて私たちは本当にラッキーです。わーい(嬉しい顔)

ゆづがますます成長して強くなっていく姿を
この目で見続けることができることに感謝ですね。

何があってもこれからもずっと羽生結弦を応援します。

yudu950.png

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

banner.png

日本ブログ村にも参加しました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

おかげ様でにほんブログ村の男子アスリート
応援カテゴリで1位を継続中です。

皆様の応援に感謝してます。(*^-^*)

2015-03-29 | Comment(6) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
成功への軌跡様

いつもブログを読ませていただいております。

いろんなブログをいままで読ませていただいておりましたが、今回初めてブログ主の方へお手紙を書きます。

昨年度、羽生君の初戦の予定だったフィン杯観戦を決め、楽しみにしていたところ、9月23日でしたか、突然の不参加の報。悔しかったので、フィンランドにも行き、とにかく今期初戦を、羽生君のフリーの新プロ披露を絶対に見る!と言う気持ちで、中国杯で上海に現地観戦に行き、あの衝突事故に遭遇しました。

結局エグジビションが見れなくて、自分の中の羽生君セットは未だに完成されておりません(コンプリートできてなかったのです)。

そこで、世界選手権に行こうかと思ったのですが、年度末で仕事の都合上、どうしても無理でしたので、テレビ観戦で我慢してました。

羽生君の何がそこまで自分を引きつけているのかははっきりしませんが、とにかく本当に心から応援しています。

今回、みんなそうだとおもいますが、本当にハラハラドキドキしながら、拝むようにしながら、テレビの前で応援していました。彼の背負うもの、考え方など、それらが全部彼を縛っているように見えるときもありました。でもそれを取捨選択しているのは彼自身(なのかな?)だと思うととても辛くなるときがあります。

ハビエルが勝ったとき、ず〜んと胸に重いものが突き刺さりました。ハビちゃんはチームメートであり、他の誰が羽生君を負かすより、良かったとはおもいましたが、一緒の写真(羽生君が無理して笑ってるし、)をみるのも辛かったです。正直、ハビちゃん、嫌いになりそうでした(笑)

今日は一日心に重い澱がたまっているようでした。いつもより楽しい気持ちももたずに、ブログめぐりをしていたときに軌跡さんの記事を読み、

「銅メダルに金メダルに銀メダル。世界選手権のすべての色のメダルをコンプリートできてよかったですね(^^)/」のコメントに出逢いました。

 いい年して涙がボワーツと流れ出しました。
そう、そうだよね。2連覇とかでなく、ゆづ君は、稀代のスケーター、羽生結弦君は世戦を「コンプリートした」んだ。2連覇とかよりすごくないか?うん、すごい!やっぱりYUZURU HANYUはただモンじゃない。不世出の希有な、世界の宝なんだ。彼はそれを誇りに思っていいんだ。ファンはそこを心のなかで「密かな自慢」として前を向いて行かなきゃいけない。たとえどこかの訳のわからない記事で「手抜き」とか書かれても、ふん、でもちこたえられる。

いろいろ、気持ちがあり、言い尽くすことはできないのですが、とにかくあなた様のブログの中のその一言で救われました。ぜひ、羽生君本人にもそのメッセージが伝わることを願っています。

理屈っぽく、長くなったような気もしますが、とにかくありがとうございました。暗く沈んだ気持ちにあなた様の言葉はストーンと落ちてきて、前をむく事ができました。これからも軌跡様の記事を楽しみにしています。  市原  
Posted by itcy at 2015.03.29 19:39
itcy様。
いつもブログをお読みいただいていたのですね^^
初めてのコメントを、ありがとうございます。

ゆづが欠場したフィン杯を見に行かれ、さらには
GPシリーズの中国杯も見に行かれ、あのアクシデントに
遭遇され、エキシビションは見ることができなかった・・。

その残念なお気持ちよくわかります(*^-^*)

わたしも長野のメダリストオンアイス、行ったのですが、
ゆづ君は腹痛のため欠場・・でした。

私は国内でしたのでitcyさんの比ではありませんが。

でも、そこまでしてでも生のゆづの演技を見たいと
思う気持ち、ファンならよくわかります(*^-^*)

どうしてそこまであの方は人を引き付けるのでしょうね。

ホントに不思議な魅力を持った人です。羽生結弦という人は。

ハビが勝ったとき、正直私も複雑な思いでした。

他の人が勝つよりはハビでよかった・・けれど、
やっぱりホントは大好きなゆづに優勝してほしかったです。

それはひいきしているからというのもあるけど、あんなに
大変な中で頑張って出てきた彼に、やっぱり最後は満面の
笑みで今シーズンを終わらせてあげたかったから。

他の誰よりも、チャンピオンにふさわしいシーズンだったと
思ったからです。

でも、体調などの関係で、どうしても思ったようには
行かないものなんですね(^-^;

ゆづもやはり弱さを持った人間です。

時には負けることもあるのだと。

ファンも分かっていなければならないのですよね。

頭では分かっているのですが、感情がなかなか
それを受け入れにくくしてしまっています。

>今日は一日心に重い澱がたまっているようでした。
>いつもより楽しい気持ちももたずに、ブログめぐりを
>していたときに軌跡さんの記事を読み、
>「銅メダルに金メダルに銀メダル。世界選手権のすべての色の
>メダルをコンプリートできてよかったですね(^^)/」のコメントに
>出逢いました。
>あなた様のブログの中のその一言で救われました。
>暗く沈んだ気持ちにあなた様の言葉はストーンと落ちてきて、
>前をむく事ができました。

そうだったのですね(*ノωノ)
ありがとうございます。

銀メダルでは彼の気持ちは晴れないかもしれないですけど、
いつか彼がもっと大人になって、世界選手権のメダルを
並べてみたときに、3種類の色のメダルが楽しい思いでに
なってくれればいいな・・と思っています。

ゆづの負けず嫌いは相当なもので、今日になっても
まだ、悔しさは抜けないみたいです。それもゆづらしくて
いいですね(^^)/

だから私もゆづと同じようにゆづが負けてしまうことが
大嫌いです。

来季はまた絶対に「金メダルコレクターゆづ」に
なってくれることを願って心の底から応援したいと
思います。(^^)/

itcyさんも一緒に応援していきましょう。

これからもよろしくお願いいたします。_(_^_)_

Posted by マリリン at 2015.03.29 21:11
マリリンさま エキシビジョンよかったですね4T跳びましたね!

最後はジャンプバトルで4Tをキメテ 
てっぺんを目差します!と宣言したゆづ

彼はもうまっすぐに前を向いていました。
さすがです
そんな男なんですよね。

上の記事でわかるように
ゆづは私たちの予想を はるかに超える苦悩と闘ってきたのに
もう大丈夫だよと言ってるようでしたね。

手術がこんなに重くゆづを苦しめていたなんて
私もメスを入れたことがありますがすぐに抜糸できたし
傷口がはれることもありませんでした。
私よりたいへんだった彼がジャンプに挑み
お腹に力が入らず苦しんだなんて

でもその苦しんだジャンプに挑戦し続けたゆづのこと
心から尊敬し誇りに思います。

エキシではクリケットの仲間の温かさに癒され
ほっこりしてしまいました。
あったかい家族みたいで
でもすごいライバルで。

タイムトラベラー ゆづの想いが届きましたね素敵でした。
ダイヤモンドのような銀メダルのせいで
またゆづのこと好きになったじゃありませんか
みなさまは どうかしら
Posted by keiko at 2015.03.29 21:31
keikoさん、(^◇^)
コメントありがとうございます。

エキシビション、やはりあの青い衣装でしたね。
ファイナルタイムトラベラー、ゆづにぴったりですね(*^-^*)

いつも素敵なエキシビションを見せてくれて、うれしいです。
負けず嫌いなゆづらしく、4回転を跳びましたね。

綺麗に着氷しました。
さすがです。

>ゆづは私たちの予想を はるかに超える苦悩と
>闘ってきたのにもう大丈夫だよと言ってるようでしたね。

今年に入ってのゆづの苦悩は相当なものだったと
思います。

あんなに苦しい思いをしていたなんてね。(*ノωノ)
知らなかったです。

気の毒すぎます。

でも、ゆづはそんなことを言い訳にもしないし、
愚痴もこぼさないから、ほんとにすごい精神力だな・・
って思いました。

来シーズンこそ、今季でできなかったことや、
やり残したこと、やりたかったことにチャレンジして
また一段と強くたくましくなったゆづを見せてほしいです。

>ダイヤモンドのような銀メダルのせいで
>またゆづのこと好きになったじゃありませんか

ホントですね(^^)/
ゆづのことはますます好きになりました。

何があってもゆづ一筋で応援していきます。

日本の宝物ですから、大切に見守っていきたいです。
Posted by マリリン at 2015.03.29 23:25
こんばんは。


今日は色んなスポーツ紙の記事やさっきのEXの場面で涙があふれる一日になりました・・・


年末から現在までの経緯や今の体の状態、特に、今まで明かされなかった手術前後の部分を読んだ時はただただ泣いてしまいました・・


そして今日のEXオンエア。

私も昨日の表彰式の時の目は泣いちゃったのかな・・って思ってたんですが・・

その前にあの上位3人が居る部屋で、オーサーとトレーシーとゆづるクンが話をしてる場面の時、ゆづるクンの口が必死に泣くのこらえてる感じだったのが印象的だったんですよね・・・

でも、さっきのEX番組内で流れたその後のゆづるクン。
ハビとのハグの中でもう堪え切れなかったんですね・・・


もうあの場面、完全に涙腺崩壊です、うちら。ね・・?


他の選手にはほんとに申し訳ないファン心理ですが、今回ゆづるクンが負けた相手がハビで良かったと、私もほんとに思いました。


ハビだって、地元開催の大きな大会でどれだけ勝ちたかったか・・
どんなに悔しかったか・・それでも他国のかわいい弟の活躍をあんなに喜んでくれて。


今回はお兄ちゃんに軍配があがりましたが、このとてつもない悔しさを全て力に変える天才の来シーズンは、また一回りも二回りも強くなって、大きくなって、復活してくれますね!!絶対に!!!

あ、「道」が最高だったもう一人の弟の成長もあなどれませんね^^;もうナムくん今回いろいろとGJでした*^^*



朝日新聞の記事で来季のチャン選手の事を聞かれ、
「僕は追う立場なので楽しみ!」との事でした。

本当に来シーズンは今シーズン以上に国内外で熱い展開になりそうですよね。

小塚選手や村上佳奈子選手の進退も気になりますが、私たちは変わらずゆづるクンについてきますよーー♪

今シーズン途中でこちらのブログに出会い、本当にいろんなお話させていただいて楽しかったし勇気づけられたし色々情報も教えていただき感謝してます^^

あいかわらずこれからもこちらにもお邪魔させていただきますね^^


そういえばまだ国別がありましたね!
普通に考えれば出なきゃいけないんだろうけど・・
気になりますね・・あさってにはわかるとか・・
Posted by K at 2015.03.29 23:30
kさん(^^)/
いつもありがとうございます。
私も何を見ても泣けて泣けて今日はだめでした。(*ノωノ)

手術後のこと、捻挫のこと、ゆづはどうしてこんなに
辛い思いをしなければならなかったのでしょうね。

五輪王者、世界王者となったことってそんなに
試練を伴うものだったのでしょうか・・。

そう、いいたくなった一年でした。

エキシビション前のインタで初めてゆづがハビとのハグで
自分の悔しい気持ちを涙しながら話せて、
ハビがそれを察してやさしく慰めてくれて・・・

感動的でしたね(*ノωノ)

素敵なチームメイト、お兄さんのハビ。

>ハビだって、地元開催の大きな大会でどれだけ勝ちたかったか・・
>どんなに悔しかったか・・それでも他国のかわいい
>弟の活躍をあんなに喜んでくれて。

そうですよね。
あの時はゆづの優勝を心から祝福してくれましたね、ハビ。

今回、やっぱりハビ兄さんでよかったです。

ナム君も今回の大会は躍進してくれましたね。
クリケットチームはすごいです。(*^-^*)

>今シーズン途中でこちらのブログに出会い、本当に
>いろんなお話させていただいて楽しかったし勇気づけられたし
>色々情報も教えていただき感謝してます^^

いえいえ(*^-^*)
こちらこそ、いつも素敵なコメントを寄せていただき、
私が知らないことまで教えていただきました。

大変感謝しております。

ぜひともこれからもブログに遊びに来てください。

お話できることを楽しみにしております。
結弦君を愛する者同士、ともに応援していきましょう!
Posted by マリリン at 2015.03.30 02:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます