羽生結弦 成功への軌跡

メインインフォメーション

yuzuru1859.png

-  |  次の5件 »

明日からスケアメ。&懐かしいゆづ。


ゆづファンの皆さま、こんばんは^^
今日もブログに来てくださり、ありがとう
ございます。

ゆづが出ないと思うと、GPFにも全然、興味が
わかなくて・・。

いつやるんでしたっけ?状態です。

あ、その前にアメリカ杯があるんですよね。

yuzuru34617.png

yuzuru34619.png

アメリカ杯は大好きなボーヤンちゃんが
出るんですねヾ(*´∀`*)ノ

ネイサンも嫌いじゃないけど、私は断然、
ボーヤン派なんでボーヤンが勝つとうれしいです。

あの4回転ルッツは素晴らしいですもん。

日本選手はいないのかなと思ったら、ムラ君が
いたのですね。

もうファイナルは無理ですけど、五輪の3枠めに
入れるよう、頑張ってほしいと思います。

NHK杯で優勝したボロノフ選手も出るんだ

明日の深夜の放送なので録画にしておこう

このアメリカ大会の結果でファイナル進出者が
決まります。

スケアメ出場選手。

無良 崇人(JPN)
ネイサン・チェン(USA)
金 博洋(キン ハクヨウ)(CHN)
ケビン・レイノルズ(CAN)
アダム・リッポン(USA)
マキシム・コフトゥン(RUS)
ダニエル・サモーヒン(ISR)
セルゲイ・ボロノフ(RUS)
ロス・マイナー(USA)
ローマン・サドフスキー(CAN)
閻 涵(エン カン)(CHN)
リアム・フィルス(CAN)

ちなみに女子は宮原選手と坂本花織選手が
出場します。

女子の優勝候補は、さと子ちゃん、ツルスカヤ、
デールマン、ワグナーでしょうか。

さと子ちゃんにも頑張ってほしいですね。

ゆづが出るはずだった今年のNHK杯。

パンフレットだけは、ステキなゆづがいました。

yuzuru34620.png

羽生選手を紹介するページには、このような
ことが書かれていました。

『ソチ五輪からこの3シーズン、男子フィギュアを
牽引してきた羽生結弦。シニアに上がって今年で
8シーズン目となるが、毎シーズン確実に成長し、
その軌跡をしっかりと残してきた。

二年前はこの大会とグランプリファイナルで連続して
世界歴代スコアを更新させ、昨シーズンは試合では
世界初だった4回転ループをプログラムに加えて
2度めの世界タイトルを手にした。

自己の限界に挑み続けてきた羽生が、いよいよ2度目の
五輪シーズンを迎える。ジャンプに入る前と着氷後の
トランジションのむずかしさ、音楽とぴたりと合った
そのタイミングの取り方は、彼ならではの技である。』


yuzuru34622.png

yuzuru34621.png

もしも、NHK杯が今頃に行われていたら、
もしかすると、熱も出ていなかったかもしれないし、
そうしたら、あんな大けがをしなかったのかも
しれないな・・。

ふと、そんなことを考えたけれど、済んでしまった
ことを言っても仕方がないし。(;´・ω・)

今はゆづのケガが順調に回復するのを祈るだけです。

さて、気分をガラッと変えて、今日も懐かしい、
動画を見てみたいと思います。

懐かしい・・珍しいといったほうがいいのかな?

まずはこれ。↓

https://www.youtube.com/watch?v=e6AzHofrNKw


観ていただきたいのはこの踊っている人ではなくて、
この少年です。

yuzuru34625.png

yuzuru34623.png

yuzuru34624.png

yuzuru34626.png


12歳の頃のゆづです。(*^-^*)
フラワーボーイをしていたんですね。

貴重な動画をアップしてくださった方、
ありがとうございました。

それから、こちらの動画はリクエストで放送
された昔のゆづの演技動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=-aaK4oFhfoY


あの2012年のニースの世界選手権の
悲愴と、ロミジュリです。

やっぱり、このロミジュリは何度見ても、
凄い迫力ですね。

これを振付けたのは奈々美先生なんですよね。
ゆづにぴったりの素晴らしいプログラムでしたね。

ゆづの元気な姿が見れるまで、過去の演技動画を
観て、楽しく過ごしたいと思います。(*^-^*)

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2017-11-24 | Comment(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポスター展で印象に残った一枚。


ゆづファンの皆さま、こんばんは(*^-^*)
今日は祝日で、お休みの人も多かったのでは
ないでしょうか。

それから、コメント欄に「自分も仙台の写真展に
行ってきました!」と書いてくださった方が
いらっしゃいましたね。

まだ、お返事ができてなくて申し訳ありません。💧

21日で終わってしまったゆづのポスター展。
とてもよかったですよね。

どの「ゆづ」も素敵でしたが、私が特に
見入ってしまったのが、この写真です。

リンクに入ったゆづとしっかり見つめあい、
固く手を握り合う真剣な顔のオーサーとゆづ。

yuzuru34609.png


「しっかりやってくるんだよ」

教え子が素晴らしい演技をしてくれることを
信じて送り出すオーサーの真剣なまなざし。

それに呼応するかのようにじっと見つめ返している
ゆづの真剣な顔がすごく印象に残りました。

オーサーがいない時におきてしまった怪我の後に、
この写真展を見に行ったからかもしれませんが、
ゆづとオーサーの信頼関係を表すようなこの一枚に
くぎ付けになりました。

この写真のほかにも意外とオーサーと一緒に
写っている写真がたくさんあって、そうした
写真を見ていると、ゆづが故郷の仙台から離れて
すでに5年という月日が経過したんんだなぁ・・と
改めて感じたのでした。

15歳でシニアデビューしたゆづを、それまで
この仙台で指導し、温かく見守ってくれていたのは、
阿部奈々美コーチでした。


yuzuru34616.png


当時の動画を見ると、いつもゆづのそばには、
美しい阿部コーチがいました。

2012年にカナダに拠点を移してからは、
ゆづの横にはブライアンが座るようになりました。

トロントに渡ってからもう5年がたったのですね。

今、ゆづが師と仰ぎ、指導を受けるのはオーサーです。

先日のNHK杯の公式練習で不覚にも転んで
怪我をしてしまい、棄権することになったゆづを
温かく迎え、今後、どうするかを一緒に考えて
くれるのは、このオーサーコーチなのです。

ゆづが信頼を寄せるクリケットクラブと、
チームブライアン、そしてオーサーコーチ。

怪我をしたゆづがポジティブな気持ちをもって、
リハビリと練習に集中できるように、これからも
見守り、励ましてあげてください。

平昌五輪で強い羽生結弦になって戻って
これますように、私たちファンも、ゆづと
オーサーコーチを応援しております。

yuzuru34600.png

yuzuru34602.png

yuzuru34603.png

yuzuru34604.png

yuzuru34607.png

yuzuru34613.png

yuzuru34611.png

yuzuru34615.png

yuzuru34896.png

yuzuru34897.png

yuzuru34899.png

4大陸の時の動画。

https://youtu.be/WV9oI1JOSZI


https://youtu.be/GFV1yRA3h_s


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2017-11-23 | Comment(8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆづはトロントに。&懐かしい動画。


ゆづファンの皆さま、今日もブログに
来ていただき、ありがとうございます。

ゆづは、先週末にもカナダに帰ったようです。

羽生結弦トロントでリハビリ 全日本出場は分からず

yuzuru3487.png

『羽生結弦が、先週末に拠点となるトロントに戻り、
治療とリハビリを行っていることが明らかになった。

22日、都内で行われた日本スケート連盟理事会後、
同連盟の小林芳子フィギュア強化部長が
「先週末に帰り、トロントで治療とリハビリに
専念している」と話した。

18年平昌五輪の代表選考会となる12月21日
開幕の全日本選手権への出場に関しては、
「そこまでまだ聞いていない」と話すのにとどめた。』

スケ連には羽生選手がカナダに帰ったことしか、
知らされていないのですね。($・・)/

全日本には、オーサーが言うことを信じるとしたら、
出場する予定で努力していると思いますが。

怪我の治り具合によるのでしょうね。

くれぐれも無理だけはしないで、五輪を目指して
欲しいと思います。

オーサーコーチ「羽生結弦は心配ない」

https://youtu.be/OdEzSXWdnr0


『重要なのはしっかり治してオリンピックに
集中することです。 全日本は彼にとって重要な
大会だから回復して痛みがなければ出場したいと
言っています。

結弦は今までいろいろな怪我と向き合ってきました。
私たちもポジティブでいることが必要です。
心配いりません、エネルギーを送ってあげてください。



yuzuru34889.png

yuzuru34890.png

yuzuru34891.png

「ゆづは心配ない」
「エネルギーを送ってあげてください」と
笑顔で語るオーサーを見ていると、ホッと
しますねヾ(*´∀`*)ノ

はい!もちろんです。

私たちもゆづとオーサー同様、ポジティブになり、
ゆづに良いパワーを送りましょう

今日は懐かしい4年前のゆづのGPSの動画です。

このころはゴールデンタイムでの放送では
なかったせいか、ゆづのフランス杯の中継を
見ていませんでしたので、こういうテレビの
動画はうれしいです。(*^-^*)

チラ写りの動画なんですが、こういうの大好きです。

https://youtu.be/ZKAzp0jQWvM


そしてこちらは2013年のGPFでのちらゆづです。

堂々たるものですね、ヾ(*´∀`*)ノ

ホントは今年のファイナルも、こういうゆづが
観られたのに・・と思うととても残念ですが。


2013 GPF YH SP 6連前
https://youtu.be/H7_IR47TjGs


2013 GPF FP 男子 6練前1

https://youtu.be/Hj7VBZyJewc


4年前ですからまだ少年ぽさが残る19歳の
時ですね。

yuzuru34892.png

yuzuru34893.png

yuzuru34894.png

いまではすっかり「王者」の風格が漂っていて、
試合の前のゆづは近寄りがたい雰囲気があります。

そこがまた素敵なんですけどね(´艸`*)

さて、今年のゆづの試合の見納めは、全日本に
なるのでしょうか。それとも・・・。

PS:コメント欄で今度はジャッジの採点について、
色々な情報を提供していただきました。

実は私も数日前にそのブログを見ていたので、
話題にしようかどうしようかと迷っていたのですが、
さすがにあの宇野選手の4Loには、「おかしい」と
いいたくなりました。

この動画を見ると、どうしてこれが4Loとして
認められるのか、ほんとに不思議です。
どう見ても回転不足です。

宇野選手の4LoのGIF画像。

それなのに加点が1.86もつく不思議。

フランス杯フリーのプロトコル。

yuzuru34895.png

4回転フリップのGIF画

これは完全に両足着氷してますね。
しかも回転も怪しいです。(^^;

織田くんが「ダウングレードでは・・」と
言っていたのに4Fの基礎点をもらえています。

いつでもどこでも回転不足が見逃されるのは
やはり「おかしい」といわざるを得ません。

それ以外にもいろいろ突っ込みどころが満載な
演技です。

詳しくはこちらのブログでご覧になって観てください。

ガンディのフィギュアスケート分析記録」ブログさん。

ちょっと何かを言うと「アンチ」扱いされがちですが、
こういう「おかしな採点やおかしなジャッジ」に
「おかしい」という勇気を持つことは悪いことでは
ないと思います。

多くの人が声を上げることで、変わっていくことは
あると思います。

ゆづは幸か不幸か、名古屋で行われるファイナルに
出場することはできなくなりましたが、正々堂々と
闘う羽生選手が、こういったおかしなジャッジのせいで
もしも負けるようなことがあったらと思うと、ぞっと
します。(>_<)

そんなのを見ないで済むだけでも今年は、よかった
のかもしれません。

全日本、平昌五輪と、ファンの心配は尽きませんが、
清く正しい羽生選手をこれからも全力で応援して
いきたいと思います。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2017-11-22 | Comment(27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーサー氏の力強い言葉に励まされました。


ゆづファンの皆さま、こんばんは(∩´∀`)∩
ゆづの近況を昨日、オーサーコーチが語ってくれました。

動画をお借りして貼らせていただきました。

https://www.dailymotion.com/video/x69xlrt


yuzuru3478.png

yuzuru3484.png

yuzuru3481.png

yuzuru3482.png

yuzuru3483.png

コーチの力強いお言葉に、私たちファンも元気に
なれましたね(*^-^*)

ゆづは、強さを取り戻せる!
間違いないよ。


もうね、オーサーパパのそのお言葉を待って
いましたよ。

ゆづは絶対に大丈夫

全日本にも間に合うし、五輪ではきっと最高の
パフォーマンスを見せてくれることでしょう。

ゆづ、オーサーとチーム羽生を信じて、怪我を
しないよう、頑張ってくださいね。

こちらの動画もご覧になってください。
野口美恵さんの見解も、「勝つためには必ずしも
4回転ルッツは必要ではない」と話しています。

それでも、飽くなき向上心をもって自分に厳しく、
新しいことにチャレンジしていく羽生選手。

誰も見たことがない景色を見たいから?
なのかもしれません。

https://www.dailymotion.com/video/x69upq8


yuzuru3485.png


そして今日、またまた名誉な賞を受賞したことが
わかりました。

第52回テレビ朝日ビッグスポーツ賞 受賞者

yuzuru3486.png

フィギュアの羽生らにビッグスポーツ賞


『2017年のスポーツ界で優れた成績を残した個人や
団体に贈られる「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」が
21日に発表され、フィギュアスケート男子で世界選手権を
制した羽生結弦・・が選ばれた』

もちろんほかにも選ばれたアスリートの方がたが
いらっしゃいますが、やはりさすが世界王者、五輪
チャンピオン、フィギュア界のレジェンドだけあります。

毎年受賞していますよね(*^▽^*)

ゆづ、今年も受賞することができて、ほんとに
おめでとうございます

来年早々、表彰式があると思いますが、
ゆづは出ないだろうな・・(^^;

五輪を控えているので、こういっては何ですが、
五輪に集中してほしいので、出なくてもいいと思います。


最後に読売新聞の夕刊に城田氏の寄稿が出ていました。

一部抜粋してご紹介しますね。

4回転、種類より質を。
城田憲子

『ここ数年、ジャンプの技術が飛躍的に進歩し、
男子は4回転の種類と数を競い合う流れが続いてきた。
しかし、4回転ジャンプは怪我を負うリスクと隣り合わせだ。
・・・過酷なスポーツだと改めて痛感させられた。

ジャッジを長年務めた経験から声を大にして言いたい。

羽生がトップに君臨する理由は、難しいジャンプを
跳ぶからだけではない。


他の若手のように4回転の種類を追いかける必要はないし、
個々のジャンプの質を高めるほうが重要だ。

強調したいのは、1つ1つのジャンプの完成度が
抜きんでている点だ。


ジャンプは全部で6種類あり、それぞれ踏切で
エッジの使い方が違うが、正しく跳び分ける
選手は意外と少ない。

選手によってはどのジャンプも踏切りや、空中姿勢が
同じに見え、区別がつかないケースも目に付く


非常に気になる点だ。

その点、羽生は6種類のジャンプを正しく、美しく
跳べる数少ない選手なのだ。


しかも跳躍の前後に複雑なステップを組み込み、
演技の中にジャンプを溶け込ませている。

ただ跳ぶだけではない。この完成度こそが
最大の強み。スピンもステップも独創的で隙がない。


こうした技術に裏付けされた演技力も特筆に値する。

これまで多くの選手を見てきたが、彼ほど曲想を
表現できる役者になり切って曲を演じきれる選手は
いなかったと思う。

滑りにフィギュアの醍醐味が詰まっていると思う。

難しいジャンプへの挑戦が、彼のやる気を引き出して
きたのは事実だが、彼にとって怪我が最大の敵だ。

今までとは少し意識を変えたほうがいい。
いい体調でリンクに上がれるかどうかで勝負は
決まるといっても過言ではない。


万全の状態で持てる力を出し切れば、他の追随を
許さないはず。


男子で66年ぶりの連覇を目指す「主役」の不在が、
その存在の大きさを際立たせている。』

ホントにまったく同感です!!!

私もゆづがトップに君臨するのは、高難度の
ジャンプが跳べるからだけではないと、ずっと
思っていましたし、以前の記事にもそう書きました。

オーサーの言う「総合力」でゆづは秀逸なのですよ。

そのすごさを本人はわかっているのかどうか、
わかりませんが、ホントに今季の4回転ルッツへの
挑戦は、五輪が終わるまでは一旦置いといて、
まずは、今跳んでいる3種類の質をより一層高める
方向で頑張ってもらいたいと切に思っています。

恐らく多くのファンも、解説者もゆづの関係者も
それを望んでいるのではないかと思います。

こう書くとまたまた反論が来そうですが、
でも、心配していた怪我を負ってしまった今、
こういう意見に耳を傾けるのも、必要なことでは
ないかと思ったりします。

全てはゆづの五輪連覇の夢の実現のためです。

王者らしい高い質の演技で、他の若手に圧倒的に
差をつけて勝利してほしいです。

ゆづはまだまだこれからの選手です。

五輪後に新たな挑戦をしても全然遅くないのですから。

yuzuru2767.png


PS:ところで、朝日新聞のWebronza
青嶋ひろのから田村明子氏に変わったのですねヾ(*´∀`*)ノ

青嶋に書かせるなと、昨年でしたか、クレームを
入れてからずっと有料会員をやめていたので、
観ていませんでしたが、先ほどたまたまクリックしたら
この記事に飛んだので、見てみました。

NHK杯、羽生結弦の負傷に思う身体的なリスク
平昌オリンピックまで、誰が怪我をせずに続けていけるのか


有料会員ではないので全文を見ることは
できませんでしたが、確かに圧倒的な優勝候補の
羽生選手のケガというアクシデントで、ベテランの
3人の選手の活躍に注目が集まったNHK杯。

近年では珍しい光景が話題になりましたね。

会場で見ていたので、この3人の活躍にもちろん、
拍手を送りましたし、ボロノフ選手はスタイルも良くて、
イケメンでかっこよかったし、ゆづがいないのは、
寂しかったですが、それなりによかったですよ。

田村さんがこのNHK杯に関してどんな記事を
書いたのか、青嶋ひろのの悪質記事と見比べたい
衝動に駆られましたが、しばらくは無料会員の
ままでいようと思いました。

ゆづアンチの青嶋氏はまたまた失礼な記事を
書いていましたね。

私も読みました。

ゆづの人気のすごさを認めているのはわかりましたが、
それも皮肉に聞こえるところが、この人の性格と根性の
悪いところです。

皆さまも読んで気分を悪くしたと思いますので、
あえてどの記事だったかなど、リンクも貼りませんが。

アンチなりにゆづを褒めている部分もありましたし、
メディアが煽っているというのも、同意できる部分も
ありましたが、なんせ、ゆづを侮辱しているような
言葉をあえて使っているのが、許せないです。

良い部分もそういう悪い言葉のせいで台無しに
なってしまいましたね。

所詮はゆづに愛情を持たない人の書いた記事です。

アンチライターとしての仕事を果たして、本人は
満足していることでしょうけど。

ご本人が危惧しているように、羽生選手が引退したら、
多くのマスコミは仕事を失うかもしれませんね。

青嶋氏が真っ先に失業すると思います。


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2017-11-21 | Comment(27) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆづの挑戦にはいつもドキドキだよね。


ゆづオンリーファンの皆さま(*^-^*)
こんばんは。

昨日、更新できなくてすみませんでした。

この話題、もう読まれた方もいると思いますが、
短い記事ですが、良い記事だったと思います。

エース、進化のとき(上) フィギュア男子・
羽生結弦 4回転ルッツ、臆せず挑戦


yuzuru3476.png


『あまりにも一瞬のアクシデントだった。

11月9日。大阪で行われたNHK杯の前日練習で、
羽生結弦は4回転ルッツを試み、着氷時の転倒で
右足首を負傷した。

右足関節外側靱帯の損傷。3連覇を狙った大会を
欠場し「10日間は絶対安静と医師から言われた。
その後、3〜4週間で元に戻るとみている」との
コメントを発表。

前人未到の5連覇が懸かったファイナル進出も
絶望的となった。

羽生が試みたルッツこそ、さらなる進化を
遂げるための新たな4回転ジャンプだった。


羽生が金メダルを獲得した前回のソチ五輪以降、
男子は「多種類の4回転時代」に突入した。

平昌五輪でライバルとなりそうなネーサン・チェンや
金博洋は4回転ルッツを3回転とのコンビネーションで跳ぶ。

ソチ五輪は、サルコーとトーループの2種類の
4回転を携えて頂点に立った羽生も昨季に史上初の
4回転ループを成功させ、種類を3本に増やした。

ただ、フィギュアスケートはジャンプの優劣だけで
勝敗が決まるわけではない。


スピン、ステップ、スケーティング技術を含め、
プログラム全体の完成度の高さで競う競技だ。
羽生の強さはここにもある。


表現力などを示す5項目の演技構成点は、すべて
10点満点の9点台をコンスタントにマーク。
さらに、同じジャンプを跳んでも、美しさで
技の出来栄え点で上積みできる。


羽生のコーチ、ブライアン・オーサー氏が
「トータルパッケージ」と繰り返す総合力で、
昨季の世界王者である羽生は揺るぎなく頂点に立つ。


そのことを裏付けたのが今季初戦となった
9月下旬のオータムクラシックだった。

直前に右膝に違和感があった羽生はショート
プログラムの4回転でループを回避。

サルコーとトーループの構成で世界歴代最高得点を
更新した。関係者の中にも
無理に4回転の種類を増やさなくても五輪連覇は
十分可能」との声がある。


だが、羽生の考えは違った。
挑戦をやめてしまうと、スケートをやっている
意味がなくなってしまう。それじゃ、試合じゃない
だろうというのが僕の気持ち」。


五輪シーズンで4回転ルッツをフリーに組み込み、
GP初戦のロシア杯のフリーで成功に導いた。

けがをしたNHK杯は、大会前の発熱で
コンディションは最悪だった。

4回転はループとルッツを回避した構成で挑む
プランもあった。それでも、ジャンプの感覚を
失わないために、公式練習でルッツに挑んだ。

飽くなき向上心による「進化」の過程で見舞われた
アクシデントだった。


この逆境をどう乗り越えるか。五輪連覇の道で、
王者の真価が問われる。(田中充)』


この方が言うように、羽生選手なら無理に4Lzを
跳ばなくても十分、五輪で優勝できる力があるのに。

また、オータムクラシックで世界最高得点を
更新したプログラムで証明したように、ゆづなら
4回転は「サルコウとトゥループでも十分」だと、
周囲の人も認めているのに。

ゆづなら同じジャンプを跳んでも、美しさで
出来栄え点が上積みすることができるのですから。

でもそういう周囲の気持ちをよそに、羽生選手は
「挑戦しなければ競技をやっている意味がない」と
言い切るのです。

スケートに関しては自分の信念を曲げない、
強い意志を持っているんですね。

そういうところが羽生選手らしくて、好きな
ところでもあるのですが、ファンはいつもひやひや
ハラハラドキドキさせられてしまいます。

今回、ルッツを試みたことによる怪我の影響で、
五輪はルッツを入れるのかどうか・・・

コーチや自分のコンディションとよく相談の上、
決めることになると思います。

そんな折、「羽生結弦」という言葉で検索すると、
とても失礼極まりない記事が2つほど出ているのを
目にしました。

土曜日、仙台に向かう途中でゆづ友さんが、
「この記事腹立つわ(>_<)」と見せてくれたものが、
あの「ゲンダイ」の記事でした。

ソースはあるけど、アクセスしてほしくないから
リンクはあえて貼りません。

『大技固執がアダに 羽生結弦は五輪連覇でも
選手生命の危機』などというタイトル付けちゃって

誰がいつ大技にこだわって、選手生命の危機を
迎えたっつーのよ?"(-""-)"

こういう記事を書いている三流雑誌やライターこそ、
マスコミ人としての生命の危機を感じたほうが
いいと思いますけどね。

羽生結弦選手は世界の宝であり、フィギュア
スケート界のレジェンドですよ!

そのスーパースターに対するリスペクトのかけらも
持っていない人たちに、ゆづのことをなんだかんだと
語ってほしくありません。

『オーサー・コーチによれば、羽生は依然として
大技の成功にこだわりを見せているという。』

これもほんとかどうかわかりませんが、そもそも、
ゆづはロステレであの大技を成功させた訳ですから、
今後、さらに精度を上げ、試合でもコンスタントに
跳べるよう、ルッツに取り組むことをやめないのは
当たり前だと思いますけど。

ゆづはどんな技にも常に一生懸命です。

執着するという意味ではなく、どんな技にも、
完璧にやり遂げたいというこだわりがあるのが
当たり前で、それがなかったら進歩も成長も
しないでしょう。

それにまだ全日本や五輪で4回転ルッツを跳ぶとは
羽生サイドも公表してないでしょう?

この記者の書き方は、「4Lzで怪我をしたくせに、
まだルッツを跳ぼうというのか」という意地悪な
いい方に聞こえて仕方ありません。

あんたこそ、売れない記事を書いているくせに
まだライターにこだわっているの?と嫌味を
言わせていただきますわ。

そしてもう1つのムカつく記事がこれ。↓

これもムカつくからリンクは貼りません。💨

『羽生結弦の五輪危機に連盟が画策する“屈辱の代表入り計画”』
WEB女性自身

記事の内容は、NHK杯を怪我で棄権した羽生選手が、
もしも全日本選手権に出られなかった場合、五輪代表
メンバーに選出するために連盟が取る措置が、ゆづに
とって屈辱的だというのです。

あのね、そもそも『過去に世界選手権3位以内の実績が
ある選手がケガなどのやむを得ない理由で全日本に
出られなかった場合は、発生前の成績を選考基準に
照らして評価し、選考に加える可能性がある。


という規定があって、誰もが知る通り、羽生選手は
世界選手権金メダルは2度の実績がありますし、
2013年以降ず〜〜〜っと世界ランク1位です!

世界最高得点記録保持者であり、今季に限って
言えば、ロシア杯でマークした290・77点は
日本勢で2番です。

こういう素晴らしい実績を積み上げてきたからこそ、
五輪間際になって怪我をしたとしても、その栄光ある
実績がモノを言うわけでしょ?

どこが屈辱なのでしょうか。

むしろ、名誉なことですよ。

栄光の軌跡がこういう時に考慮されるのですから。

言葉の使い方間違えてません?

どいつもこいつもムキ〜〜

こんな失礼極まりないことを書くような雑誌社は
なくなってしまえ

きっと神様からの天罰が下ることでしょう。

神様で思い出した。($・・)/~~~

ゆづにこういう不幸な出来事が起きると決まって
多くの人は「神様が与えた試練かも」と言いますけど、
私はそう思いません。

聖書のヤコブ1章には、試練についてこう書かれて
いるんです。

『試練に遭うとき,だれも,
「わたしは神から試練を受けている」と言ってはなりません。
ご自身がだれかに試練を与えることもないからです。』

神は愛する人々に起きる試練に関与されることは
ありませんが、それを許すことはあります。

神様はその人が試練に遭うことは望まれないけど、
試練に直面している人がそれを乗り越え、成長する
ことを期待して試練に遭うのを許すのです。

だから、ゆづの試練も神様のせいにしないでね。
神は人には善いものしか与えませんから。

「試練」にはもっと深い意味があるけど、このくらいに
しておきたいと思います。

ゆづが怪我をしたり体調が悪い時は、私たちファンも
心配と寂しさのあまり、弱気になったり、心無い
報道を目にするとイライラしたりしがちですが、
そういう時はゆづの元気な動画を見て、癒されましょう。

過去の素晴らしい演技動画でもいいですし、
ファンの人が作った美しいMADでもいいです。

ゆづはもう前を向いて頑張っていると思うので、
私たちも早く元気になってゆづを応援しなくては。


PS:2週続けて旅行をしたことで、うちの中も
しっちゃかメッチャかだし、くだらん記事のせいで
昨日は何を書こうかと考えている間に、いつの間にか
寝落ちしたので、ブログが書けませんでした。

でも、言いたいこと言ってすっきりした(∩´∀`)∩

三流週刊誌ども、ふざけんな💢ですよ。
ホントにね。

ゆづが見たら気を悪くしちゃうわ。

また次にはゆづのステキな動画でもご紹介
したいと思いますので、今日はこの辺で。(*^-^*)

中々コメントにお返事をかけなくてごめんなさい。

匿名希望の方、以前の記事に謝罪の言葉をいただき、
ありがとうございます。

皆さまのコメントはちゃんと読ませていただいてます。

また少しづつお返事も書きますので、気長にお待ち
頂ければ幸いです。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2017-11-20 | Comment(19) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます