羽生結弦 成功への軌跡

メインインフォメーション

yudu36.png

-  |  次の5件 »

明日からファンタジーオンアイスが始まります。


ゆづオンリーーファンの皆さま、こんばんは^^

今年も羽生結弦選手がツール・ド・東北フレンズ
を務めることがわかりましたね。

「羽生結弦選手、今年もツール・ド・東北フレンズ務める
「被災地のみなさんが笑顔になるきっかけに」」


yu974.png

『サイクリングイベントである『ツール・ド・東北 」。
その「ツール・ド・東北フレンズ」として平昌五輪、
金メダルの羽生結弦選手がコメントを寄せた。

平昌五輪では、たくさんの方からの応援や支えを
いただいたおかげで金メダルを獲得し、2連覇を達成
できました。本当にありがとうございました

とあらためて金メダル獲得について感謝。

続けて「被災地のみなさんが笑顔になるきっかけに
なれたとしたら、とてもうれしいです。その被災地を
舞台にした『ツール・ド・東北』は早くも今年で6回目。
僕の出身地の仙台を走る新しいコースも加わるという
ことで楽しみにしています。そして今年も『ツール・ド・
東北フレンズ』を務めさせていただき、大会を精一杯、
応援していきます」
と誓った。 』

『ツール・ド・東北』は、東日本大震災の記憶を未来に
残していくことを目的とし2013年にスタートしました。
仙台市までエリアを拡大したんですね
被災地の復興を願って駆け抜けて欲しいです。

さて、いよいよ明日からファンが楽しみにしている
ファンタジーオンアイスが始まります。

yu900.png

ファンタジーオンアイス公式サイト

幕張公演日程

5月25日(金) 18:00〜21:30 開場は1時間前です。
5月26日(土) 14:00〜17:30 開場は1時間前です。
5月27日(日) 13:00〜16:30 開場は1時間前です。


テレビ放送はBS朝日にて幕張の2日目の分が5月28日の
月曜日、21:00〜22:54
まで。


出演アーチストはケミストリーさんと、May Jさん。

本日からリハーサルが始まりました!

yu975.png

グッズも販売されます。

グッズ詳細はこちらから

yu977.png

ゆづは元気で日本に来られたでしょうか。(*^-^*)
明日行かれる方がた、楽しみですね。

見てこられたらぜひ、感想をお寄せください。

PS;ピンクのバナーが今日の夕方、届きました。
注文された方がたには、郵送でお届けいたします。
ご住所のわからない方には、私からメールをいたします。

早くお届けできるように頑張りますね。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2018-05-24 | Comment(5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必ず最後に愛は勝つ。


ゆづオンリーファンの皆さま、こんばんは(∩´∀`)∩
またもや、ゆづの輝かしい記録が記事になっていました。

羽生結弦が世界のアスリート名声トップ100入り! 
日本人、SNS展開なしでは唯一


yu968.png

『フィギュアスケートで五輪連覇を成し遂げた羽生結弦。
米スポーツ専門放送局「ESPN」選出のスポーツ界の
“名声ベスト100”を決める「ワールドフェイム100」で
日本人で唯一選出されたが、その内容が異例のものと
なっている。

毎年恒例の世界アスリート番付では68か国から600人の
候補者を選出。そこからESPNスポーツの分析グループが
格付けを行うが、その評価基準は3つ。

「サーチスコア」というインターネットなどでの検索回数
スポンサー収入、そして、自身のソーシャルメディアでの
フォロワー数で決定されている。

ソチ五輪に続き、平昌五輪で連覇を果たした「Yuzuru Hanyu」
は70位だった。昨年20位だった男子テニスシングルスの錦織圭は
圏外となり、日本人アスリートで唯一の選出となった。

今回のアスリート100傑でSNS展開をしていない唯一の
アスリート
で、「ソーシャル・フォローイング」の項目は
ただ一人加点ゼロとなっている。

様々なCM出演を果たしているカリスマだが、スポンサー
収入も「不明」
とされた。

100人の中で唯一SNS展開をしていないアスリート、
スポンサー収入も「不明」ながら異例の選出


検索回数でのポイントだけで、100傑入りは、今番付で
唯一の存在となっている。


平昌五輪前の右足故障という危機的状況を乗り切り、
金メダルを獲得したが、世界中で巻き起こした感動の
大きさが改めて浮き彫りになった格好だ。


ウインタースポーツからは羽生を含め3人だけ。』

いつもながらホントに羽生結弦という人の人気、知名度、
実績、人物評価の高さには驚かされます。(*^-^*)

100人中唯一、SNS加点0、スポンサー収入不明…
それでも検索数だけでトップ100入りを果たすのですから。
どんだけすごいの?どんだけ全世界にファンがいるの?
って話ですよね。

羽生結弦という人はこれからも増々、スケート以外でも
あらゆる記録を出し続けていくことでしょう。

さてさて、昨日はこちらの雑誌の中から、とても
感動的な記事をご紹介させていただきました。

yu967.png

フィギュアスケートマガジン 2017-2018 オリンピック開幕号

そこで、今日も同じ雑誌の中から、すでに編集部から離れた
山口真一さんの記事をご紹介したいと思います。

羽 生 結 弦、五 輪 連 覇 へ。
必ず最後に愛は勝つ。
yu971.png

この記事の中に「ギフテッド」という言葉が数回、
出てきます。

「きわめて特別な才能を持つ子供を天からの授かりもの」
という意味でギフテッドと呼ぶのだそうです。
それ以外にも「才能があるがゆえに扱いが難しい」という
意味が含まれるといいます。

フォトグラファーの平田さんは以前、クリケットクラブの
公式練習を見に行ったとき、トレーシー・ウイルソンコーチが
羽生選手のことを「彼はギフテッド」と言っていたのが
印象に残っていたのだそうです。

『クリケット・クラブのスタッフにとって、羽生は日本から
やってきた「特別な才能」だった。彼を世界のトップに
育てることがスタッフの使命で、失敗は許されない。

クリケットに来た当初、羽生のストイックさが彼らには
奇異に映ったかもしれないし、その後、実際に世界王者に
なってからも、次から次に難題が押し寄せた。

最近で言えば、「4回転ルッツは必要ない。これまでの構成の
精度を上げればいいんだ」とブライアンが言っても、
「難しい構成にしなければ試合の意味がない」と羽生は引かない。

特別な才能があるからこそ訪れる、苦悩と試練。
それはスタッフだけでなく、羽生自身が今秋から闘ってきた
右足首のケガにもつながっていく。

羽生が常に勝つことにこだわってきた…だからと言って
必ずしも勝つための最短距離を選ぶわけではない。
だからこそ彼は「ギフテッド」であり、世界王者にまで
のぼり詰めたのだ。

一般論や常識を超える、ひらめきやアイデア。
例えばジャンプミスの後のリカバリーに表われる様に、
恐らく彼の目と頭は、常人には見えないものが見え、
常人が思いつかないことを思いつく。』


このフォトグラファーの平田さんは、ゆづがトロントに
行ったばかりの頃に、レストランで会っているのだそうです。

「彼は有望なスケーターでこれからトロントで暮らすんだ」と、
紹介された時、細い声で「よろしくお願いします」と頭を下げた
羽生選手はとても不安げだったそうです。

『トロント在住の平田さんとしては、「カナダで生活する
ことの意味をどうしても聞きたかったという。

「日本と違い、カナダでは自分を1人の日本人として
扱ってくれる。」(羽生)

日本にいれば多くの人の目にさらされ、トロントでも
あくまでスケート中心の生活。

「日本にもカナダにも心を許せる場所がないとしたら、
彼の居場所はどこなんでしょう。もしかしたら、それは
氷の上だけなのかな。氷の上が彼にとって一番自由で、
自分らしくいられる場所なのかもしれませんね」

五輪を控えた今、ファンの人もまた、ふと気づくと
羽生の姿を思い浮かべ、ファンの人同士で語り合って
いるのではないか。

痛めた右足の具合がどうであるのか、…覚悟を決めて
ドキドキを、ハラハラを堪能してしまおう。
羽生結弦というジェットコースターを眺めるのではなく、
いっそ乗り込んで五輪という旅に添い遂げる。

それが「ギフテッド」にほれ込んだ人として、正しい
五輪の過ごし方のように思える。』


愛と期待感が、羽生の背中を押す

この「マガジン」は羽生結弦という「ギフテッド」が
存在しなければうぶ声を上げることはなかったそうです。

『色々試行錯誤があり、現在のスタイルに行きついたのだが、
フィギュアスケートのファンの方は、「それまで見たことのない」
人たちだった。

「いちずで真面目で間違ったことは嫌い」な人たち。
記事に疑問点があればご意見のはがきがきて、一方で
「前号の記事はよかったです。ありがとう。」なんて
手紙が添えられた菓子折りが突然、送られてくる。

感想を書いた手紙、電話は多数。お正月には年賀状と
お守りが届く。気に入っていただけた内容の本は、
あっという間に口コミで広がり、非常に助けていただいた。

よし、じゃあ編集部は羽生結弦ファンのファンになろう。
−−−と。

色々なサイトを見て回ると、そこには見返りを求めない
愛情があふれていた。

羽生が怪我をすれば、天気の悪い中を神社に通い、
羽生関連の商品が出ると販売元への感謝とばかりに、
お小遣いをやりくりして購入する。

ひたすら純粋で、いちずな人たちに思えた。
羽生ファンの方は彼より年齢が上の人が多いことも分かった。
これは推測だが、年齢を重ねても心のどこかに少女の
一面を持っている人が多い気がした。

何かスポーツをやっている先輩にあこがれを抱くような
初恋っぽさが感じられるのだ。しかし、それでいて大人
としての節度はきちんとわきまえている。

見たい、知りたいという気持ちはあるけれど、それが
羽生の競技の妨げになるならば、その気持ちを押しとどめる。
羽生自身も、そうした大人の女性の愛によってここまで
成長してきたように思える。

実のお母さんは言うに及ばず、仙台時代の阿部奈々美先生、
トロントではトレイシー・コーチとお姉さんというよりは、
お母さんに近い年齢の女性が傍らにいることは、内面に
荒々しさを持つ羽生にとって、きっと大きかった。
大人の女性の存在は、いわば羽生にとって必要なものだった。』


山口さんは羽生選手の11月の11月のNHK杯の公式練習で負った
右足首靭帯損傷という事態を大変、憂慮されていました。

何故なら、『ファンの方とすれば、たとえ事実にせよ、
羽生が苦しむ姿は見たくないだろうし、「がんばれ」という
言葉を使うのが正しいことなのか、例えば軽いジョークを
挟むことが誰かを傷つけることになりはしないかと考え、
日々悩んでいた』
のだそうです。

『とりわけ最も頭を悩ませたのが、どんな言葉で彼を
平昌五輪に送り出せばいいかということだ。

「2大会連続金メダルを期待している」というスタンスがいいのか、
「怪我のこともあるし、演技を見せてくれるだけでいい」
と考えるべきなのか。

それを踏まえたうえでエールを送りたい。
『羽生結弦よ、必ず勝ってくれ」

怪我の状態が軽いものでないことはわかっている。
それでも、前回の金メダリストであり、世界王者であり、
世界記録ホルダーに対して、「演技してくれるだけでいい」
というのは返って失礼だと思えた。

思い切り期待して応援する。それが世界一のスケーターに
対する礼儀ではないかと、』


山口さんは五輪の後、ゆづのファン層に変化が生まれる
ことを予言していました。

今から予言しておこう。この大会で羽生のファン層に
変化が生まれる。大人の女性のファンはさらに増えるだろう。

しかし、それ以上に同年代のファン、特に男性ファンが増える。
どんな状況からも逃げず、前を向いて闘うことを貫く、そんな
羽生の姿を見て男として心が震えないわけがない。
』と。

『今こそ目いっぱいの愛を贈りたい。
これまでそうだったように世界一の愛で、彼を世界一に
押し上げるのだ。』


とても温かい記事でしたね。

山口さんやフォトグラファーの平田さんが気づくといつも
「ギフテッド羽生結弦について語っていた」という話が
面白く、「ああ・・彼らもゆづのファンなんだな」と思いました。

そして、羽生ファンの気持ちを大変良く理解してくださっていて、
羽生結弦ファンのファンになろうと決めて、記事を執筆して
くださっていたことに心から嬉しく思いました。

ゆづを心から愛する「ゆづファン」の思いに寄り添い、
「必ず最後に愛は勝つ!」と書いてくれた山口さん。

五輪では世界中のゆづファンと、応援してくれた記者の
方がたの願いが叶い、羽生結弦は堂々と金メダルを獲りました!

ホントに最後に愛は勝ったのです。

五輪前に出された雑誌ですが、今読んでも感動する
記事が多かったです。(*^-^*)

全てをご紹介することはできませんが、ぜひ、御時間を
取って、読んでいただけたらと思います。

yu969.png

yu970.png

yu973.png

yu972.png

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2018-05-23 | Comment(12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈々美先生が「ロミジュリ」にかけた想い。


ゆづオンリーファンの皆さま、こんばんは^^

今頃ですが、こちらの雑誌を先日購入しまして…

yu967.png

フィギュアスケートマガジン 2017-2018 オリンピック開幕号

さすがベースボールマガジン社!
山口さんの記事も素晴らしかったし、仙台放送局の
スポーツキャスターの方の記事もホントによかったです。

五輪前に出た雑誌ですのでまだ、羽生選手の足の状態が
分からない中での記事だったのですが、記者の方たちが、
羽生選手を思う思いがよく伝わってくる良い内容でした。

一回だけではご紹介しきれないと思いますので、今日はまず、
NHK仙台放送局のキャスターの藤原さんの記事をご紹介したい
と思います。

彼女は「てれまさむね」という番組でスポーツキャスターを
担当されている方だそうです。

印象深い奈々美先生と「ロミジュリ」の日々。
逆境を乗り越えての金メダルこそカッコいい。


羽生選手は小学校高学年か中学生の頃だったかな…

それからトロントに写るまでの期間、ずっと話しを
聴かせていただいていたんです。

仙台にいたころ、羽生選手は電話一本で「いいですよ」
と言って出演してくれていました。だから仙台のお茶の間では
ものすごい人気者なんですよ。』


この藤原さんという方は、個人的には本郷理華選手の
お母さんとは20年来のお付き合いがあるのだそうです。

当時は本田武史、荒川静香が取材対象だったそうです。

そして「次に来るのは?」となった時に、本郷さんから
「あのマッシュルームカットの男の子、絶対に追いかけて
いた方がいいよ」と教えてもらったのが、羽生選手だったのです。

yuzuru286.png

『特集という形で取り上げるようになったのは、彼が中学生になってからです。
当時から自分を俯瞰していて、冷静に分析できる男の子でした。
あるとき羽生選手が採暖室で一生懸命、鉛筆で紙に書き込んでいて、
「何を書いているんですか?」と聞いたら、「次の大会の目標なんです」と。

見せていただくと、点数は確か220点ぐらい。
奈々美先生は点数だけを書く様に言っていて、他の生徒は
そうしていたのに、羽生選手は
「高橋大輔さんに追いつくには僕はどうしたらいいのか」と
1つ1つの項目ごとに詳しく書いていたんです。

例えば、「3Aなら加点2.0取らないとダメ」その他にも
「フリップでは…」「サルコーでは…」と、ものすごくたくさん
書いていました。

驚いたのは「ジャンプだけを成功してもこのくらいの数字にしか
ならない。220点に届くためには技と技のつなぎを正確に、もっと
質を上げていかなくてはならない」と。

普段はかわいらしくて、リンクに行くと遠くから「藤原さ~~ん」
なんて手を振ってくれる愛嬌のある男の子がフィギュアスケートの
話しになると途端に目つきが変わる。そのギャップに驚きました。

とにかく書いてある内容が高度で細かくて「いつもの僕だったら
ここまではできる」「では、ミスをしないためにはどうすればいいのか」と。
それをコーチの受け売りではなく、自分の言葉で表現していて、
そこには驚かされましたね。

荒川さんは「自分が納得する演技を」というように、優勝という
言葉をあまり使わなかった記憶があるのですが、羽生選手は
小さいころから「金メダル」「オリンピック」「優勝」と、
一番高い目標を口にしていた。

そして、そのためには自分はどうしていけばいいのかを
順序立てて考えていた印象があります。


表情、言葉に変化があった震災 逆境を乗り越えて
「表現者」に


『仙台で羽生選手を取材させていただいていたのは、彼が中学生から
高校生にかけての時期。本当に年齢相応の少年でした。

可愛い女子スケーターの名前を上げて「どんな子なの?」と聞くと
顔を真っ赤にして、口をプーっと膨らませながら
「知らない。あんな奴、全然仲良くなんかない」なんて言ったりする。

お母さんがいつもリンクにいらしていて「今日は別に見なくてもいいのに」
なんて言いながら、すごく嬉しそうだったり。
お母さん子で子供らしい子でした。

一方で、これは反省しないといけないのですが、2011年の
震災の時、私たち報道はどうしてもスポーツ選手に過度な
期待をかけてしまった。

羽生選手に関しても『被災地の星」という見方をしていた
と思いますし、地元以外のメディアの方も「被災地の代表として
どう思うか」という質問の仕方をされていたと思います。

その頃から、リンクで羽生選手と会っても、それまで普通に
見せてくれていた表情を見せてくれなくなった。

カメラが回っていない、緊張しなくてもいいシチュエーション
なのに、自分を律するというか、彼の良さを出せなくなっていたんです。
恐らく彼も彼なりに、必死に周りの期待に応えようとして、
言葉を繕っていたのでしょう。

当時は「結弦君」と呼ばせていただいていましたが、あの震災で
彼の印象がだいぶ変わってしまった。
周囲が期待する『羽生結弦像」を必死に作り上げようとして
いたのでしょう。

色んなものを背負わせてしまって地元メディアの1人として
申し訳なく思ったし、小さいころからの素顔を知っている人間として
「可愛そうだな」という気持ちもありました。

震災後には「ロミオとジュリエット」を演じましたよね。
仙台時代の羽生選手は、どちらかというとクラッシックの王道の
曲が多かった印象があるのですが、あのプログラムは違っていました。

yuzuru569.PNG

当時、奈々美先生が話していたのですが、仙台のリンクが
使えなくなってしまい、「アウエー」のリンクを転々とするように
なって、羽生選手はいつも「ごめんなさい」「貸してください」
「ありがとうございます」と、後ろめたい気持ちで全国を回って
いたそうです。

自分の思い通りの練習ができないし、もともと線が細くて
体力に不安があるのに滑り込みもできない。
自分への不安も大きかったはずです。

そういう日々の中で、色んな感情がうごめいてマグマのように
たまっていたものを吐き出す曲。

「今、ゆづには感情をぶつけるプログラムに挑戦してほしい。
だからロミオとジュリエットを選んだ」と奈々美先生は言っていました。

奈々美先生は「いろんな思いを抱えている彼が表現者として
1つ2つ大きくなるチャンスなんだ」と。
「すごく苦しんでいるけど、彼は絶対にこのチャンスを
無駄にしない」と言っていました。

そして、そのために定番のクラシックではなく、ストーリー性
のあるものにするんだと。

奈々美先生は彼のスケート、心の成長をずっと見てきた人です。
その奈々美先生が「ロミオとジュリエット」を彼にぶつけた。

最初は体力が足りずに「通し」ができなくて途中で投げ出して
しまったり、感情移入どころか1本滑りきれないという状態から、
少ない練習時間の中で何ができるか、という時間の使い方も
学んで行った。

壁を与えると、喜んでそれを乗り越えようとする選手だと
奈々美先生は言っていました。

羽生選手が仙台を離れる時は、寂しいなあと思う反面、
彼が世界に羽ばたくということにつながっているなら気持ちよく
笑顔で送り出してあげたいなあ、と。

早い段階で聴いていましたので、気落ちの準備はしていました。
寂しいけど、いつか旅立っていく人なんだと。

トロントに行ったのはそのあと五輪の金メダルを獲った
ことを見ても成功だったと思います。

でも、その一方で、羽生選手の成長期を支えていたのは
間違いなく奈々美先生。

彼にとってどの練習メニューがあっているのかを選択して
彼の成長を妨げずに実力を伸ばしていったのは、絶対に奈々美先生
だったと思います。』


逆境を言い訳にせず、勝つ。そういう羽生選手を見たい。

仙台の人にとって羽生選手はものすごく誇らしくて、
自慢できる地元のスター…といういい方はふさわしくないかな。

地元の子、仙台の子という意識は地元の人の間では本当に
強いと思います。まるで、よく知っている近所の男の子の
話をしている感覚。

でもやっぱり「連続金メダリスト」のチャンスでもあるし、
表彰台の真ん中が一番似合う選手だと思っています。

彼は子供のころから絶対に勝ちたい人で、リンクで後輩たちと
じゃんけんをして負けるとすごく悔しがるほどでした。
普段からそんな感じだから、当然、オリンピックでも1番で
ありたいと思っているはずです。

その日が自分史上最高の羽生選手で結果が金メダルで
あればそれが彼には一番うれしいと思いますし、やっぱり彼が
負けるところは見たくない。似合うのはやっぱり金メダルです。

羽生選手は仙台にいたころから、大会前に怪我をしても
言い訳にせずしかも勝つ人でした。

逆境と言える状況でも、それを乗り越えて勝つのが羽生選手。
彼ならば、必ず逆境を乗り越えられる。そして逆境を乗り越えた
先の金メダリスト羽生結弦こそがカッコいいんだと、私は思っています』


yuzuru290.png


ホントに全くその通り!だという内容のとても胸に迫る
素晴らしい記事でした。(*^-^*)

五輪前に読んでおきたかったなあと思いましたが、
ゆづが連覇した後の今、読ませて頂いても、この記者の方の
期待と不安…でも期待したいと願う強い気持ちがひしひしと
伝わって来る内容でした。

天真爛漫で可愛らしい男の子が、あの大震災を機に少しずつ
変わっていってしまった…そうさせたのは自分たちマスコミ
なのだという、申し訳ない気持ちもよく伝わってきましたね。

胸が痛んだのは、練習をするリンクがなくて「アウエー」
のリンクを借りなければならなかったことです。

15,6歳の多感な時期に遠慮しながら練習をしなくては
ならなかったという、(*ノωノ)

ゆづ、ほんとに辛かったでしょうね。

ゆづこそ、五輪チャンピオンになるのに、一番ふさわしい人
だと思いました。

年若いころから多くの困難を経験し、それでも人一倍の
努力と強い気持ちで乗り越えてきたのですから。

この雑誌の63ページに誰が書いた言葉なのか、
とても素敵な詩が書かれていました。

ALL LOVE FOR YOU

『あなたが跳ぶ姿に
多くの人が励まされるでしょう。

あなたが舞う姿を見て
多くのファンが安堵するでしょう。

あなたの滑る姿を見て
これまでの先生はみな誇りに思うでしょう。

あなたが喜ぶ姿を見て自分のことのように喜び、
あなたが悔しがる姿を見て自分のことのように悔しがる。
そして自分に訪れる幸運を
「私はいいから」とあなたに向けられることを望む。

あなたの周りにいる人たちは、世界一の愛を胸に抱く。
だからこそあなたは、世界一になるのがふさわしい。』

心から共感します。この詩に。

yu956.png

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2018-05-22 | Comment(7) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽生結弦が「史上最高」である理由。



ユヅオンリーファンの皆さま、こんばんは(∩´∀`)∩
今日も元気にゆづゆづいたしましょう。

早速ですが、こちらの話題から。

羽生に大賞 東北運動記者会が表彰

『東北運動記者会が選んだ「スポーツ大賞」の表彰式が
21日、仙台市内で開かれ、羽生結弦選手に大賞(5回目)、
卓球の張本智和選手に特別賞が贈られた。

羽生選手の父秀利さんは「この賞が東北の方々を
勇気づけることになればうれしい」
とコメントを寄せた。』

さすが東北が生んだ英雄ですねヾ(*´∀`*)ノ
日本の宝、世界の宝石。ゆづが大賞受賞です。
お父様のコメントも素晴らしいですね。
ゆづ、ほんとにおめでとうございます。

そしてこちらはレコードチャイナの記事です。

羽生結弦と大谷翔平を紹介も…、中国国営テレビの
「羽生愛」がまたも炸裂!


yu951.png

『2018年5月20日、中国国営テレビのウェイボーアカウント・
央視体育は、「羽生結弦が日本のスポーツ会で最も素晴らしい
童顔選手に」と題した投稿を行った。

央視体育は「羽生結弦と野球の大谷翔平が、日本の雑誌が選ぶ
童顔アスリートのトップに選ばれた」と伝えており、専門家が
2人は典型的な『童顔のサムライ』」と評していることを
紹介した上で、「競技中に見せる鋭い表情とオフで見せる
はにかんだ笑顔とのギャップが女性ファンをとりこにしている

などと2人について解説した。

この投稿に、中国のネットユーザーからは「はいはい。
みんな分かってますよ。CCTVが羽生を愛しているってことは」
「CCTVはやっぱりユヅのファンだね」といった声が寄せられた。

CCTVの微博アカウントは、今年の平昌五輪で羽生を絶賛する
ツイートを連発して「好きすぎて頭がおかしくなった」などと
からかわれており、コメントはそれを意識したもののようだ。

また、投稿された日付の「520」は中国語で「愛してる」
の意味で使われることから、「5月20日にこれを投稿したの
わざとでしょ?」「今日は520。分かってるよ(笑)」
「520にCCTVが高らかに愛を告白」などと指摘する声も
少なくなかった。

CCTVの「羽生愛」を物語るかのように、投稿文では
羽生と大谷の2人を紹介しているものの、添付された写真は
羽生だけ。これについても、ネットユーザーから
「もう一人の選手の写真は?ははは」「羽生びいきがすぎる」
などと冷やかすようなコメントが寄せられている。』

中国の羽生結弦愛はすごいですね(*´▽`*)
ゆづのファンの一人として、とてもうれしく思います。
そして心から感謝しています。

これからも変わらぬ『羽生愛」を熱く語ってほしいと思います。

そしてちょっと前になりますが、こちらの動画が話題に
なっていました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm33079947


"I have to say, he is the greatest ofall time. That’s for sure."
「彼は史上最高だよ。 確信を持って言える」」

ゆづを毎日見ているコーチのオーサーが語っている
のですから、その言葉には強い確信が感じられますね。

オーサーが「ゆづは史上最高」という理由として、
ゆづは何よりもスケートを愛していることを上げています。
yu953.png

yu952.png

彼はドラマチックな音楽が大好きで、エッジを効かせて
速く滑るのも好きだ。

それでコントロールできなくて転んでしまうこともあった。

yu954.png

yu955.png

yu956.png

yu957.png

試合で他の選手と一緒にリンクに立つ彼を見ていて思うのは、
技術面において彼のライバルと成り得る選手はハビしかいない
ということ。

実を言うと僕としてはゆづはハビを追い越すと思っていたけど。

yu958.png

yu961.png

yu960.png

yu959.png

yu962.png

yu963.png

yu964.png

yu965.png

是非、動画を見てオーサーの語るゆづ、ハビ、
そして二人の今後について、聴いてみてください。

オーサーのお話はとても素晴らしかったです。^^

フリーが終わって、ゆづの金メダルとハビの銅メダルが
決まった時、ゆづはすごく泣いてました。

日本では、宇野選手が銀メダルになったことをさも、
羽生選手もそれを願っていたかのように話していた
TV局があったのですが、私はそう思いませんでした。

ゆづはきっと自分が金で、ハビが銀であってほしいと
願っていたのではないだろうか。

日本でワンツーよりも、クリケットでワンツーを
取りたかったに違いないと、そう思いました。

オーサーが言うようにゆづがクリケットに行ってから
6年、ずっとこの二人は切磋琢磨してきました。
サポートしあい、助け合い、時にはライバルとして
激しく戦ってきました。

それでも、この二人はお互いを認め合い、お互いを
称えあってきました。

この6年間の二人の絆は、他の選手には絶対にない
ものなのです。

ゆづ、ハビ、これからも良きライバルとして、そして
仲間として頑張ってくださいね(*^-^*)

ファンタジーオンアイステレビ放送予定。

yu966.png

BS朝日
【幕張公演 5月28日(月)よる9:00〜10:54】
【神戸公演 6月17日(日)深夜1:00〜4:30】


CSテレ朝2
金沢公演 6月3日(日曜日)17:00〜

今週の金曜日から幕張公演が始まります!
そろそろゆづも帰国しますね。(*´▽`*)

PS:バナーのご依頼をいただき、ありがとうございました。
未だ、お返事できていない方もいらっしゃいますが、全て、
承知しておりますので、ご安心ください。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ


2018-05-21 | Comment(10) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆづの空白の3か月がドラマに。


ゆづオンリーファンの皆さま、こんにちは。
福島民友新聞の記事に心温まるエピソードが載っていました。

羽生結弦選手「直筆サイン」 知人通じ小国小に
パネル写真贈る


『福島県伊達市の小国小に11日、平昌冬季五輪
フィギュアスケート男子で2連覇を達成した
羽生結弦選手の直筆サイン入りパネル写真が贈られた。

yu940.png

同校によると、野池さん(東北大名誉教授)は
羽生選手の祖父の知人。野池さんらが立ち上げた
再生可能エネルギー推進協会に、同市小国地区在住の
大沼豊さんが参加していたことから寄贈が実現した。

同校がある小国地区は福島第1原発事故後、一部が
特定避難勧奨地点に指定された。羽生選手は4月の
凱旋パレードの後に祖父から同校の話を聞き、
ぜひ協力させてほしい」とパネルを寄せたという。

パネルにはサインのほか
小国小学校の皆様 元気でがんばってください!」
とのメッセージも添えられた。

野池さんが同校を訪れ根本幸枝校長にパネルを手渡した。
パネルは校内に掲示されるという。』

ゆづはいつも自分に何ができるかを考えているのですね。

東北の星でもある羽生選手の写真パネルとメッセージは、
福島の子供たちの心にも明るい希望をもたらしてくれる
ことでしょう。

それから、しまさんからのご質問にありました、
パレードの見学者に配られた日の丸の旗ですが、
確かめたところ、確かに何か文字が書いてありました。

yu941.png

yu942.png

羽生結弦選手 「2連覇おめでとう」パレード

しまさんに言われるまで全然気づきませんでした(^-^;
教えてくださりありがとうございました。

それから昨日のゆづ会で、るるさんからあの時の
サンスポのコピーをいただきました。

yu944.png

yu945.png

私たちのバナーを振ってくれた可愛いお嬢さんたちです。

yu943.png

可愛い若い娘さんたちもゆづに夢中なのは、
とてもうれしいです。絵になりますね。(*^-^*)

ゆづの空白の3か月間がドラマに!

くりーむしちゅー掘れば掘るほどすごい人

yu946.png

https://youtu.be/0AX1t65kPd4


日テレで、5月25日金曜日 夜19:00からの放送です。

yu947.png

yu948.png

羽生結弦役を演じてくれるのは若手俳優の遠藤健慎君。

yu949.png

雰囲気がよく似ていますねヾ(*´∀`*)ノ
どんなドラマになるのか、今からとても楽しみです。

PS:私が現地で撮影した五輪の動画を今度、
お友達にDVDにしてプレゼントしようと思います。

というのも、一つの動画だけがSEIMEIの曲の著作権の
関係か、ブロックされてどうしても視聴することが
できないからです。

自分で撮影したものなのに、皆に見てもらえないのは
とても残念ですし。

手ぶれで綺麗に撮れているとはとても言えないもの
ですが、一緒に五輪に行ったゆづ友さんにしたら、
記念すべき動画です。

もちろん、平昌に行けなかったゆづ友さんたちにも
プレゼントしようと思っています^^

それから、あのピンクのバナーが欲しいという
お友達がいるので追加で発注しようと思っています。

もしも同じバナーを注文したい方がいらっしゃいましたら、
一緒に発注しますので、コメントかメールを下されば、
今度合わせて発注します。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2018-05-20 | Comment(27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます