羽生結弦 成功への軌跡

-  |  次の5件 »

羽生選手の魅力をエピソードとともに


ゆづオンリーファンの皆さま(*^-^*)
ザギトワ選手、引退説をきっぱりと否定しましたね。

ザギトワが引退説を完全否定 SNSで胸中吐露
「引退は一切考えていません」


hn1452.png

競技継続を明言「今もなお、ロシア代表の一員」
「国際大会に出場できます」

THE ANSWER

『活動休止することが母国メディアで報じられていたアリーナ・ザギトワが15日、インスタグラムで、「活動休止も『引退』するつもりもありません」「引退することは、一切考えていません」と活動休止とともに、噂されていた引退を完全否定した。

「先日のテレビ出演後、『一体どういうことか』『なぜ引退したのか』という多くの質問を頂いています」

「私にとって、フィギュアスケートは私の人生そのものであり、プロフェッショナルなスポーツ選手になるために、4歳から常に努力を続けてきました。オリンピックの金メダルを含む、私のすべてのタイトルは偶然ではありません。コーチ陣に対し、私たちが一緒に成し遂げたことへ、一生感謝し続けたいと思っています」と競技に対する思いを明かした。

「そして、私は活動休止も『引退』するつもりもありません。休止すること、引退することは、一切考えていません」
「フィギュアスケートにおいて、可能な限りすべてのタイトルを獲得したアスリートとして、私は常に表彰台の一番上に立ちたいですし、そのために、さらにハードなトレーニングをする必要があります。私は、今もなお、ロシア代表の一員であり、ロシア代表として国際大会に出場できます」と競技を続けていくことを明言した。今回の表明により、一時的な休養にとどまる可能性もありそうだ。』

他の報道では大学に行き、コーチを目指す…という
ことが書かれていましたけど。それはどうなのでしょうね?

でも、ご本人が引退もしないし、競技にも出るつもり
がある、ということなので、一時的に休養をしてまた
復帰するという解釈でいいのでしょうかね。

何はともあれ、まだ17歳という若さでの引退はもったいない
ですし、まだまだザギちゃんの演技を見たいというファンは
たくさんいるので、引退しないでよかったです。

実は今日の昼間に、とても失礼な言い方をした記事を
見たのです。

ロシアの記事のようですが、
「運命のブーメラン?いつかはザギトワがメドベージェワを
下へ追いやった、今回はジュニア上がりの3人が彼女を追い出した」
の見出しで記事を掲載したとか。

ロシアの天才少女3人が台頭したせいで、ザギトワは
押し出されるように活躍の場を失ったとか。

幼いアリーナ・ザギトワは平昌五輪で自分の友達で
同門のエフゲーニャ・メドベージェワを下へ追いやった。
今回はジュニアあがりの3人がそのアリーナを下へ追いやった」と。

メドべ―ジェワがザギちゃんに追いやられた…という
いい方はどちらにもとても失礼だと思いました。

ロシアは実力のある若い女子選手がたくさんいて、
次は自分の番だとばかりに虎視たんたんとトップの座を
狙っています。

メドべ―ジェワだって、そうやって当時のトップ選手を
抜いて王座に君臨したわけですし、さらに若いザギトワ選手が
メドべ―ジェワを抜いて王座に君臨したからと言って、
揶揄されるべきでもありません。

何故か五輪金メダリストには、辛辣で思いやりのない
記事が多くて嫌になりますね。(>_<)

日本では五輪2連覇をした羽生選手に対してもひどい
中傷記事が平然と出ますし。

ロシアも日本もスケ連の体質は大して変わらないのですね。

羽生選手もザギトワ選手も五輪の金メダルを獲ってもなお、
一生懸命頑張っています。

貴い二人の金メダリストにリスペクトこそすれ、貶める
なんてとんでもないことです。
心無い報道の仕方に胸が痛む思いです。

話はガラッと変わりますが、こちらの記事がとても
良かったのでご紹介したいと思います。

川井郁子と塩入俊哉が対談 羽生結弦選手の魅力を
エピソードと共に披露


これは12月7日のBS朝日で放送されたようです。

1月に開催される羽生結弦プログラムコンサート 〜Music with Wings〜』を特集。ゲストソリストとして出演する川井郁子とバンドマスターおよびソリストとして出演する塩入俊哉の対談が放送され、羽生選手の魅力を音楽面から語り合った。

hn1453.png

羽生結弦選手の貴重な映像と共に生演奏が楽しめる、今までにない新しい公演『羽生結弦プログラムコンサート 〜Music with Wings〜』が、2020年1月6日、7日に東京・東京国際フォーラム ホールAで開催される。このコンサートは、羽生選手の幼少期から現在までのプログラムナンバーを映像と共に生演奏するというもの。

このコンサートのためにフルオーケストラ、バンド、和楽器からなる総勢100名から成る“Music with Wings オーケストラ”を編成。永峰大輔を指揮者に、ゲストには川井郁子、福間洸太朗、塩入俊哉、中鉢聡が出演する。

4歳でスケートを始めた羽生選手。大会で初めて披露した「ウルトラマンガイア」。ジュニアの全タイトルを獲得した「パガニーニの主題による狂詩曲」。2012年世界選手権「Romeo & Juliet」。66年ぶりの五輪2連覇を達成した「SEIMEI」。そして羽生結弦の原点「Origin」など、当日は20曲を越える楽曲が演奏される

「年月を経て大人になっていくと、思うことも変わり表現したいことが変わるにつれて、複雑な曲や和の世界の曲も選ばれるようになります。そういった流れを知ることで、羽生選手がそのときに考えていたことや表現したかったことがわかります」

「きっと、自分の心に響くものを選んでいるのだと思います。この曲で何を届けられるか、そこまで考えて選んでいるでしょう。」

「本物のアーティストだ」と思わせたエピソード

羽生選手は、川井の楽曲「ホワイト・レジェンド」でたびたびスケートを披露している。羽生選手から手紙をもらったこともあるそうで、その手紙は家宝になっているそうだ。

 「3.11の復興エキシビションのときに、羽生選手の故郷・仙台で「ホワイト・レジェンド」使ってくださったことをきっかけに、被災地のみなさんへというエキシビションの折りにときどき使ってくださっています。「ホワイト・レジェンド」を選んでくださった理由は、“あの曲に悲しみから立ち上がろうとする人の心を感じた”とのことでした。実は、自分の曲で「ホワイト・レジェンド」が一番スケートに合うんじゃないかと思っていて、曲の持つ悲しみと強さを理解してくださったことは、とてもうれしかったです」(川井)

 塩入は、『メダリスト・オン・アイス』などで何度も共演しているとのこと。2015年のエキシビションでは「天と地のレクイエム」という曲で共演した。そのときの「本物のアーティストだ」と思わせたエピソードを披露した。

フィギュアは時間軸がすごく大切で、決まった音楽に演技を合わせることで、タイミングを取るのが普通です。だから生演奏でも、僕らはテンポ感にすごく気をつかいます。でもそのときは、“自由に弾いてほしい”と。同曲は震災への絶望感とか無力感とか全部込められた曲なのですが、それを表現してくれさえすれば、“どんなテンポでも踊れます”と言ったんです。これぞ本当のアーティスト、本当のコラボレーションだと感じました。演奏する僕らにも、エネルギーを与えてくれるスケーターです」(塩入)

hn1454.png

このお二人の対談を聴いているだけでも、羽生選手の
すばらしさがよく伝わってきますね。

演奏される方への配慮はもちろんのこと、楽曲に対する
思い。そしてどんなことを思い、どんなことを表現したくて
その曲を選び演技をしているのか、など。

行くつもりがないので、申込みもしていませんでしたが、
羽生選手の成長を見ながら羽生選手のプログラム曲を
堪能できるって、とても贅沢なコンサートですね^^

演奏される皆さまも名の知れた方がたばかりです。
行かれる方はぜひ、ゆっくりと贅沢な時間を満喫し、
楽しんできてほしいと思います。

12月19日(木)から全日本が始まります!

hn1408.png

やっぱり主役は羽生結弦でしょう(∩´∀`)∩
このバナーがそれを表していますね。

2015年の4連覇で止まってしまった優勝記録を
5回に伸ばしてくれることでしょう。

男子ショートは12月20日(金)16:10〜
男子フリーは12月22日(日)17:00〜


羽生選手のファンの方はぜひぜひ、応援バナーを持参して
フリフリいたしましょう!

私は可愛いプーちゃんを連れて見に行くことにします!
座席でプーも一緒に羽生選手を応援いたします。



全日本選手権フジテレビ公式ページ

hn1438.png

hn1439.png


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2019-12-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駿君は羽生選手を本当にリスペクトしているよね。


ゆづオンリーファンの皆さまヾ(*´∀`*)ノ

ファンが選ぶ! スポーツ年間MVPランキング
(スポーツナビ アプリ限定)
スポーツナビで投票を実施した
「ファンが選ぶ!スポーツ年間MVPランキング」企画。
今年のスポーツ界で最も活躍したと感じた選手・監督を最大3人、
ユーザーのみなさまに投票していただきました。
激動の2019年、1位に輝いた選手は…!?

やっぱり1位は羽生結弦選手でした!

hn1443.png
hn1444.png
hn1445.pnghn1446.png


年間MVP 誇らしいですね。(*´▽`*)
羽生選手、おめでとうございます。

羽生選手のファンの数は膨大ですから、ファンが
選ぶとなったら、羽生選手が1位になるのはまず
間違いないでしょう。

そんな羽生選手を尊敬してやまない佐藤駿君が今回、
ジュニアグランプリファイナルを制してからというもの、
あちこちのテレビで話題になっています。

昨日もサタステで佐藤君を取り上げていました。

動画:サタステ 佐藤駿君

hn1447.png

憧れの選手は羽生結弦選手です」といつものように
はっきりと答えると会場から大きな歓声が起こりました。

hn1448.png

会場に詰めかけたお客さんの多くが羽生選手の
ファンであるということで皆、嬉しかったので
しょうねヾ(*´∀`*)ノ

わかる!私もその場にいたらきっと一緒に歓声を
上げたと思います。

駿君も恐らく、この会場にはたくさんの羽生選手の
ファンが来ていることや、自分を応援してくれた人の
多くがまた、羽生選手のファンであることを知って
いたのだと思います。

「自分もみなさんと同じ羽生選手が大好きであり、
尊敬している」という思いを伝えてくれたような
気がしました。

駿君はコーチが言うには「羽生選手の動画しか見ない
という徹底ぶり。

「五輪を2度も制した偉大な地元の先輩だけを
見ていれば、自分もきっと上手になれる。」と
信じているのでしょうね。

ジャンプの姿勢も本当にキレイです。
さすが、見習う選手が超一流だと、こんなにも早く
上達するものなのですね。

こちらは仙台ローカルの番組です。

動画:仙台ローカル 佐藤駿
hn1450.png

この放送の中で羽生選手がインタビューされて
答えていた言葉からも、後輩の快挙を心から喜ぶ
素晴らしい先輩ぶりがわかりました。

hn1449.png

今回自分はGPFの表彰台の真ん中に国旗を揚げる
ことができなかったんですけど、でも彼が揚げて
くれたことって言うのはやっぱり今までの感覚よりも
また一味違った、一番うれしい記憶になっていますし、
彼と一緒にこうやって君が代が歌えてすごく誇らしい
気持でした
。」

自分があこがれ続けている偉大な先輩からこんなに
喜んでもらえて、駿君もうれしいでしょうね。

それから他の番組では、佐藤君が持っている
ティッシュケースがパンダであることから、
「パンダが好きである」という感じで報道して
いたけど、確か5年前に見た動画では
「特に…お母さんが買って来てくれたから…」と
いう感じで答えていましたよね。

プーさんはもうすでに羽生選手のシンボルになって
いるので、駿君のお母さんは恐らくそういうことにも
配慮してパンダちゃんのティッシュケースを買って
来てくれたのかな?と私は思いました。

でも、パンダが好きというのも、きっと嘘では
ないと思いますけどね^^

全日本ではシニアの部に出場できるようですから、
ぜひとも、羽生選手と一緒に表彰台に上がって
欲しいと思います。

仙台では羽生選手や佐藤駿君に続け!と、アイスリンク
仙台を会場にした競技会も行われているようです。

羽生選手に続け!仙台でフィギュアスケート競技会
動画あり

千葉もねちゃんも全日本に出場することができますし。
これからも仙台から偉大な選手が出ることを期待したい
ですね(●^o^●)

他にもご紹介したいことがありますので、
またあとで、更新したいと思います。

CS放送のフジテレビONEで今、西日本選手権が
録画で放送していますね。

男子は友野君、山本君、須本君が表彰台に
上がっていました。

草太君も怪我をする前ならきっともっと上位に
いることができたのでしょうけど、世界ジュニアに
草太君の代わりに出た友野君の方が今は上にいる…。

人の人生なんて自分で予想していた通りには
ならないものなのでしょうけど、本当に分からない
ものですよね…。

草太君と言えば、以前は「羽生選手に憧れている」
と公言していたけど、NHK杯で突然そのことについて
聞かれたとき、あたふたしている姿を見て、ちょっと
残念に思いました。

羽生選手も気遣って「今は違うって言っていいよ」
と笑って言っていましたが、ああいう時に即答
できないって結構、傷つくものだと思います。

日頃から本当にリスペクトしているならすんなり
言葉が出てくるものなんじゃないかな?ってちょっと
残念に思ったのは私だけでしょうか。

来週の木曜日からは全日本が始まります!

全日本選手権フジテレビ公式ページ

hn1438.png

hn1439.png


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2019-12-15 | Comment(7) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美STの表紙の羽生結弦が美しすぎる

ゆづオンリーファンの皆さまヾ(*´∀`*)ノ

こちらの雑誌、美しい羽生選手が表紙になっているのですが、
能登さんが撮影したものだとか。

「増刊号の表紙」

hn1431.png

「通常版の表紙」

hn1432.png

「刊号 特大ポスター(表)」

hn1433.png

Origin様は本当に美しいです。

羽生結弦選手:40〜50代女性向け美容誌の表紙に 
「美の化身」「妖精」テーマに特集 特大ポスターも


『フィギュアスケート男子の羽生結弦選手が、12月17日
発売の40〜50代の女性向け美容誌「美ST」2020年2月号の
通常版と増刊号の表紙を飾ることになり、このほど表紙の
ビジュアルが公開された。

羽生選手が美容誌の表紙に登場するのは今回が初めてで、
通常版、増刊号の誌面にも登場する。増刊号に付く特大
ポスターのビジュアルも公開された。

通常版は、表紙に「オータムクラシック2019」の際の
写真を採用。

日本に舞い降りた美の化身 雪の妖精 羽生結弦さん
美STORY」をテーマに、8ページにわたって特集する。(890円)

増刊号の表紙は「2019年スケートカナダ」の際の
写真を採用。

同じ時代に生きる幸せ 強く気高い妖精 羽生結弦さん
美STORY」として、羽生選手の名言を12ページにわたって
掲載する。特大ポスターは表裏印刷で、羽生選手の写真が
表面に1枚、裏面に4枚、使用される。(860円)。

表紙、誌面、ポスターに採用された写真はいずれも、
能登直さんが撮影した。』

キャッチコピーが心をくすぐりますね。

「日本に舞い降りた美の化身 雪の妖精 羽生結弦
「同じ時代に生きる幸せ 強く気高い妖精 羽生結弦

25歳の男性が、しかもモデルとか俳優ではなく、
アスリートなのに、「美の化身」「雪の妖精」「強く気高い」
ですよ。

どっかのゆづを中傷した自称「回る妖精」とはえらい違い
ですね!

本当に本当に同じ時代に生きる幸せを感じますし、
同じ地球の、この日本に舞い降りてくれたことに心から
感謝しています。それだけで貴いです。(*^人^*)

が、しかし…(*´Д`)
4〜50代のゆづファン層を狙っての出版ですかね。

私達ゆづファンのお財布を狙って次から次…。
フィギュア雑誌もこのところたくさん購入しているので、
慎重にはなりますね。

確かにお美しい羽生選手が表紙だったり、美容雑誌
初登場ってこともあって話題だし、特大ポスターも
魅力です。欲しい気持ちにもなりますが…2冊買うと
それなりのお値段だしね。ちょっと考えます(^-^;

羽生結弦、チェンとの戦いは
「楽しみながら強くなっていきたい」

スポルティバ
折山淑美●取材・文 i能登 直●撮影

hn1434.png

グランプリファイナル、フリーでは公式練習初日から跳んでいた4回転ルッツを組み込む4種類5本の4回転を入れる構成に挑戦したが、試合後には勝てると思っていなかったと明かした。

「4回転を1本増やしたからといってあの点差は縮まるものではないことはわかっていたし、ネイサン選手も4回転を5本跳んでくるのはわかっていた。難しいだろうなという感じはありました」

4回転ルッツを入れて4回転を5本にする構成は、一応は用意していたものだった。だが練習した回数は少なく、通しでやったのは1回くらい。できればそれを使わないでおきたいという気持ちの方が強かった。それに対してSPで自己最高得点を出したチェンは、その後の公式練習での調子もよく、すべての4回転は外すことはないだろうと思えるジャンプをしていた。

フリーで5番滑走だった羽生は最初の4回転ループと4回転ルッツはきれいに決めたものの、後半に入ると4回転サルコウを決めたあと、得点源の3本の連続ジャンプはミス。4回転トーループからの3連続ジャンプは最後の3回転フリップが回転不足になり、4回転トーループ+3回転トーループは4回転+2回転、最後に入れたトリプルアクセル+トリプルアクセルのシークエンスは、最初のアクセルがシングルになった。

チェンは、完璧な演技だった。フリー世界最高の224.92点を出すと、合計でも自身の世界最高得点を12点弱上回る、335.30点で圧勝した。
羽生との得点差は43.87点。だがその差に関して羽生は、悲観する表情は見せていなかった。

「40点差と言われると『何本ジャンプを跳べばいいんだ?』という感じにはなるけど、今の採点方法が、細かいミスを続ければ続けるほどGOEの差がどんどん開いていって大きな差になる。降りたジャンプはたくさんあったし、とくに4回転ループと4回転ルッツに関してはかなり加点をもらっていたので、あとはきれいに降りるだけかなという感じもしています。

それに、自分にとっては大きな得点源であるトリプルアクセルが入っていないということも、ものすごく大きい。あの構成をしっかり決めていれば、あとはショートでミスをすることなくもうちょっと得点を上げていれば、勝負になると思った。だから、そこは点数ほどの差は感じていないんです。

ただ、それを試合でコンスタントにできるかと言えば別の話。それができるようになるには相当の努力をしなければいけないし、たぶんそれはネイサン選手もたどってきた大変な道だと思うので。自分自身もそれを最短のコースで、効率よくたどり着けるように練習しなければいけないと思います」

羽生本人が今回の自身の演技を「ジャンプ大会のようだった」と表現したように、丁寧ではあっても少し抑えた滑りにしてステップがレベル3になったように、GOE加点も低かった。

「ショートに関しては、『秋によせて』の曲の中での4回転トーループがうまくハマらなくて不安なので、そこをどうやって変えていくかというのを、ちょっと考えなくてはいけないと思います。あとはショートでも、ルッツがこのまま確率がよくなってくれたら入れる可能性もあると思うので。いろいろ楽しみながら強くなっていきたいと思います」

羽生がチェンを上回るためには各要素のGOE加点で上回り、ノーミスの滑りで演技構成点もしっかり稼ぐことだ。さらにSPに4回転ルッツを入れて得点能力をさらに高めれば、そこでリードしてチェンにプレッシャーをかけることができる。

フリーに関してはまだ確定ではないが、今回のルッツを入れた4回転5本の構成を「たぶんこれがベースになっていくと思います」とも話していた。ただそれは、勝負の時のための特別な構成ということだろう。氷のコンディションを見ながら、SPやフリーに4回転ルッツを入れ、その確率をしっかり上げていく必要もある。

それに加え、連続ジャンプが1本のチェンに対して、後半にトリプルアクセルを2本組み込み、3本すべてを高得点が獲得できる連続ジャンプにしようという強いこだわりを持つのも羽生の強みだ。

4回転アクセルを含めた高難度のジャンプと、プログラムとしての完成度の両方を求めるというのは厳しいと思うし、それは僕も十分に承知しています。ただ、演技構成点に関しては、コンビネーションをもっと難しくしたりつなぎの部分をもっと増やしたり、スケーティングをもっと丁寧にして表現も高めたとしても、たぶん5点もらえるかもらえないかだと思います。だから、そこまでこだわり続ける必要があるのかと言われると、もしかしたら今日みたいにジャンプに集中して、全部でGOEを稼げるようにした方が点数的にはおいしいかもしれない。でもそれでは僕の中で、スケートをやる意味にはならないんですよね」

羽生は、記者会見で何度も「隣にいるネイサン選手がすばらしい演技をしなければ、こういう風に学ぶことができなかったと思うし、強くなろうと思うこともできなかった」と、チェンの存在に感謝する言葉を口にしていた。

好敵手だと思うからこそ力を思い切り振り絞って、神経を削り合うような戦いをしたい。そんな思いが強烈にあるからこそ、羽生はさらなる進化を目指している。パトリック・チャン(カナダ)やハビエル・フェルナンデス(スペイン)に続く強力なライバルに今また出会えたことに、彼は感謝しているのだろう。』

賢い羽生選手はやっぱり今後、4回転アクセルを含めた
高難度のジャンプと、プログラムとしての完成度の両方を
求めるというのは厳しいと思っている
のですね。

その難しさを十分承知の上で、あえて4回転半にも
挑戦をして行くつもりだということもわかりました。

今の採点方法が、細かいミスを続ければ続けるほど
GOEの差がどんどん開いていって大きな差になる
ことも分かっているので、今回の40点差はさほど
気にしていないという、現実的な見方をしている
ことはよかったと思います。

点差だけが大きく取り上げられて、もう終わりで
あるかのような印象操作や報道に対して落ち込んだり
しないところが羽生選手らしいと思います。

ジャンプに集中して、全部でGOEを稼げるようにした方が
点数的にはおいしいかもしれない。
でもそれでは僕の中で、
スケートをやる意味にはならない。
という言葉からも、
得点の獲り方はわかっているけど、それをやったら恐らく、
『羽生結弦』ではなくなる…
ということもわかっている
のですから、自分の信念を曲げるようなことはしない人だと
安心しました。

こういうインタビューでの発言を聞いていると、やっぱり
羽生結弦が羽生結弦でよかった (∩´∀`)∩と思いました。

ジャンプ大会に参加しているように見えても、そこは
羽生結弦のスケートをしながら、高難度ジャンプにも
あえて挑戦していく。

それをコンスタントに跳べるくらいまで、練習して
強くなって行きたい、ということなのでしょう。

今回この構成ではほとんど滑りこめていなかったですし、
さらにこの構成で練習を積んでいけば十分、N・チェンに
対して勝算はありますね。

来年の世界選手権が楽しみになってきました。

ゆづ、いつもずっと応援しています。(*^-^*)
頑張ってくださいね。

hn1435.png

今朝、ニュースを見てびっくりでしたが、ゆづと同じ
平昌五輪で金メダルに輝いたザギトワ選手が一時的とはいえ、
活動を休止するということがわかりました。

一昨日位だったか、「タラソワ氏ザギトワ引退要望論
に激怒」というような記事を見たばかりでしたので、
ロシアではちょっと勝てなくなると、五輪チャンピオンにすら、
「もうやめなさい」みたいな雰囲気があるということを知り、
選手を一体なんだと思っているのだろう!と悲しい気持ちに
なりました。

もしかしたら、メドベージェワ選手にも、銀メダルで
終わった段階で同じようなことが起きたのかもしれないですね。
だから彼女は拠点を変えたのか…という気もしました。

それにしても、ザギトワ選手はまだ17歳。

普通ならこれからまだまだ活躍が期待できる年齢です。

『ザギトワ選手は今月末に開催されるロシア選手権をはじめ、今後のヨーロッパ選手権や世界選手権といった国際大会への不参加を明言。モチベーションの低下やロシアフィギュア界の若年化を主な理由として挙げています。

練習は継続し、しばらくはアイスショーに出演するとのこと。ロシア国内では事実上の引退宣言という見方も強まっているようですが、競技復帰の可能性は否定しておらず、一部メディアによると、厳しいトレーニングを必要とする競技へのモチベーションを取り戻したいという趣旨の発言があったことも報じられています。』
ねとらぼより

hn1436.png

hn1437.png

ザギトワ選手は平昌五輪後、1年半の間、活動休止、
引退などに悩んでいたようです。

「(1年半前は)コーチたちが、彼女に競技に留まるように説得した。今、トゥトベリーゼ・コーチは、ザギトワ自身が競技を続ける希望を強く抱くことが必要とし、ザギトワが復帰することを望んでいる」

ザギトワは、引退は否定しているようだが、トリプルアクセル、4回転を駆使する3人の後輩たちに「勝てる」という自信とモチベーションが保てなければ、来季以降に競技を再開するのは厳しいのかもしれない。」
PAGE

競争はかなり心身が疲れることでしょう。

そうでなくてもロシアは体もろくに成長しきれて
いないような少女たちがシニア以上の難度で
どんどん上位の選手を脅かすまでになっています。

今年のファイナルでもそれが顕著になりましたね。

どの女子選手たちも4回転ジャンプを売り物にして、
しかも成功率も高いから、いくら芸術的に美しい
演技をしても、点数的には敵わない状態です。

優勝したコストルナヤは素晴らしい選手だと思った
けど、他の4回転を跳ぶ女子はいわば「簡単なルッツ」
持ちでありながら「高難度ルッツ持ち」ともてはやされ、
私的には見るのも嫌になりました。

こういうのが今のフィギュア界を引っ張っていくのかと
思ったら、美しいザギトワ選手は競争に参加しなくても
いいんじゃない?って思ってしまいました。

でも、引退はしてほしくないですね。(/ω\)
まだまだザギちゃんの演技は見たいと思います。

しばらくはトレーニングを積みながら、モチベーションが
回復するのを待って、しかるべき時に競技に復帰して
くれたらうれしいなと思います。

アイスショーには参加されるとのことなので、きっと
何処でも人気でしょうねヾ(*´∀`*)ノ

これからもザギちゃんを応援したいと思います。
頑張れ!ザギちゃん。

来週の木曜日からは全日本が始まります!

全日本選手権フジテレビ公式ページ

hn1438.png

hn1439.png

ワクワクドキドキの全日本選手権。
今年こそは羽生選手の久しぶりの優勝を
見ることができますように。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2019-12-14 | Comment(6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悔しさと怒りとほんの少しの喜びと。


ゆづオンリーファンの皆さまヾ(*´∀`*)ノ
笹川スポーツ財団で「あなたが選ぶ!2019年
スポーツ重大ニュース&活躍したアスリート」の
アンケートを実施したところ、このような結果に
なりました。

あなたが選ぶ!2019年
スポーツ重大ニュース&活躍したアスリート


hn1417s.png



めっちゃ美しいですね〜
美男子コンテストで優勝したのかと思いました。…ではなくて、
2019年「活躍したアスリート・スポーツ重大ニュース」
ともに1位は羽生結弦
選手が選ばれました。

hn1418.png

hn1419.png

おめでとうございますパチパチ

羽生選手には常に金メダルが良く似合いますね。

そんな金メダルが良く似合う羽生結弦選手が今回の
ファイナルでは、悔しいことに銀メダルに終わりました。

まぁ、演技内容はさておき、ミスがなかったことと、
高難度(基礎点が高い)ジャンプをすべて着氷した
N・チェン選手が優勝したことは、仕方ないことであり、
これは認めたいと思います。

ですが…どうしても今回の採点には疑問と不満が
残りました。

ジャッジ資格を持つブロガーさんであるガンディ分析さんが、
またまた今回もGPFのフリーの採点をしてくださいました。

見ると怒りがこみ上げてきますが、皆さま、心の準備は
よろしいでしょうか。

GPF2019 男子フリーの採点分析

6人すべての採点を分析してくださっていましたが、
今回もN・チェンと羽生選手に絞って取り上げて
みたいと思います。

羽生選手

こちらが実際のプロトコルです。

hn1422-2.png

ガンディ分析さんが今回はGOEを付けてくれました。
すると・・・・

hn1423.png

羽生選手の技術点の採点は0.64点、上がりました。
PCSはそのまま。

逆に言えば、今回のジャッジ達には0.64点低く採点
されていたことになります。

同じようにショートプログラムでも違いを見てみましょう。
こちらがジャッジが採点した結果です。

hn1424-2.png


そして下がガンディ分析さんによる採点。
PCSはそのまま。

hn1425-2.png

ショートでも実際の採点は1.26点、低く採点されて
いたことがわかります。


ジャッジが付けた得点の総合得点は291.43点。

hn1427.png

しかし、きちんとした採点がなされていたら、
今回の羽生選手の総合得点は98.69+195.46=294.15点

hn1426.png

3点ぐらい上がっていたことになります。

今度はチェン選手の得点を調べてみましょう。
実際の採点(プロトコル)はこちらです。

hn1428-2.png

ガンディ分析さんが修正した結果はこちら。

hn1429.png
hn1429-1.png

ショートでも盛られていましたよね。
確か本当なら100点くらいでした。

hn1429-sp.png
hn1429-sp2.png

ジャッジが出した総合得点は335.30点。
SPで110.38点フリーで224.92、合計335.30

しかし、きちんと採点していたら、SPは100.28点
フリーでは205.44点。総合でも305.72点。
実に29.57点も特盛されていたことになります!

全然、羽生選手の今季の世界最高得点に及ばないです。

言っても仕方ないですが、もしもSPの時点で正しい
採点がなされていたら…100.28点と98.69点では
点差にして1.59点。

フリーで十分挽回できると思えたはずでした。(/ω\)
そうしたら、4Aなんて練習もしなかったでしょうし、
無理にフリーで4回転を5本、入れるようなことをして、
あんなに疲れることもなかったことでしょう。

4回転5本を入れたことで、つなぎも薄くなりましたし、
出来栄え点も低い、いわゆる質の堕ちたジャンプを
飛ぶこともなかったと思います。

タラればになるから、あんまり言いたくはないけど、
やはり正しくジャッジされるか否かで、選手の持つ
最大の力を出せるかどうかが決まってくるのは確かです。

SP終わって1.59点差と13点差では、精神的にも
全然違ったでしょうに…。

羽生選手を「勝てない」とまで追い詰めた悪質な
採点、ジャッジ達に改めて怒りを覚えます。

いくらこういうことを素人がブログで書いて
騒いだところで、ISUは痛くも痒くもないことでしょう。

日本スケート連盟さえ、「この採点はおかしい」と
声を上げてくれるわけでもない。

選手側から抗議や「採点の見直し」を要求することも
できないフィギュアスケートという世界。

こういうところに身を置きながら、必死で勝つために
体に負担の大きい4Aを練習している羽生選手のことを
思うと泣けてきます。(;O;)💧

次の世界選手権では本当に本気で4Aを入れるつもり
なのでしょうか?

申しわけないけど、ガンディ分析さんによると、あの
4Aでさえ「回転不足」を指摘されていました。

悲しいことに試合で入れても3Tの基礎点よりも
点数はもらえない…
と書いてありました。

今回の羽生選手が飛んだ素晴らしい4Loや4Lzにさえ、
+5を付けてもくれず、あろうことか、チェンよりも
GOEは渋かったところを見ると、たとえあと3か月後に
ある程度、4Aが着氷できるまでになったとしても、
基礎点は4Lzと1点しか違わず、そんなに旨みがある
とも思えません。

さらに今までのジャッジ達の意地悪嫌がらせ採点を
見る限り、+5を付けてもらえるようなことはまず、
ないでしょう。

それどころかいくら頑張って飛んだとしても
「回転不足」の判定、もしくはダウングレード扱いで、
低くて質の悪い3A扱いされておしまいかもしれません。
(´;ω;`)ウゥゥ

そんなことを考えたくはないけど、4A入れても
チェンに及ばず!なんて言われたらそれこそ悔しくて
悲しくて、考えるだけで寒気がします。

それぐらいなら、むしろ世界選手権では美しい4Lo、
4Lz、4Sを入れたり、コンビネーションに4Tを入れる
など、4回転は4本にしたほうがいいような気がします。

得意の3Aはいつでもどこでも跳べるでしょうからね。

もちろん、勝ち方は羽生選手の方が私たち素人よりも
ずっと、良く考えて研究しているかもしれませんが。

「勝たなくてもいい、跳びたいだけ」なら入れてもいいけど、
「出るからには勝ちたい!」と思うと思うので。

それに今回、やっぱり4回転を5本入れたことで、
羽生選手の美しい演技構成が少し、薄い感じになって
しまったような気がしました。

羽生選手の良さはやっぱり誰よりも美しいつなぎを
入れて跳ぶ芸術的なジャンプです。

スケーティングスキルも高いですし、スピンも素晴らしい。
いわばオールラウンドの選手です。

私たちはジャンプ大会を見たいのではなく、芸術的な
羽生選手の美しい演技が見たいのです。

どうか高難度(基礎点高い)ジャンプ大会に羽生選手を
参加させようとする、煽りに乗らないでほしいのです。

ただ、今回のファイナルで今まで封印していた4Lzが
綺麗に決まって自信になったことは良かったと思いました。
収穫でしたねヾ(*´∀`*)ノ

そして4Loもとても美しかったです。

ファイナルでよかったことは、この2つのジャンプを
世界中のファンに見せてくれたことでした。

今回、あのような異常な点差のせいで「勝てない」と
あきらめてしまったせいもあるのかもしれませんが、
トリノに足跡を残したいという気持ち、わからなくは
ないのですが、あそこで4Aを跳んだことは、やっぱり
ライバルに手の内を見せてしまったな…と思いました。

疲れもあってか、足に負担がかかったのか、得意の
3Aに失敗してしまいましたし…。

コーチがいてくれたら、あんな無茶はしなかった
のかと思うと、今回のファイナルは色々な面で、
羽生選手に不利なことが多すぎました。

まぁ、でも羽生選手のトリノへの想いは、私達には
計り知れないほど深いものがあったのかもしれないですね。

色々なことを考えさせられたファイナルでした。

またいろんな思いが浮かんできましたら、言葉にして
みたいと思います。

そうそう、羽生選手に不利だなと思ったのは、やっぱり
NHK杯から連戦だったということもですかね。

チェンと比べて、ファイナルまでの間隔が短すぎて
疲れが残っていた可能性も捨てきれませんでした。

今度は全日本が近づいています。

宇野、高橋…(この人は敵にもならないけど)などは、
たっぷりと体力を回復させていると思うので、疲れが
残る羽生選手にはちょっと不利な気もしますが、
実力は天と地ほどの差があるので、優勝は間違いないと
確信しています。

hn1408.png


今回、初めて電子チケットなるもので申込みを
したところ、ショートが当たりました!

顔写真登録もしてみましたが、まだ審査中。
ちゃんと入場できるのか、気が気でなりません。

考えたら悪質Dオタが来るであろう全日本に
行くのは初めてなので、どんな雰囲気になるのか
体験してきたいと思います。(^-^;

今ではゆづファンの方が圧倒的に多いでしょうから、
昔のようなわけにはいかないでしょうけど、なんせ
あちらは数よりも「どでかい声」で存在感アピール
するでしょうから、要注意ですね。

ゆづ応援バナーをフリフリしたり、可愛いプーちゃんを
連れて観戦しようと思います。

ゆづが初めて優勝した2012年の全日本。
6分間練習の動画です。

https://youtu.be/g-v59wBFImg


圧倒的な強さでSP首位に立った2013年。
SPの動画です。

https://youtu.be/2f0iZsi9A7s


来週の週末にはもう、全日本ですね。(*^-^*)
ワクワクします!


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2019-12-13 | Comment(12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年もスーパーヒーローは羽生結弦でしたね。


ゆづオンリーファンの皆さま(^o^)
昨日は1記事書いたまま、次の更新ができずに
申しわけありませんでした。

これ、Googleが出した動画ですが、2019年に
検索されたヒーローの中に、「飛ぶヒーロー」と
題して、羽生選手が登場しているのです!
1:01あたりに登場します。
一瞬でしたが、キャプチャーしました。

Google − Year in Search 2019


歴史を通じて、時代が困難なとき、世界はヒーローを
探しに行きます。そして今年、スーパーヒーローと
日常のヒーローの両方であるヒーローの検索が世界中で
急増しました。https://google.com/2019

hn1409.png

hn1410.png

hn1411.png

やっぱり世界は羽生選手に「ヒーロー像」を求め、
そして感じているのですね(*^-^*)

何故なら、色んな困難があっても常に乗り越え、
劇的で奇跡的ともいえる復活をして来たからだと
思います。

特に2018年の平昌五輪の時は、その3か月前に起きた
練習中の脚のケガで、多くの人たちは「金メダルは
難しいだろう」「出場さえ難しいのでは」と思って
いたと思うのですが、それでも出場を果たし、
さらには歴史に残る素晴らしい演技で連覇を達成しました。

まるでドラマのような設定。

「アンビリーバボ―」な瞬間に誰しもが驚き、感動し、
酔いしれたと思います。

羽生結弦は現代が生んだスーパースターであり、
世界中の子供たちにとっては生ける3次元のヒーロー
その物なんだと思います。

いつか、羽生選手の生きざまやスケート人生が
映画や漫画になる日がくるかもしれないですね。
私の希望ですが。( *´艸`)

そんな「時代のヒーロー」感満載の「アナザーストーリー」
が今度は地上波で再放送されることになりました!

NHK地上波 12/28土曜 午後4時〜
アナザーストーリーズ 羽生結弦連覇


hn1412.png

アナザーストーリーズ
▽羽生結弦オリンピック連覇〜メダリストたちが語る最強伝説
「フィギュアスケートで五輪連覇を達成した羽生結弦。あの歴史的快挙の真価と秘話を、3人の超一流が明かした!羽生の前、66年前に五輪を連覇した伝説の選手ディック・バトン(89)が賞賛した意外なポイント!羽生が憧れたロシアの皇帝プルシェンコが語る、独特のすごみ!そして羽生の親友かつライバル、戦いを最も間近で見ていたハビエル・フェルナンデスが友情秘話を初めて激白。表彰式直前、羽生が涙したハビエルの言葉とは?」

28日はちょうど夜勤が入っているので、タイムリーに
見ることはできないのですが、録画をしておいて、
翌日、奈良から帰省してくる息子夫婦と一緒に見ようと
思います。(起きていられるかな?(^-^;)

私はこの番組が好きで好きで…何度見たかわかりません。
永遠に語り継がれる素晴らしい五輪王者の奇跡のストーリー
だと思います。

これをぜひ地上波で放送してほしいという要望が多かった
のでしょうね。

NHKも多くの人に見てもらえる年末に放送するとは。
戦略的ですね。でも嬉しいです。

そして、今やジュニアの男子の世界一となった、
仙台出身の佐藤駿君。

hn1414.png

いつでもどこでも羽生選手の動画を見て研究している
というのですから素晴らしいです。

同郷のスター追い掛け ジュニアGPファイナルVの佐藤駿
時事通信社

同郷のスターを追い掛け、急成長した。トリノで行われたフィギュアスケートのジュニア・グランプリファイナル男子で、15歳の佐藤駿が初優勝した。日本男子4人目の快挙。同じ仙台出身で五輪連覇の羽生結弦(ANA)に大きな影響を受けて育ってきた。

ショートプログラムは3位。フリーでルッツ、トーループと2種類の4回転を計3本決めて逆転した。基礎点の高いルッツは夏の合宿で初めて着氷。同時開催だったシニアのGPファイナルで羽生が2年ぶりに決めたルッツを見て、「こう跳べばいいんだ。あまり力を入れずに」とイメージを深め、成功へとつなげた。

東日本大震災で被災し、小2の頃に埼玉のリンクで一時期練習した。その時期と、中2から指導する日下匡力コーチは「羽生君しか見ない」と笑う。食事の間も移動の車中でも羽生の動画をひたすら見てイメージをつくり、氷上で試してきた。
 羽生から盗みたいのは「きれいなジャンプ、スケーティングの滑り、表現力」と言い、「まねできるように頑張りたい」と目を輝かせる。
4回転は練習でループ、サルコーを含む4種類を着氷しており、5種類目のフリップを見据えている。
 ファイナルの舞台、パラベラ競技場で羽生と話す機会があった。「駿君だったら5回転を跳べるよ」と言われたという。「いや、無理」と照れながらも、うれしそうだった。 

ジュニア男子優勝の佐藤駿 憧れの羽生から
「駿君だったら5回転跳べるよ」

スポーツ報知

同じ仙台出身で憧れの羽生結弦とエキシビションの練習前に会話を交わした。「『駿君だったら5回転跳べるよ』と言われました。まだ4回転4種類しか跳べていなくて、フリップをやろうかな、という話をしたら『フリップをルッツだと思って跳べば跳べるよ』みたいな感じで『軸をこうして跳べば跳べる』みたいなアドバイスをもらいました」とうれしそうだった。

 7日のフリーは、ホテルのロビーで携帯電話で観戦した。羽生の4回転ルッツの成功を見届け「よし、行くぞ」と気合いを入れた。幼稚園時代に、羽生から贈られたペンダントは今でも宝物。試合の度に身につけている。試合後には羽生から「おめでとう。身長伸びたね。ペンダント今でもつけてくれているんだね」と声をかけられ「うれしかった」という。

 「羽生選手のジャンプのきれいさだったり、スケーティングの滑りだったり表現力をまねできるように頑張りたい」。北京五輪の星は勢いに乗ったまま、昨年12位だった全日本選手権へ向かう。

羽生結弦が「大きくなったね」仙台出身の佐藤駿が
“神様”にもらったペンダントを胸にJGPファイナル制覇

中日スポーツ

現在こそ拠点は関東だが、羽生と同じ仙台出身。佐藤を指導する日下匡力コーチは「彼にとって羽生選手は神様。ジャンプはすべてお手本にしている」と言う。昨年8月からの1年間で4種類の4回転を習得した急成長ぶりで、その最後にものにしたのが4回転ルッツ。国際スケート連盟大会では羽生に続く日本人2人目の成功で優勝を呼び込んだ。

 幼稚園児の時に羽生からもらった大事なペンダントをつけていたという佐藤は表彰式で一緒になった羽生からは「大きくなったね。おめでとう」と言われたと、はにかんだ。その偉大な先輩が成し遂げた「オリンピックで優勝すること」が、将来有望な高校1年生が掲げる大きな目標。

こちらは夕べ放送されたものですね^^
動画が上がっていましたので、お借りしてご紹介したいと思います。

動画:ミタパンの深夜レッスン 佐藤駿➕羽生結弦

hn1415.png

hn1416.png

ひたすら憧れの羽生選手を追いかける佐藤駿君。
ちびゆづとチビ駿(笑)確かに雰囲気が似ていましたね。

佐藤君のことは、仙台の期待の星として5年ほど前から
かなり動画なども出ていましたので、私もブログで
何度か取り上げさせていただきました^^

「夢に描いたキセキ」〜佐藤駿物語


「駿君の成長が待たれます」と書いたこともありました。

今、その時が来たこと、中京に押され気味の日本フィギュア界に
あって、仙台からまた一人、五輪金メダルを狙える選手が
現れたことにとても感激しております。

このまま、「神様」と慕う羽生結弦選手だけを見て、
まっすぐに成長していってほしいです。

全日本では表彰台で、憧れの羽生選手の隣に(2位)立てると
いいですね。

これ、見ていませんでした。(/ω\)
ゆづの映像が出たのですね。



国民的スター(^o^)
ですです

さて、昨日届いたこちらの雑誌ですが、本当に羽生選手の
写真集のようでした。

hn1404.png
フィギュアスケート日本男子応援ブック

次から次と雑誌が出るし、買うし、見るのだけど、
ご紹介というかレビューが追いつかないです。(^-^;

通信もジュエルズもまだきちんとご紹介しきれて
いないのに。

応援ブックには全身写真がたくさんあって、これは
すごく嬉しいです。

内容はNHK杯のものばかりでしたけどね。

やっぱり羽生結弦選手は氷の上で演技している時が
一番かっこいいし、美しいと思いました。

スター感、存在感が半端ないですね(∩´∀`)∩

もちろん、リンク外でも可愛い笑顔とか、無邪気な
様子も絵になるんですけど。

現役を続けてくれている間しか見ることができない
貴重なショットだと思うと、どの瞬間もすごく貴重に
感じました。

羽生成分100%!

ぜひ、お手元に置いておかれることをお勧めしたいと
思います。

今日は午後も出かけないので、またあとで更新しますね。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2019-12-13 | Comment(10) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます