今年の顔はやっぱり「羽生結弦」。 - 羽生結弦 成功への軌跡

今年の顔はやっぱり「羽生結弦」。

年の瀬も近づくと、今年の○○は・・
みたいな話題がたくさん出てきますね。

今年の流行語・新語にも「ゆづ」というのが
ランクインしていましたが、今度は今年の「顔」
の中にも「羽生結弦」がランクインしていました。

マイナビニュースより。

2014年代表として写真に残したい有名人」
を聞いたところ、男性部門では「錦織圭」(176票)、
羽生結弦」(145票)で、スポーツ選手が1位2位となった。

yudu130.png

またFNNニュースでも、今年話題になった
人の似顔絵展が東京タワーで開かれていると
いうことが報道されていました。

話題の人1位は錦織 圭選手、2位には
日本エレキテル連合、3位に羽生結弦選手

yudu131.png

描いたひとは漫画家の「やくみつる」
さんのようです。

やくみつるさんは、週刊朝日の中のコラムで、
「ソチ五輪は、羽生結弦君の金メダルで、
世の中の気分が明るくなった。救われましたね。」

と、明るいニュースに対してはほめたものの、
やや、羽生選手に対しては否定的なコメントも。

羽生選手を「ナルシストの泣き虫」と
評しました。

「11月8日に上海であったGPシリーズ中国杯で、
頭に包帯を巻いた羽生結弦君が演技を終えて
号泣しましたね。

アスリートがああも泣くか?。
直前の練習で中国選手と衝突して負傷し、
演技では何度も転倒したが、2位に踏ん張った。
感極まったのはわかるが、泣き虫だなあ、と。
自分が泣いてもサマになるという意識が、
無自覚のうちにあるからなのでは、
と思ってしまう。
フィギュアはナルシストのスポーツですからね。」

ゆづがよく泣くというのは前にも
聞いたことはありましたが、あの中国杯での
号泣にそこまで言われるのは、いささか不愉快です。ダッシュ(走り出すさま)

やくみつる、嫌いになりました。ふらふら

泣くこととナルシストとはまた違う問題。

そんなこと言ったら自分の競技の後、
感極まって泣いた選手はみんなナルシストであり、
泣き虫なの?と聞きたくなります。

dotより

ゆづ、そんな雑音など気にせず、自分らしく
歩んでくださいね。

心優しいゆづは沖縄県の子供たちに、
クリスマスカードを送ったようです。

『「沖縄のみなさまもスケートを楽しんで下さいね!!」
というエールとサインが記され、読んだ子たちは喜び、
上達への意欲を燃やしている。

 羽生選手が11月、中国・上海の国際大会で
練習中に負傷した直後、母親と旧知だった那覇市の
花城順子さんがお見舞いのメールを送った。

羽生選手は返事に代えて、沖縄でフィギュアに
打ち込む子どもたちへ向けてカードを書き、
12月上旬に花城さん宅に届いた。

子どもたちが練習する南風原町の
「スポーツワールドサザンヒル」では、
リンク近くのクリスマスツリーにカードの
コピーが飾ってある。

yudu132.png

大先輩からのメッセージを見た宜野湾市の
小学2年生は「もっと頑張ってジャンプがうまくなりたい」。
浦添市の小学3年生は「転んでもすぐ立ち上がって
滑る羽生さんはすごい。追い付けるように、
たくさん練習したい」と笑顔で話した。』

沖縄タイムスより

スケートを頑張る子供たちにとっては
うれしいプレゼントになりましたね。

スケート選手の皆さんには頑張って
もらいたいです。

ところで、新しい
「フィギュアスケート応援ブック」が
届きました。

yudu129.png

フィギュアスケート日本男子応援ブック6

これから内容を見てまた記事にしたいと思います。

このブログは人気ブログランキングに参加しています。

banner.png

2014-12-19 | Comment(19) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
いつも読ませて頂いてます。
沖縄の子供さん達本当に良かったですね!!さすが羽生選手です。
それにしてもやくさんはもっと賢い方かと思っていましたが残念でたまりません。半分は冗談だとしてもあなたに言われたくない!黙って漫画を描いてろ!という感じでした。最近、本当に鼻につきます。あんな偉大な選手をこけおろすほど自分が有名になったとでも言いたいのか。すみませんついカッとなりこちらで愚痴ってしまいました。
これからも読ませていただきますね。
Posted by 愛犬さくらノママ at 2014.12.19 14:51
愛犬さくらママさん^^

初めまして。いつもお読みいただきありがとうございます。

沖縄の子供たちが嬉しそうにしているのが
とてもほほえましいですね(^^♪

ゆづはとても優しい人なんですね。

やくみつるさんには、ほんとがっかりですね。"(-""-)"

自分が同じ状況になってみれば?って言いたくなりました。

頑張っているひとの努力や気持ちを尊重することもせず、
批判をしたり、動機を疑ったり。

失礼ですよね。

ゆづの偉大さは、やくさんに認めてもらわなくても
変わりはありませんけどね(^^♪

これからもよろしくお願いいたします。
Posted by マリリン at 2014.12.19 16:34
マリリンさん

やくさん、そんなこと言ったのですか?
あまりゆづのこと好きじゃないのかな。
ま、人には好みがありますから、何もあなたに好きになって欲しいとは言いませんよ。言いませんとも。言いませんが!!!

あの時の羽生結弦をそのように言うとは、
漫画家って
もっと本質を捉えると思っていたのでがっかりです。
あなたの目は節穴ですか?

あの時、羽生結弦が、誇りとか責任とか期待とか重圧とかどれほどのものを背負い、どれほどの痛みとか恐怖とか不安とかと闘ったのか、想像できますか?
その極度の緊張感から解放されての号泣にどれほど多くの人が
心を揺さぶられたか、わからないですか?

それはナルシシズムとは違うでしょう!

そんなこと言うと、自分のレベルがその程度、と言ったようなものですよ。

もちろん、ゆづはじめフィギュアスケータ―はナルシストの面が必要です。
照れていたら、「僕なんて」なんて思っていたら、人の心に響くいい演技なんでできませんよね。

それ自体、悪いことじゃありませんよー!
ゆづは「見て見て!」だと自分でも言っています。
リンクに一人で立って大勢のひとの注目を浴びるのが快感だって、言っていましたよね。
でもそれと同時に決して溺れない。自分を客観視して恐ろしく冷静に分析できる人です。だからあんな素晴らしい結果を出せるんですよー。
わかったかやくめ!

ま、何をしても絵になっちゃう、何をしても注目の的になっちゃう「美しいおとこ」に嫉妬するのはわかるけど……。

Posted by レモンパイ at 2014.12.19 17:00
ひとつ言い忘れたので……

それに、ゆづは人前で滅多に泣かない。
涙をこらえていることはあっても、たまらず一筋流すくらいはあっても、泣かないよ。
裏では泣いているらしいけど。
だから、あれはホントにほんとに、よほどのことなんです!
Posted by at 2014.12.19 18:05
ゴメンなさい、
何しで送ってしまった。
今のレモンパイです。
Posted by レモンパイ at 2014.12.19 18:07
マリリン様
こんばんは!

いつも沢山の楽しい記事、ありがとうございます(^^ゞ

今、テレビにやくさん出ていて…思わずチャンネル変えていました!!

今や世界中にファンがいて、ソチ五輪では日本唯一の金メダリストに何たる言葉!
アスリートでも、メダリストでもないのに!

こういう、いい年した大人がいるから心配なんですよね。
まだやっと20歳になったばかりの日本の宝を
大切に守り育てたいと思わないのかな?

まー、やくさんの出ている番組は当分パスします〜!
マリリン様も羽生君も全日本に向けてお身体を大切になさって心穏やかに過ごされますように_(._.)_
Posted by ゆづりん at 2014.12.19 18:26
レモンパイさん、いつもコメントありがとうございます(^^)/

やくみつるはゆづファンを敵に回しましたよね。

人の好みをあ〜だこ〜だいうつもりはないですけど、
羽生選手に対する言い方は、かなりイメージを悪くしましたね。

泣き虫という侮辱的な言葉。

ナルシストという言葉もいい意味でつかっていないし。

フィギュアはスポーツとはいえ、芸術的な面がかなり
評価されるスポーツです。

「美しさ」が競われるのは当たり前のことだしね。

芸能人だって言わないだけでほとんどがナルシストです。

自分がステキだとか魅力的だとか思ってないと
メディアの前でポーズとることなんてできませんから。

ゆづは正直だから昔からナルシストと言われてもあえて
否定をしていませんよね^^

それだけ正直だし、表現力に磨きをかけていると思うんです。

ゆづの美しさ、表現力のすばらしさ、カリスマ性に嫉妬している
人たちはたくさんいますね。

やくみつるがそうなのかどうかはわかりませんが。

美しさのないフィギュアスケートなんて魅力感じないですから、
きっとやくさんはフィギュアのことは、あまりわかっていない
のでしょうね。

中国杯での号泣はナルシストだからなんて言葉で片付け
られたくありません。

あれはほんとにファンの応援に感激したのであって、
まったくナルシズムとは無縁の涙です。

ゆづファンはゆづのことを理解しているので、
こんな中傷めいたコラムで、何にもかわりませんが、
不愉快であるということだけは、言いたいですね"(-""-)"

Posted by マリリン at 2014.12.19 19:03
ゆづりんさん(^^)/

コメントありがとうございます。

やくみつる、テレビにでていたのですか?

見たくもないですね"(-""-)"

この間「とくだね」のキャスターだかなんだかわからないですが
小倉さんの隣に座っていた女性も、今になってもまだあの中国杯を
「出るべきではなかった」とか言ってて、いい加減頭にきました。

馬鹿じゃないの?って(^-^;

小倉さんに「でも、棄権しなかったからこうしてファイナル連覇につながったんだから」と言われていましたけど。

連覇達成したあとでも、ああいうことを平気で全国放送で
いってしまうような賢くない人っているんだな~と思いました。

ゆづのような圧倒的な大スターアスリートともなれば、
何をやっても注目の的だし、好き嫌いもはっきり分かれて
しまうだろうから、いろいろ言う人もいるとは思いますが、
くだらない嫉妬や妬みで、中傷するのだけはやめてほしいですね。


Posted by マリリン at 2014.12.19 19:13
マリリンさんこんばんは
中国杯の出場について松岡修三さんは、はっきりと「僕がまちがっていました。あの時羽生さんは医師の見解を聞き冷静に判断したんです、、、」と言ってくれて、嬉しかったです。あの時「出なくてよかったんだよ」ではなく「出るべきじゃなかった」と言ったひとたちはどう思っているのかしら?
ブライアンのことを非難したひとたちは?と思ってしまいますね。
やくさんはきっとこの件について何もご存知ないのでしょう。コメンテイターと言われる方たちの発言にはよくあることですが、だったらなおさらそんな決め付けるような表現は避けるべきですね。みなさんがおっしゃるようにあれは応援への感動の涙でしたのに。
Posted by keiko at 2014.12.20 18:21
keikoさん、コメントありがとうございます。(^^)/

そうなんですよね〜。
松岡さんはきちんと自分が間違っていたとお詫びしてくれました。
とても男らしくてよかったと思いました。

出るべきではなかったと、相も変わらず口にする人が
いたりすると、話すのもいやになります。

そういう人のほとんどがゆづのファンではなく、
フィギュアファンでもなかったりしますね。

もう、出る出ない、それが良かったとか悪かったとかいう
次元ではないですよね。

すでにゆづはファイナルに出て優勝もした。

これが答えですからね(^^)/

やくさんのいう「泣き虫」だとか「ナルシスト」だとかも、
スポーツや、スポーツに打ち込むアスリートの気持ちを
まったく無視した発言。

低いレベルでものを図ったりする人たちの意見は、
ゆづレベルの人を批評する資格はないと思いました。

Posted by マリリン at 2014.12.20 19:20
!Hola,Buenas tardes!
Mucho gusto.

(こんにちは、初めまして) ファイナルのノリでスペイン語で挨拶してみました(笑)。

やくみつるさん余計な事を言っちゃいましたね〜。でも、やくさん悪気はなかったんじゃないかと思います。やくさんは元大相撲協会の理事をする程の相撲好きで、かつ大相撲においては伝統的な古来からの作法を崩すのが大嫌いな人です。「土俵の上では勝っても負けても顔には出さない」つまり勝っても笑顔さえ出さないのが大相撲の美学です。

日本男子の羽生選手の号泣には本当に驚いた事でしょう。私は羽生選手自身カナダに行ってなければ、あそこまで感情を素直に出せなかったのでは?って感じてます。

出来れば、これから先多少耳障りな意見があっても直ぐにアンチと片付けない方が良いのではないかと思ってコメントしました。

Posted by 今日は名無しで at 2014.12.22 15:35
名無しさん、コメントありがとうございます。^^

>やくみつるさん余計な事を言っちゃいましたね〜。

やくさんの美学は構わないのですが、ほんとに余計な
言葉だと思います。

五輪の時、真央ちゃんのことを森元首相が「あの子は肝心な
ときによく転ぶ」などと言って、物議をかもしましたが、
アスリートにとって、それが個人の感想であっても、メディアを
通して語られてしまったり、発言をした方が影響力があるひとだと、
本人の耳にも入るので、あまり失礼な言葉というのは、
一生懸命頑張っている選手の気持ちを逆なでしたり、やる気を
失わせることにもつながりかねないと思います。

このやくさんの言葉は森さん以上に失礼な言葉です。

もしもこのやくさんの言葉をメディアがそのまま羽生選手に
「こんなことを言われているようですが、どう思いますか?」などと
質問する場面を想像してみてください。((+_+))

どんだけ失礼なことを言われているか、わかると思いますし、
物議をかもすことでしょう。

あまり騒がれていないだけで、とても気分が悪くなる
言葉であったことだけは確かなのです。

泣き虫というだけでなく、それをナルシズムと関連づけて
いる点がほんとに失礼だと思います。

Posted by マリリン at 2014.12.22 17:14
お返事 ありがとうございます。

やくさんがナルシストと言ったのはフィギュアスケートという競技を指しての発言だと解しています。私はやくさんのファンでもないので、これ以上は控えさせていただきます。

最後に、私は羽生選手を一流のアスリートとしてのみ見ています。ですから浅田選手の一部のファンのように、少しでもマイナス面を指摘する人を攻撃したり憎んだりするファンが増えては羽生選手が大変だ、損をすると思ってコメントしただけです。

羽生選手を大きな心で支えて行ってあげてください。

Adios!(さようなら)


Posted by 今日は名無しで at 2014.12.22 18:39
名無しさん、
ゆづはかしこい人なので、どこでどんな
批判がされていてもそれによって人を憎んだり、
しないと思います。

でも、ブライアンが、あまりメディアの言うことを
見ないように、という助言はそういう批判的なものを
目にしたり耳にしたりする可能性があるからだと、
思います。


私たちファンも、そういう批判的なことが
ゆづの耳に入らないよう、願っています。

羽生選手をつまらない批判などでつぶしてほしくないので。


では。
Posted by マリリン at 2014.12.22 20:24
ごめんなさい。私の書き方が拙くて誤解させてしまいました。

憎むのは羽生選手では有りません。主語はファンです。ファンが羽生選手の為を思って言った人にまで自分達の判断でマイナスと思えば非難してしまう。そうなっては羽生選手が不利になると言っているのです。

羽生選手は知性豊かな人ですのでファンより遥かに自分にプラスかマイナスか判断出来ると思っています。

本当に皆様のお心を乱して悪いとは思いますが、ぜひ一度ゆっくり考えてください。

ファンの希望をの多い方を常に優先していたなら、羽生選手はカナダにオーサーコーチの元に行けましたか?キムヨナの元コーチに頼みましたか?キムヨナの元コーチというだけで反対するファンが多かったはずです。しかし羽生選手や羽生選手のお母様が理性のある人なのでオーサー門下生になり、金メダリストになる事が出来たと思っております。

こちらのブログは比較的穏やかな雰囲気が魅力的ですが、少しアンチに過敏に反応しているようでしたので心配になり発言してしまいました。もう少し上手く話せれば理解してもらえると思うのですが申し訳ないです。

羽生選手の耳に入れないように…これが怖いのです。浅田選手の場合も、もし浅田選手が聞くと嫌な思いをするからと苦言を呈する人を攻撃してしまい、だんだん短所を指摘する人がいなくなってしまいました。そのような事が羽生選手には起こってはならない。その為には、しっかりしたファンが必要だと思いマリリン様や皆様にお願いに来ました。

初めてきて失礼な事ばかり話て申し訳ないです。これで失礼します。


Posted by 今日は名無しで at 2014.12.22 22:01
マリリンさんこんばんは
昨日(火曜)はNHK総合でNHK杯の時の花は咲くの演技に加えてメイキングもやっていて素敵でしたよ。心洗われるような時間でした。
ところで私は「今日は名無しで」さんのコメントを読ませて頂いてこの方はゆづのアスリートとしての努力と実績をよくわかってくださっていてうれしく思いました。私は誠意を感じましたよ。内容に賛成という意味ではありませんが。少しだけ話は変わりますが
先日「中国杯に出場すべきでなかった」と主張されていたブログを見ましたら「GPFの羽生選手の演技は圧巻でした」と賞賛の言葉があり「身体をお大事に」とも書かれていて私胸がいっぱいになりました。なぜなら彼女の「強行出場を美化してはならない」という考えに私は大反対でしたがそれはアスリート羽生結弦への彼女なりの期待からの意見でした。折々の意見が違ってもその方ははゆづの理解者であり大切な味方だと感じたのでした。(以前ゆづのアンチについての批判コメントも書かれていました)
うまく言えないのですがゆづを応援してくださる方たちとしっかり手をつないであんなにがんばってるゆづを支えたいですね。
そういう私はただ祈るばかりで。このブログが頼りです(感謝)
Posted by keiko at 2014.12.24 02:48
マリリンさんお忙しい時にたびたびすみません。ちょっと言葉足らずだったので少し補足です。まず最近ほんもののアンチに怒り心頭でして。某ブログの「恥ずかしい人たち」という記事にもありましたがゆづの中国杯からGPFまでの努力も成功もすべて否定するアンチ集団の卑怯さにあきれはてています。また先日お話したふざけたアンケートの件その歪みにみな気づいてほしいと悔しい思いもいっぱいです。
そのような話してもわからないひとたちと話せばわかるひとたち意見の違いはあっても羽生はがんばってると理解しているひととははっきり区別をしたいということでした。
味方を増やすことが大切だと思います。

ゆづのお母様私はゆづの戦友のような気がしています。
Posted by keiko at 2014.12.24 04:28
keikoさん、いつもありがとうございます(^^♪

今日はたくさん、コメントをかいていただき、
うれしく思います。

火曜日のNHK、見ました!わたしもあのNHK杯の時の
花は咲くのメーキング映像、「あ~こんな風にしてリハーサル
していたんだな」と思いました。
2人の女の子はたまたま「りこ」ちゃんだったのでしょうかね?
菜々美先生もきていましたね。

またあの映像、みたいな~と思いました。
どっかで動画が出ることを願っています^^

>「今日は名無しで」さんのコメントを読ませて頂いて
>この方はゆづのアスリートとしての努力と実績をよく
わかってくださっていてうれしく思いました。
私は誠意を感じましたよ。
>内容に賛成という意味ではありませんが。

そうですね^^
私も同じように思いました。

keikoさんがおっしゃるように、一見、私たちと違う意見を書いていると思われる人たちのブログでも、羽生選手のことを嫌ったり、アンチで書いているわけではないということも知ることができ、うれしいです。

私は、あまりほかの方のブログにお邪魔する時間がなくて、
時々は見に行くのですが、自分自身が記事を書いたり、フェイスブックに投稿したり・・なので、いろいろなブログの話を教えていただき、感謝です^^

表現の仕方が違っていても、ゆづを応援しているみなさんとは
つながっていきたいと思います。

私のブログも、時々は「批判」されることもありますが、
1つの意見としてとらえていただけたら・・と思います。
Posted by マリリン at 2014.12.24 11:45
keikoさん、ほんとに本物のアンチの言うことは
悪質というか、あきれますよね((+_+))

まともに読んでいると怒りがこみ上げてきますね。
特に中国杯でのことを言われるのが一番嫌ですね。

出るべきではなかった論から始まり、出たら出たで、
ナルシストだの、かっこつけているだの泣きすぎだの。

何の努力もしないあなたたち(アンチ)に言われる
筋合いはない、と言いたいです。

ふざけたアンケートも、ありますね。

人の外見についてああも露骨なアンケートを作るという
行為がそもそも失礼すぎます。

ゆづのお母様の件については、またそれに関する
ことを記事にしたいと思います^^

私自身、ゆづのお母さんをとても尊敬してますし、
マザコンだと鬼と言われようと、ゆづをあそこまで
しっかりと育てて、一流のトップアスリートに
マネージメントされた能力や献身的な愛を
ほんとに感謝しているからです。

単なる親子愛を超えたものを感じています。

あそこまでできる親はなかなかいませんしね。

書いた記事に反響が大きくて、自分でも驚いていますので、
また改めて書きますね^^

いつもありがとうございます。
Posted by マリリン at 2014.12.24 12:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます