羽生結弦の欠場。一体何が起こったのか? - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生結弦の欠場。一体何が起こったのか?

羽生選手が腰を痛めてフィンランディア杯を
欠場するというニュースは衝撃的でしたね。

心配しているのはファンだけではないようです。

コラム「羽生結弦、トロント現地リポート(3)
――腰痛による欠場、何が起こったのか?」

かいつまんで話すと、やはりゆづは疲れがたまって
いたのは間違いないようです。

記事によると彼は
「フィンランディアトロフィーも、ぎりぎりの
ところまで出場を希望していたという。
せっかくエントリーされた試合を休みたくない、
というアスリートとしての強い思いもあっただろう。」

そうなんだ、ゆづ。無理しちゃダメだよ。

 「ふだんはテレビ中継などない国際Bシリーズ
にもかかわらず、フィンランディア杯はCSでの
放送も予定されていた。

 もちろん、この羽生人気を受けてのことだ
さらに彼の活躍を待ちわびるスポンサーなどの数も、
先シーズンの比ではない。」

ですよね〜。今年の羽生選手の活躍ぶりを
考えれば、テレビ局も放映したくなりますよ。

人気は衰えるどころかますます加速して
いるようですしね。

「細身で身体も丈夫な方ではない彼が、
ケガの多い選手だということは、よく知られている。」

そういえばそうですね。

2012年、初めての世界選手権では、
直前の公式練習で右足首を捻挫し、猛烈な痛みを
堪えながら滑って、3位になりました。

2013年、オリンピック出場枠がかかった
世界選手権でも、現地入り前のテレビの撮影で
無理をし、膝を負傷。

ショートプログラムで2つのジャンプミスを
するなど苦戦しつつ、総合4位に入るという
神業をやってのけました。

 「肝心な試合で、いつもケガをする……
そんなふうに揶揄された彼が、万全の調子で
のぞめたオリンピックシーズンは、
グランプリファイナル、ソチ五輪、世界選手権で優勝。
ケガをしなければ無敵じゃないか! 
などと、賞賛の声があがった一年だった。」

ホントホント!

ゆづは怪我さえなければ無敵です。

今回のフィンランディア杯欠場の要因となった
腰の痛みは、ソチの頃からずっと彼を悩ませ
続けていたものだったようです。

「腰だけでなく背中も、足も、細かなケガを
いくつも抱えたまま乗り切ったオリンピック
シーズンだったのだ。」

 様々な行事、イベント、アイスショー、
取材、CM撮影……。

確かにこれだけハードだと、ゆっくり休む
時間もなかったことでしょう。

国際試合としてはB級かもしれないけど、
それでもゆづのことですから、きっと出場したら
全力で頑張ってしまうと思います。

そうしたらまた痛めてしまうかもしれません。

ここはしっかり休んで、大きな大会に万全な
体調で望んで欲しいものです。

この人の記事は毎回思うのですが、羽生選手に
対してとても心温まる良い記事を書いてくれますね。

ゆづのことをよく知っているんだな・・と思いました。

羽生選手には無理をしないで、とにかく今は
腰を直して欲しい気持ちでいっぱいです。

ところで久しぶりに動画を作りました(^-^)

「悲愴」の時のとても美しいゆづです。

「美しすぎる羽生結弦」

https://www.youtube.com/watch?v=KW7L_5wFaZY&feature=youtu.be



短い動画ですがよかったらご覧になってくださいね。

美しくて天使過ぎるゆづがいっぱいです。
このブログは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

banner.png

2014-09-30 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます