もうすぐNHK杯。ドキドキしますね。 - 羽生結弦 成功への軌跡

もうすぐNHK杯。ドキドキしますね。


今日は午後からようやく、テレ朝2chで
中国杯フリーの放送を見ることができました。

会場音だけなのですが、あの時の衝突の
瞬間や、ゆづとブライアンのキスクラでの
会話の風景など、とても良かったです。

ユーチューブでも動画が上がっていますね。

https://www.youtube.com/watch?v=im-aPWJM9-s


おそらく日本の女性客だと思うのですが、
大声で「ゆづるかっこいい〜〜!」と
いう黄色い声が響いた時、オーサーが
「ワオ」と声を上げます。
ゆづは苦笑いでした。

このキスクラでゆづは「ファイナル進出が
難しくなった」とオーサーに話しているようです。

オーサーが「まだわからないよ」と慰めたり
していますが、オーサーがガクンとうなだれる
場面もあって、二人のやり取りが面白いです。

この会話を翻訳、通訳しているブログがありました。

こちらです。

覚書あれこれ

こういうのをブログで記事にしてくれるなんて
とってもありがたいですね。(^-^)

ほんとにありがとうございます。_(_^_)_

おかげ様でキスクラのシーンを3倍も
楽しく見ることができました。

ところで今日は、つい最近放送された
関ジャニの「仕分け」でフィギュアスケートの
ことを徹底的に解説したテレビがありましたので、
ご紹介したいと思います。

http://dai.ly/x2asyc0

仕分け 羽生選手部分 投稿者 yusu01207

織田さんと鈴木明子さんが羽生選手の
ジャンプの凄さを解説してくれるのですが、
素人目にはわからないけど、羽生選手の
トリプルアクセルの得点が高い理由が
よくわかります。(^-^)

これを普通にいとも簡単に跳ぶんだから、
やはりゆづは「大物」ですね。

おまけにゆづは15歳のときにいきなり
初めて挑戦した4回転をきれいに跳んで
みせたとか。がく〜(落胆した顔)

そんなエピソードも織田さんが披露して
くれました。

やっぱりゆづって天才?


さて、ゆづがどうなるのかまだわからない
ですが、もうNHK杯があと5日後に迫ってきました。

のんびり仕事なんかしている場合じゃないんだけどね。

いろいろ準備をしなくっちゃいけないのに。

昨夜も夜勤だし、26日も夜勤だし。

旦那の病院にも行かなくちゃだし。

なんか、やらなければならないことがいっぱい
あるというのに、ゆづの動画とか、テレビとか
ばかり見ていてはかどらないです。(^^;)

今晩か明日の夜には準備しなくては。

最初はホテルをとるまでもないな・・と
思って息子が1人暮らししているマンションに
厚かましくも3泊させてもらうつもりで
いたのですが、息子に迷惑かな。

ホテルとったほうがよかったかな??

パソコンも持参していくので大阪でも
ブログは書きますね。(^-^)

会場ではフェイスブックの「ゆづファン」の
友達とも会えるので楽しみです。

ゆづのおかげで「スケオタ」仲間の友達が
できてホント嬉しいです。(^-^)

NHK杯に行かれる方、いらっしゃいましたら、
あちらで一緒に応援しましょうね。

このブログは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

banner.png

2014-11-23 | Comment(4) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
ゆづ君の何かを求めてネットサーフィンしてましたら、こちらの愛ある
ほのぼのとしたブログにお邪魔できました 読んでいくうちに、とても
嬉しくなりました これからもお邪魔させてください
ありがとうございました
Posted by たあちゃん at 2014.11.23 22:04
マリリンさま
こんばんは

会場音動画のご紹介有難うございます。

終わった後手袋を投げてキャッチするところが入っていない(泣く)
のがちょっと残念。
(恰好よくて好きなんですヨ。あんな場面で余裕見せちゃって、できるか?普通!!!)
キスクラでの「ファイナルに行きたい〜」(行けなくなっちゃった、かな?)から、オーサーが大げさにガックリして、ゆづがそれを笑いながら見ている場面も、大好き……。

今朝の毎日新聞の海原純子さんのコラムお読みになりました?
この方、お医者さまですが歌手でもあるんですね。

医療関係者としては心配だが、(記事を書いたのが試合翌日)とした上で、
演技を見て何故出場したのか「合点が行った」と書いています。

5度も転倒したが、そんなことはどうでもいいと思わせる素晴らしい表現力だった。
オリンピックの金メダルよりも引きこまれるものがそこにはあった。
思い通りに行かない人生を生きる怪人の姿が、羽生選手の滑りから目に見えるようだった。
羽生選手はアーティストだ。アーティストには、どうしても「今」
「この時しかない」時がある。
身を削っても、例えその後に何が起こっても、どうしても進みたいときがある。
命は何より大切にしなければならない。命さえあればチャンスがあるとみなは言うだろう。でもアーティストたちは気づいている。その時を逃したらその演技や演奏をできないことを。
(中略)
アーティストという星の下に生まれた青年の思いに共感し、応援したい。

全面的に共感、という訳ではありませんが、独特の視点でゆづのあの演技を称賛してくれていたので、多分お読みじゃないと思い、ご紹介しました。(毎日新聞読んでいる方少ないので……)
長々失礼しました。

フランス杯まさかの結果でしたね。
結果を残し続けるのって、本当に難しいデスネ。
これで、ゆづ、4位でもファイナル進出だそうですよ!
Posted by レモンパイ at 2014.11.23 22:59
たあチャン様。(^-^)
はじめまして、コメントありがとうございます。

ブログを見つけてくださりありがとうございます。

ゆづのことを愛しておられる方がたに読んでいただけるのは
とても嬉しいです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by マリリン at 2014.11.24 08:45
レモンパイさん(^-^)

いつもありがとうございます。

そう、わたしもあの手袋を投げてキャッチするところ、
かっこいい〜と思っていました。

ゆづってなんて素敵なんだろ、あの状況でも余裕かい、みたいな
感じがして好きですね。^^


このオーサーとのやりとり、できれば字幕にして欲しいですよね。

ゆづとオーサーは時々、ゆづが激おこでオーサーが
たしなめているようなシーンなどもあったりして、
なんか「結弦王子」と「オーサー執事」に見えてる事が有り、
笑ってしまうこともあります。(笑)

とてもいい関係ですよね。

毎日新聞のそのコラムは、知りませんでした。

なるほど。
アーチストならではの視点ですね。

>「羽生選手はアーティストだ。アーティストには、どうしても「今」
「この時しかない」時がある。
身を削っても、例えその後に何が起こっても、どうしても進みたいときがある」

これはその通りだな〜と思います。

>フランス杯まさかの結果でしたね。
>結果を残し続けるのって、本当に難しいデスネ。
>これで、ゆづ、4位でもファイナル進出だそうですよ!

フランス杯、マッチーもがんばったけどやはり
難しいプログラムなだけに常に100%の出来になるとは
言えないところに難度を上げる難しさがありますね。

でもよく頑張ってくれたと思います^^

マッチーにも心から拍手!そしてファイナル進出おめでとうです。

ゆづが4位でもファイナルへ?

やったー!

ゆづ、出てくれるといいですね。

まだまだチャンスはあるのだから。

レモンパイさん、いつも素敵な情報をありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by マリリン at 2014.11.24 08:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます