羽生結弦 成功への軌跡

メインインフォメーション

yudu36.png

-  |  次の5件 »

昨日のショートプログラムは圧巻でした。


ゆづオンリーファンの皆さまヾ(*´∀`*)ノ
昨日のショートプログラムは圧巻の演技でしたね。

https://youtu.be/QGXcZXRoCS4


新聞、各種メディアも大々的に報道してますね。

羽生が圧巻の演技で首位発進、SP世界最高得点を更新 ロシア杯
時事通信より。

「今回は自分の中でパーフェクトとは言えないけれど、
何とか結果としてノーミスと言っていい出来」と
振り返った羽生は、「準備段階で反省点があった」
「全体的には満足。あすのことは分からないけれど、
全力を尽くしていきたい」とコメントした。

yusu1005.png

羽生結弦、13日後の衝撃! 世界記録更新110.53点、
首位発進に会場総立ち


yusu1009.png

『ヘルシンキの衝撃からわずか13日、今度はモスクワに
熱狂が走った。「秋によせて」に乗せ、リンクを舞った羽生。
冒頭の4回転サルコウを完璧に決めると、勢いに乗った。
会場を一気に引き込み、美しい表現力を披露。
その後もミスもない演技で滑り切り、圧巻の滑りを見せつけた。
モスクワに駆け付けた日本人ファンも熱狂。
総立ちとなって大歓声を送っていた。』

一方、女子のSPではザギトワが80点台を出して、
貫禄の首位に立ちました。

ロシアは美しき五輪チャンピオン二人に熱狂ですね。
ISUも二人を絶賛しているようです。

羽生結弦は「圧倒」、ザギトワは「完璧」 異次元の
“世界新競演”にISU公式絶賛

THE ANSWER

yusu1010.png

『ロステレコム杯は16日に開幕し、男女の五輪覇者が異次元の
世界新記録で競演した。男子ショートプログラムで五輪2連覇の
羽生結弦が110.53点をマーク。

続いて女子SPで平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワが
80.68点をマーク。そろって自身が持つ世界記録を塗り替えた。
ロシアの地で衝撃を与えた2人に対し、大会を統括する
国際スケート連盟公式サイトも「圧倒」「完璧」と絶賛している。

「五輪を2度制した日本のユヅル・ハニュウは今シーズンの
2度目のグランプリ金メダルに向けて男子ショートプログラムで
圧倒した」と伝えた上で「数えきれないほどのファンがクマの
プーさんなどの贈り物で氷上を一杯にした」とフィーバーぶりを
レポートした。

フィンランド大会に続き、男女の五輪金メダリストが
主要大会にそろって出場するのは実に26年ぶりのこと。
平昌五輪後もモチベーションを絶やすことなく、なお
進化を遂げている価値はフィギュア界において大きい。
羽生とザギトワ。現代最強の2人のスケーターはまだまだ
世界を魅了し続けていく。』

本当に素晴らしい二人ですね(*^-^*)
ザギトワ選手も五輪金メダルを獲得した後、休養も
引退もなく、競技会に参加しているのは素晴らしいです。
お美しい二人の活躍を、心から応援しています。

ロシアの名指導者タラソワ氏が羽生と抱擁するシーンを公開

あのロシアの重鎮、タラソワ氏と抱擁したことが
話題になっています。THE ANSWERより

yusu1003.png

『現在はテレビの解説なども務めるタラソワ氏。
羽生についても高く評価しているようだ。』

羽生結弦、焦点は順位よりも得点!? 優勝太鼓判の
海外メディア「数字が物語を紡ぐ」

THE ANSWERより。

yusu1011.png

『五輪連覇中の絶対王者には優勝以外に考えられない――。
今大会の見所は順位よりも得点か。
更なる高みを目指し続ける氷上のキングは圧倒的な
本命と評価されている。』

こちらには昨年のロステレコム杯で話題になった
あの可愛い美少年、ボロノフ君との再会を喜ぶ記事も。

羽生結弦、絵もらったロシアの男の子と1年ぶり再会
日刊スポーツ。

yusu1006.png

yusu1007.png

yusu1021.png

昨年のロステレコム杯で、いきなりゆづに近寄り、
ゆづもびっくりしたあの可愛い少年です。

yusu1008.png

今年もロステレコム杯に来るということで、ボロノフ君も
さぞかし嬉しかったことでしょう。(*´▽`*)

その他、ロシアではゆづの限定グッズが売り切れる
という話題までありました。

羽生の限定グッズが人気 ロシア杯初日朝から品切れ
日刊スポーツより。

会場メガスポルト内の売店では、羽生結弦、
アリーナ・ザギトワらの限定グッズが販売されており、
初日の朝から一部品切れになるなど人気をみせている。

モスクワの世界遺産クレムリンをバックに羽生と
ザギトワの平昌五輪金メダル2人が左右に配置されている
2019年度カレンダーや、クレムリンを背景に「SEIMEI」の
ポーズを取る、

和とロシアが融合した羽生のポスターはいずれも
100ルーブル(約172円)。
ポスター数種類のほか、ジグソーパズルもある。』

yusu1002.png

ゆづグッズは日本だけでなく、海外でもバカ売れなんですね。
もちろん、現地まで応援に行かれた日本のファンも購入している
と思いますが、ロシアでも大人気の羽生選手ですから、
海外のファンもゆづグッズを喜んでいると思います。

その他、羽生選手関連記事。

4回転サルコー、最高得点への号砲 羽生結弦が圧巻SP
朝日新聞デジタル

『冒頭の4回転サルコージャンプが、今季世界最高得点への
号砲だった。4・30点の出来栄え点を引き出した羽生結弦の
完璧な着氷に、会場が一気に沸き立つ。

歓声を追い風に、ステップもスピンも全て最高のレベル4を記録。
隙のない演技で、息をのむようなショートプログラムを完成させた。』

yusu1012.png

yusu1014.png

角野貴之撮影

共同通信。

yusu1013.png

yusu992.png

スポーツ報知より。

そしてたくさんの美しいゆづのお写真がスポニチさんから
出ていました^^

yusu1004.png

yusu1017.png

yusu1016.png

yusu1019.png

yusu1018.png

yusu1020.png

yusu1015.png

写真特集スポニチアネックス(撮影・小海途 良幹)

昨日の「世界最高のショートプログラム」の余韻に
浸りたいと思います。(*´▽`*)

ゆづ、本当によく頑張りました。
フリーでもぜひ、ノーミスの演技を期待してます。

そしてGPS2連勝を果たしてくださいね。


日本時間で表記しています。↓↓

11/17(土)

02:00〜03:20 女子SP

13:45〜14:55 男子公式練習

17:40〜18:50 女子公式練習

19:30〜21:19 男子FS

11/18(日)

01:15〜02:56 女子FS
20:00〜20:45 表彰式
21:00〜23:30 エキシビション

ライストリンク@
ライストリンクA
ライストリンクB
ライストリンクC
ライストリンクYouTube

ライストリンクD
ライストリンクE
ライストリンクF
ライストリンクG
ユーロスポーツ
サブライストリンク

その他ライストリンク

http://tv-eco.com/sport/match-tv
http://telego365.org/match-tv-2.html
http://smotretsport.tv/2-matchtv.html
https://sport-tv.me/match-tv-online
https://areena.yle.fi/tv/ohjelmat/30-21

ロシアライスト


グランプリシリーズ テレビ朝日公式

yuduru126.png

ロステレコム杯 テレビ放送予定。

yuduru145.png

BS朝日でも放送があります。
(エキシビション以外は録画放送です)

11月18日(日)

男子ショート 13:00〜14:30
女子ショート 14:30〜16:00
エキシビション 21:00〜23:30(生中継)

11月19日(月)

女子フリー 12:00〜13:55
男子フリー 21:00〜22:54


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2018-11-17 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽生結弦選手が首位!最高のSPでした。


ゆづファンの皆さまヾ(*´∀`*)ノ
思った通り、ゆづがまたまた素晴らしい演技を
見せてくれましたね!

ヘルシンキの時よりもすごい得点が出ました!

まずは演技動画です。

https://youtu.be/QGXcZXRoCS4


美しい4回転サルコー、そしてカウンターからの
トリプルアクセル。美しい4T-3Tのコンビネーション。

TES 62.44 PCS 48.09 合計110.53

ゆづのプロトコルです。

yusu979.png

10点を付けているジャッジもいましたよ。
しかし…J7ってやけに辛い点数をつけていますね。
どこの国?(/・ω・)/
アメリカですね。もう本当にどうしようもない偏見の国!

ゆづが素晴らし過ぎて、悔しくて下げている
としか思えません。

そういうことをしているとアメリカの選手に
巨大なブーメランが行くかもしれませんよ。

今回、日本のジャッジは1でした。

yusu980.png


フラワーボーイのなかにまたまたあの可愛い
ボロノフ君がいましたね^^
私はあの子のファンになっちゃいました。

本当に可愛くていい子。

https://youtu.be/t8JtCpBUH_E


yusu989.png

yusu990.png

男子ショートの結果です。

スポーツナビより。

yusu981.png

yusu982.png

yusu983.png

yusu984.png

yusu985.png

yusu986.png

yusu987.png

yusu988.png

【写真:坂本清】

「男子ショートプログラムでは、羽生結弦がルール改正後の
世界最高得点となる110.53点で首位発進。
フィンランド大会で自身が記録した106.69点を更新した。
2位にはジョージアのモリス・クヴィテラシヴィリ、
3位にはスウェーデンのアレクサンデル・マヨロフがつけた。
友野一希は4位から巻き返しを狙う。

男子フリースケーティングは日本時間17日、19時30分より
行われる。


羽生選手は五輪チャンピオンらしい演技で堂々の
110点越えで首位に立ちました!

美しかったですよね〜!!
この世のものとは思えないオーラ。美しさでした。
本当に素晴らしかったです。(∩´∀`)∩
世界最強で最高のスケーターですね。

友野君も頑張りましたね。82点で4位です。
このままの調子で行けば表彰台も見えてきます。

明日もフリーの演技があります。
公式練習もライストで見たいですね^^

日本時間で表記しています。↓↓

11/17(土)

02:00〜03:20 女子SP

13:45〜14:55 男子公式練習

17:40〜18:50 女子公式練習

19:30〜21:19 男子FS

11/18(日)

01:15〜02:56 女子FS
20:00〜20:45 表彰式
21:00〜23:30 エキシビション

ライストリンク@
ライストリンクA
ライストリンクB
ライストリンクC
ライストリンクYouTube

ライストリンクD
ライストリンクE
ライストリンクF
ライストリンクG
ユーロスポーツ
サブライストリンク

その他ライストリンク

http://tv-eco.com/sport/match-tv
http://telego365.org/match-tv-2.html
http://smotretsport.tv/2-matchtv.html
https://sport-tv.me/match-tv-online
https://areena.yle.fi/tv/ohjelmat/30-21

ロシアライスト


グランプリシリーズ テレビ朝日公式

yuduru126.png


PS:今日はせっかくのロシア杯だというのに、
仕事がクライアントさんのデータミスのせいで、
残業になってしまって、夜の20:00までに帰れるか
どうか、ひやひやしました。(^-^;

無事に19:00までには帰宅できたのでよかったです。
途中、LINEで「ゆづは最終滑走だから大丈夫だよ」
と言われて安心しましたが、やっぱり最初から
テレビで見たかったし。

明日はライストも見て楽しみたいと思います。

またあとで、美しいゆづの画像などもたくさんキャプして
更新しますね。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2018-11-16 | Comment(10) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアに到着、練習も順調。ガーナゆづも最高!


ゆづオンリーファンの皆様(*´∀`*)
昨夜遅く、ゆづがモスクワに到着した問
情報が飛び込んできましたね。

今日はもう、テレビなどでもゆづのニュースが
多かったのではないでしょうか。
(見れていないので憶測ですが)

そして、先ほど夕方の「Nすた」を見ていたら、
可愛いゆづのガーナのコマーシャルを紹介していました。

そのコマーシャルの動画などは、後ほどご紹介したい
と思います。

まずは、肝心の「公開練習」の様子です。

羽生 公式練習で4回転ループを入念に確認
「いい調整ができている」

デイリースポーツより

yuduru171.png

(撮影・國島紗希)

yuduru178.png

『フィギュアスケートのグランプリシリーズ第5戦
ロシア杯の公式練習が15日、モスクワの会場で行われ、
平昌五輪男子金メダリストの羽生結弦、
昨季世界選手権5位の友野一希らが調整した。

羽生はフリーの冒頭で予定している4回転ループを
入念に確認。4回転トーループ−トリプルアクセルの
連続ジャンプも着氷した。

最後は力強いステップで氷の感触を確かめ、充実の
表情でリンクを後にした。

「痛いところなく今のところいい調整ができている
と思う」と羽生。
「フィンランドに着いたときに比べたら全然いいかな
と思う。今の状態、コンディション、氷の状態を
確認しながら今日を過ごしたい」と話した。

男子ショートプログラムは16日に行われる。』

ゆづ、調子良さそうですよ(*^_^*)
これは期待できそうです。

羽生、日本男子単独最多のGP10勝へ「一つ一つ丁寧に」
…16日からロシア杯


スポーツ報知より。

yuduru172.png

モスクワに到着した羽生結弦(カメラ・高木 恵)

『フィギュアスケートの羽生結弦が14日、GPシリーズ
第5戦ロシア杯が行われるモスクワに到着した。
GPシリーズ日本男子単独最多の10勝目がかかる
一戦を前に「フィンランドの時にできた内容以上の
ものを、頑張ってやろうというのが一番の目標。
一つ一つ丁寧に頑張りたい」と話した。

第3戦フィンランド大会は297・12点で優勝した。
ショートプログラムを含めフリー、合計すべてでルール
改正後の世界最高得点をそろえた。

「試合後はちょっと調子が悪くなったりもしていたけど、
しっかりと戻してこられた。あとは現地での調整だけかな
と思う」。

中1週で迎える今大会で再び世界最高得点をたたき出す。

羽生人気がモスクワを動かした。

地元メディアによると、羽生の安全確保のため、
モスクワ市が厳重警備を行うことになった。


ホテル周辺をはじめ、ホテルから会場までのバスにも
警護を同行させるという。試合に集中できる環境を整える。


今大会3位以内なら男女通じて初の5勝目がかかる
ファイナル(12月6〜9日、カナダ・バンクーバー)
進出が決まる。

昨季は自身2戦目のNHK杯の公式練習で右足首を負傷し、
ファイナル5連覇の夢が絶たれた。
「公式練習を無事終えるように。昨年みたいなことに
ならないように気をつけます」。

GPシリーズは現在通算9勝。
日本男子単独最多の10勝を挙げ、ファイナルに
弾みをつける。』

フィンランド大会のあと、少し調子を落としたようですが、
今では元に戻っているようですね。^^

ロシアがメガスターの警備に尽力してくれているようで、
大変ありがたいです。大事なゆづをしっかり守っていただき
たいと思います。


羽生 モスクワ到着「やれることやってきた」、ロシア杯16日開幕


スポニチアネックスより

yuduru175.png

yuduru176.png

yuduru177.png

「やれることをしっかりやってきた。
あとは現地で調整できることをしっかり調整して臨みたい」
と意気込みを語った。

「試合空けてからすぐなので、試合後はちょっと
調子悪くなったりした。ただ、しっかり戻してこられたので、
あとは現地での調整だけかなと思います」と明かした。

今季のフリーは憧れのトリノ五輪金メダリスト、
プルシェンコさんの伝説的なプログラム
「ニジンスキーに捧ぐ」をアレンジした「Orijin」。
その演技をロシアで滑ることになるが、
「やることはそんなに変わらない。フィンランドの時に
できた内容以上のものを頑張ってやるのが一番の目標。
一つ一つ丁寧に頑張りたいと思います」と話した。』

是非ともフィンランド大会を超えるような素晴らしい
Orijinと秋に寄せてを見せて欲しいと思います(*´∀`*)

◆ロッテ新CM ユヅこだわりマドラー完成

ロッテは14日、羽生結弦出演の新CMウェブ動画を制作し、
15日から配信すると発表した。
「ガーナチョコレート」を使ったホットドリンクを作るために、
羽生監修の「オリジナル羽生マドラー」を製作した。

ホットガーナを作り、画像をSNSで公式サイト
(http://hot ghana-co.jp/)で投稿すると抽選で
500人にオリジナルマドラー3種類がもらえる。

羽生結弦 寒い日に心掛ける「気持ちがホッとする時間を…」
スポニチアネックス

yuduru173.png

新WEB動画は「マフラー男子」編と「マドラー当たる」
編の2本立て。羽生は真っ赤なマフラー姿で優しい表情を
見せているほか、マドラーを使って遊ぶ無邪気な姿も
披露している。

撮影後のインタビューでは、寒い日に心掛けている
こととして「僕は風邪を引いてしまったり、けがを
してしまったりとトラブルが多いので、 なるべく
トラブルが減るように身体を温めたり、気持ちが
ホッとする時間を作るようにしています」と語った。

また、昨季と今季のスケートに対する思いの変化を
「昨季までは、勝負にかける強い思いがスケートにも
表れていました。今年はスケートを純粋に楽しむ
気持ちが生まれてきています。

勝負を楽しむという意味ではなく、自分が挑戦できる
ことを楽しみたいなと思っています」と表現。

目標として「まずはけがをしないこと。昨年は年末に
かけてけがをしてしまった苦い経験があるので。
基礎体力作りとか、基礎に徹底した自分でいたい」
と掲げた。

「スケートをとても楽しんでいる自分と、勝負に対して
強い気持ちで挑んでいる両方の自分が見せることが
出来るかなと思っています。昨季までとはまた違った、
僕の演技なども見ていただけるよう頑張っていきます」
と意気込んだ。

羽生結弦のホッとするWEB動画公開「今日も頑張って!」

東京ヘッドラインより。

yuduru174.png

羽生結弦が出演するロッテ「ホットガーナ」の新しい
WEB動画が公開された。

クッキング動画 羽生結弦 GYAOより動画がみれます!

yuduru179.png

yuduru180.png


ゆづのお手手。

yuduru181.png

yuduru182.png

yuduru183.png

yuduru184.png

yuduru185.png

yuduru186.png

yuduru187.png

yuduru188.png

羽生結弦がマフラー男子になって癒してくれる 動画GYAOより。動画が見れます!

yuduru189.png

yuduru190.png

yuduru191.png

yuduru192.png

yuduru193.png

yuduru194.png

yuduru195.png

yuduru196.png

yuduru197.png

yuduru198.png

yuduru199.png

yuduru200.png

yuduru201.png

yuduru202.png

yuduru203.png

yuduru204.png

yuduru205.png

yuduru206.png

yuduru207.png

yuduru208.png

『動画はいずれも羽生の優しい表情や無邪気な表情に癒される。
「マフラー男子」篇は、赤いマフラーを巻いた羽生が
「今日も頑張って!」または「おつかれさまです」と
優しく語りかけるもの。

「マドラー当たる」篇は、羽生が自ら監修した
「オリジナル羽生選手マドラー」が当たる
キャンペーンを告知するもの。

マドラーは、試作品を見た羽生が、よりパーフェクトな
マドラーを目指し、「結弦だけに、ユヅれない」と
実際に取ったポーズを、指の向き、角度、足の高さまで再現。
羽生のこだわりが細部まで表現されているという。

撮影を終えて羽生は「感謝の気持ちでいっぱいです。
僕らがキャストとして出させていただけるのは、
黒子役の方々がたくさんいてこそ」だとし、自ら
赤いエプロンをつけて「ホットガーナ」を差し入れた。

動画は、「ホットガーナ」公式レシピサイトと、
キャンペーン公式サイトで見られる。』

本当に可愛いくて癒されますね(*´∀`*)
この可愛い男子が本当にあの「絶対王者」と呼ばれる
羽生結弦なんでしょうか。

でも、ゆづなんですよね。

「ドヤ顔」と「ぶりっ子ポーズ」が両方共にあう
男性ってもう、ゆづしかいないんじゃないかな(*^_^*)

かっこいいゆづも大好きだし、可愛いゆづも
大好きだし。

これだもん、ゆづの人気は衰えることを知らないですね。
ますますファンが増える一方だと思います。

明日からのロステレコム杯と、このガーナのゆづと、
両方共、見て楽しみたいと思います。


ロステレコム杯 テレビ放送予定。

yuduru145.png

BS朝日でも放送があります。
(エキシビション以外は録画放送です)

11月18日(日)

男子ショート 13:00〜14:30
女子ショート 14:30〜16:00
エキシビション 21:00〜23:30(生中継)

11月19日(月)

女子フリー 12:00〜13:55
男子フリー 21:00〜22:54

2018年11月15日〜11月18日(日本時間)。

yuduru146.png


11/16(金)

14:30〜15:30 男子公式練習
18:15〜19:15 女子公式練習
20:00〜21:33 男子SP

11/17(土)

02:00〜03:26 女子SP
13:45〜14:55 男子公式練習
17:40〜18:50 女子公式練習
19:30〜21:19 男子FS

11/18(日)

01:15〜02:56 女子FS
20:00〜20:45 表彰式
21:00〜23:30 エキシビション


ライストリンク@
ライストリンクA
ライストリンクB
ライストリンクC
ライストリンクYouTube

ライストリンクD
ライストリンクE
ライストリンクF
ライストリンクG
ユーロスポーツ
サブライストリンク

その他ライストリンク

http://tv-eco.com/sport/match-tv
http://telego365.org/match-tv-2.html
http://smotretsport.tv/2-matchtv.html
https://sport-tv.me/match-tv-online
https://areena.yle.fi/tv/ohjelmat/30-21

ロシアライスト

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2018-11-15 | Comment(5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロステレコム杯のために警備も強化。


ゆづオンリーファンの皆様、こんばんは^^
ロステレコム杯に向けてモスクワでは、
警備体制をしっかりと行ってくれているようです。

「日本人が大勢やってくる」羽生結弦選手の“安全確保を”
モスクワ市が厳重警備

プライムニュース イブニングより。

yuduru148.png

「羽生選手を見るために日本人が大勢やってくる」

『ロシアのモスクワ市が、フィギュアスケートの
羽生結弦選手の「安全確保」のため、警備を行うとの
地元メディアのニュースが、ネット上で大きな反響を
呼んでいる。

記事によると、11月16日からグランプリシリーズ・
ロシア大会に臨む羽生選手に対し、モスクワ市のスポーツや
芸能イベントを管理するポリンスキー事務局長が
「羽生選手を見るために日本人が大勢やって来る。
ファンを制限するのではなく、選手の安全確保のため
バスに警護を同行させ、ホテルの警備も強化する」
などと発言したという。

モスクワ市の厳重警備が伝えられるとネット上で大反響

この記事がツイッター上で翻訳され、ファンに
伝えられるとネット上では…

「自分のファンが周りに迷惑をかけてることに羽生さんは
心痛めてるでしょうね」
「羽生くんが試合に集中できますように」

などと警備が必要となるファンと選手との距離感を
めぐって多数のコメントが寄せられた。』

まさに羽生結弦特需ですね^^
メガスターがモスクワにやって来るのですから、
大変な大騒ぎです。

昨年に続いてロシアで行われるグランプリシリーズに、
羽生選手が出るのですから、ロシアにいるファンは、
嬉しいでしょうね。

そろそろゆづがモスクワ入りしたというニュースが
出てきそうですね。楽しみにしたいと思います。

先週のひどい記事で炎上した週刊朝日、そしてAERAdot
ですが、今週は比較的まともな記事を載せていますね。

羽生結弦「気持ちが高ぶっている」 4回転半を封印した理由

yuduru149.png
※週刊朝日  2018年11月23日号

『絶対王者・羽生は今シーズンも君臨か。
誰もがそう思わずにいられなかった。
フィギュアスケート男子で、オリンピックを2連覇した
羽生結弦は11月4日、グランプリシリーズ第3戦
フィンランド大会で見事に優勝を果たした。

SP、フリーともに今季世界最高点。
一方で、次なる目標として公言していた世界初の
クワッドアクセルを封印した。

「やっぱり試合で勝たないと意味がない。
クワッドアクセルをあきらめた時点で、自分の中で
スイッチを入れた。
だったら、クリーンなプログラムを絶対にしろよって、
プレッシャーをかけて練習をしてきた」

と試合後に語った羽生。
勝負師として勝利にこだわった結果だった。

クワッドアクセルを封印しても、プログラムの完成度は
高かった。フリーでは世界で初めての「クワッドトーループ
+トリプルアクセル(3回転半)」のジャンプを成功させた。

元フィギュアスケート選手の渡部絵美さんは感嘆する。

「ジャンプの回転が本当にきれいでした。
着氷でバランスが崩れるんじゃないかというところで
踏ん張ったところも良かった。
普通の選手だったらバランスが崩れるところなのに、
さすがです」

ノーミスの演技について、現地で取材したスポーツ
ライターの折山淑美さんはこう推し量る。

「のびのびとやるべきことをやろうとしてると感じました。
目標を一つ達成したということで、追い詰められるものも
ないので、気持ちに余裕があったと思います」

また、羽生は今季、ジョニー・ウィアーやエフゲニー・
プルシェンコという自身が憧れていたスケーターたちが
使用した曲を用いる。
それによって、羽生は五輪2連覇を成し遂げてもなお
モチベーションが高い状態を保っていると折山さんは
みている。

「ずっと憧れた選手の曲を使っているので、それに
恥じない演技をしたいというのがあるのでしょう。
ノーミスで演技して勝つことが、彼らに対する
リスペクトだと思っているはずです」

国内では宇野昌磨が羽生の後に迫り、海外勢では
ネイサン・チェンやボーヤン・ジンなど4回転
ジャンパーたちが、羽生を追いかける。

「けがさえしなければ、まだまだ羽生選手の時代が
続くと思います。フィンランド大会に約4千人の日本人
ファンが行ったというくらい、羽生結弦選手には、
ファンを引っ張る力があります。

これからも引っ張ってほしい」(渡部さん)

試合後、報道陣とのやりとりで、
「ロシアに向けて、気持ちがもう高ぶっている状態なので」
と明かした羽生。
クワッドアクセルへの挑戦はあきらめたわけではなく、
今季中の成功を目指していくという。

12月のGPファイナルや全日本選手権、それとも
来年3月の世界選手権か。
今季の羽生も見逃せない。(本誌・大塚淳史)』

朝日は渡部絵美さんの言葉をやたら載せていますね。
まあ。。。いいですけど。(´・ω・`)

一応、無難な記事ではありましたが、また手のひらを
返しておかしなさげ記事を出す可能性もありますから、
安心はできないですね。週刊朝日。

ゆづはもともと試合が始まると、ひたすら勝つために
一生懸命になるひとですから、今季もまた同じように
勝ちに行ってくれるのはうれしいことです。

昨年のロシア大会では、4回転ルッツを成功させたり、
かわいいフラワーボーイのハプニングなどもあり、
いろいろ話題になった大会でした。

https://youtu.be/MmCXwXgYSfI


yuduru151.png

ロシアのゆづファンからのこんな応援もうれしかった
ですよね。

yuduru150.png

また、エキシビションの時は、後ろにいたゆづを
リフトをして持ち上げてくれたりして、周りの
スケーターの方々もゆづと一緒にファンサービスを
してくれたりして、会場を沸かせてくれました。

yuduru152.png

https://youtu.be/Hf1GFoI1wec


2017年ロステレコム杯エキシビションフィナーレ動画。

今年のロステレコム杯では、またどんなドラマを
見せてくれるのでしょうか。(*´∀`*)

岡田将生と時任三郎「羽生結弦選手の応援」で
“親子の絆”を育んだ
 東京ヘッドラインより。

この話題、ちょっとほっこりしました。
親子役で共演した岡田さんと時任さんが撮影の合間に
五輪で演技する羽生選手を一緒に応援していたという
エピソードを明かしてくれました。

『芝居ではすれ違う役どころだった2人だが、撮影中の
エピソードについて聞かれると「テレビを…」という岡田に
「見てたね、あの…」と時任が返し、2人声をそろえて
「羽生結弦!」。

撮影がちょうどオリンピックの時期に行われていた
とのことで「芝居ではギスギスしていたんですけど、
撮影を待っている間はみんなで家族団らんのように
羽生選手を応援していました」と岡田が明かし、
時任も「向こうで“本番!”って言っているのに、
こっちでテレビを見ながら“おお〜っ!”って(笑)。
こたつを囲んでね」と家族のように過ごした時間を振り返った。』

いいですね〜(*´∀`*)
こういうエピソードを聞くと嬉しくなりますね。
あの時は日本国中がゆづを応援していたと思います。

芸能界でも五輪で活躍するアスリートを応援していた
というのは、嬉しいですね。

グランプリシリーズ テレビ朝日公式

yuduru126.png

今週末には待ちに待った羽生選手のGPS第2戦目、
ロステレコム杯(モスクワ)が始まります。

ライストリンク@
ライストリンクA
ライストリンクB
ライストリンクC
ライストリンクYouTube

ライストリンクD
ライストリンクE
ライストリンクF
ライストリンクG
ユーロスポーツ
サブライストリンク

その他ライストリンク

http://tv-eco.com/sport/match-tv
http://telego365.org/match-tv-2.html
http://smotretsport.tv/2-matchtv.html
https://sport-tv.me/match-tv-online
https://areena.yle.fi/tv/ohjelmat/30-21

ロシアライスト

練習、試合日程など。(日本時間で表記)

11/15(木)

16:30〜17:50 男子公式練習
第2グループは 17:10〜17:50から始まる予定。
羽生選手は3番目のようです。

18:00〜 男子滑走順抽選

11/16(金)

14:30〜15:30 男子公式練習

20:00〜21:33 男子SP

11/17(土)

13:45〜14:55 男子公式練習

19:30〜21:19 男子FS

11/18(日)
20:00〜20:45 表彰式
21:00〜23:30 エキシビション


ロステレコム杯 テレビ放送予定。

yuduru145.png

BS朝日でも放送があります。
(エキシビション以外は録画放送です)

11月18日(日)

男子ショート 13:00〜14:30
女子ショート 14:30〜16:00
エキシビション 21:00〜23:30(生中継)

11月19日(月)

女子フリー 12:00〜13:55
男子フリー 21:00〜22:54

2018年11月15日〜11月18日(日本時間)。

yuduru146.png

金曜日になったらテレビにかじりつかなくては!
みんなでゆづを応援しましょう!

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ


2018-11-14 | Comment(7) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽生結弦というメガスターがいなくなったら…。


ゆづオンリーファンの皆さまヾ(*´∀`*)ノ

この記事、本当に的を得ていました。
やはり、今のフィギュア界にはスターは羽生結弦
しかいないということはわかっているんですね。

「ポスト羽生結弦」不在のフィギュアスケート人気の危うさ
記事元はダイアモンドオンライン。

文・星野三千男(ライター、ジャーナリスト)from VICTORY

yusu976.png

羽生結弦が出るかどうかで
視聴率は大きく変わる


『五輪連覇を果たした“絶対王者”羽生結弦がリンクに帰ってきた。
11月3日から5日のグランプリシリーズ第3戦フィンランド大会で
圧倒的な強さで優勝。次は11月16日からの第5戦ロシア大会に挑む。

フィギュアはテレビ界においてはドル箱。ゴールデンタイムでも
安定した数字が期待できます。浅田真央さんが現役だったころは、
20%超えも珍しくありませんでした
し、それ以降は多少落ちたとはいえ
平均15%は超えています。

宇野昌磨選手らもがんばってはいますが、羽生選手が出るかどうかで
視聴率は大きく変わる。いまでも羽生選手の演技の瞬間だけは20%を
軽く超える
んです。日本での視聴率は、業界全体のスポンサー収入に
直結する。今回、羽生選手が参戦したことで放送するテレビ朝日や
スポンサーは大喜びしたことでしょう」
(広告代理店関係者)

プロ野球の人気カードでも数字が取れず、ゴールデンタイムの
地上波放送はほとんど実現しない現在のスポーツ界。

フィギュアスケートの視聴率は、W杯前のサッカー日本代表戦に
も匹敵する。
当然、関係者の誰もが今の人気を維持したいと考えて
いるのだが、フィギュアの取材を続けるあるスポーツ新聞の記者は、
その最大のキーマンである羽生の様子が気にかかっているという。

「試合後のインタビューでは勝利にこだわる姿勢をアピールして
いましたが、五輪を連覇したことで、モチベーションが下がっている
のではないか、と思います。

今大会でも勝つためだけなら必要ないレベルの難易度の高い
プログラム。もはや彼の関心は、自分フィギュアを完成させること。
今回はまだ未完成ということでやりませんでしたが、次の目標として
公言している、公式戦で4回転アクセルを成功させたら、その先の
目指すところはどこになるのか、プロに転向もあるのではないかと
囁かれています」

羽生や高橋大輔が出場しないと
完売にならない選手依存の弱点


浅田真央や高橋大輔、羽生結弦の活躍で大人気となったフィギュア
スケートだが、日本では長年マイナースポーツとして扱われてきた。

“数字をとれる”人気スポーツとなったのは、2006年トリノ五輪で
荒川静香が金メダルをとって以降のことだ。

「もともとフィギュアはヨーロッパやアメリカで人気のスポーツ。
シーズンオフに行われるアイスショーには大勢の観客が訪れます。
ただ日本と異なるのは、ヨーロッパにおけるフィギュアのメインは
男女で行うアイスダンスだということ。日本ではシングル競技が
メインのように思われていますが、ヨーロッパでは氷上の華麗な
ダンスを楽しむファンのほうが多いんです」

 実は、そこに日本フィギュアの問題点が隠されている。

「欧米にはフィギュアという競技そのものを楽しむ文化がありますが、
日本の場合、選手個人のファンが多い。

競技に復帰した高橋大輔も羽生結弦もメインのファンは、おばさま方で、
はっきり言ってしまえば、ジャニーズや演歌歌手の追っかけと同じ(笑)。

だから羽生や高橋が出るアイスショーはすぐに完売になりますが、
それ以外の選手だとなかなかチケットがさばけない。


浅田真央も引退後に自身でアイスショーをプロデュースしていますが、
大きな会場を埋められるほどではない。彼女は視聴率は持っているけど、
動員はそれほどでもない。テレビで応援したいタイプの選手
なんです。

華やかさでいえば、羽生以上の存在はなかなかいません。
選手個人ではなく競技自体の人気がもっと上がらなければ、
羽生の引退で一気に人気が落ちる可能性もあります」(テレビ局関係者)

羽生の次のスターが誕生しないと
再びマイナースポーツに逆戻りも


スポーツがひとつの文化を形成していくために欠かせないのは、
その競技の経験者だ。リトルリーグや野球部の出身者がプロ野球の
ファンになり、サッカー部の出身者がJリーグのファンになる。
だが、フィギュアスケートの経験者は、それらに比べると
悲しくなるほどに少ない。

「本格的にフィギュアを始めたいと思っても、練習場や教えられる
コーチの数が限られているんです。常設のリンクは東京、横浜、
名古屋、仙台、福岡などごくわずか。

しかも競技を続けるには、莫大な金がかかる。
練習場所を確保し、コーチや振付師を雇い、音楽や衣装を用意し、
さらに海外への遠征費もかかる。最低でも年間1000万円は必要
です。

いまその資金をスポンサー契約料でまかなえるのは、男女あわせても
羽生と平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨くらい
でしょう。
他の選手は、アイスショーなどのギャラでなんとか競技を続けて
いる状態です」

競技自体の人気上昇が望めないとなると、やはり頼みは個人の人気。
フィギュア人気を支え、維持するための“ポスト羽生結弦”の候補は
あらわれるのか?
 男子なら宇野、女子なら宮原知子や坂本花織、
本田真凜など次の「北京五輪世代」も奮闘しているが……。

浅田真央の物語性や羽生の圧倒的な華やかさ。
若い選手たちには、まだそういうスターの要素が欠けている。
演技や勝利だけではないドラマティックな要素が必要だと思います」

荒川静香が火をつけ、浅田真央・高橋大輔が盛り上げ、
羽生結弦が大きく育てたフィギュア人気。
彼らに並ぶようなスターが早く出てこなければ、再び
マイナースポーツへと逆戻りする可能性もある。』

この記事に大方賛同しますが、強いて訂正させていただくと
したら、高橋大輔さんが出演しても、チケットは「完売」には
ならないと思いますよ。(^-^;

4年ぶりの現役復帰に世間ではちょっと話題にはなって
いるようですが、彼が引退した後、いくつかショーにも
出演されていましたが、チケットは完売ではなかったように
思います。

羽生選手がソチ五輪で金メダルを獲るまでは、確かに
高橋選手の方が、人気は高かったとは思いますが、
それでも浅田真央さんほどの人気はありませんでした。

しかし、今ではその浅田真央さんさえ、羽生結弦選手の
人気にはかなわないでしょう。

この記事にもあるように、今、羽生選手より下の世代が、
確かに頑張ってくれてはいます。

女子も実力のある選手がたくさん育ってきていますし、
大技を決めて「日本女子は強い」ということを世界に
知らしめてくれた紀平りかさんなど、将来有望な存在
だと思います。

それでも、あの浅田真央さんブームの時のような、
ブームにはなっていないような気がします。

そして男子ですが、五輪2連覇、世界選手権2度の優勝、
グランプリファイナル4連覇、全日本選手権4連覇、
そして世界最高得点記録保持者でもある羽生結弦選手は、
日本だけでなく、今では世界中からも「大人気」なのは、
今更言うまでもありません。

彼は強いだけでなく、美しいプロポーションに加え、
東洋一の美少年(美青年)と言われるほど、ルックスも美しく、
氷上では誰よりも華やかであり、オーラがあります。

実力、容姿、人間性、実績。そして人気。
そんな全ての要素、条件がそろった羽生結弦選手のような
スター性を持ち合わせたスケーターは、過去にもいません
でしたし、これからさきも出てくることは恐らくないでしょう。

私たちファンよりも、テレビ関係者や、スケート連盟、
雑誌社、広告代理店などは、羽生選手が現役を退いたあとの
フィギュア界の衰退ぶりを想像すると身震いがするのでは
ないでしょうか。

だからなのでしょう。スケート連盟もマスコミも
大スターである羽生選手が引退した時のことを考えて、
「スター選手」を作ろうと必死になっています。

恐らくそのために白羽の矢が立ったのが宇野選手や、
本田真凛選手なのかもしれません。

彼らを「真央越え」だの「羽生越え」だのと謳って、
実力以上に持ち上げているのは、スター不在のフィギュア界を
作りたくないという、危機感の表れなのでしょう。

しかし、マスコミやスケート連盟のやっていることは、
スターを作るどころか、「アンチ」を増やしているに
過ぎません。

先日のNHK杯での不可解な異常ともいえる「えこひいき採点」
を見て、それによってトップに立った選手のことを、誰が本気で
「素晴らしい」とか「かっこいい」と思うでしょうか。

スケート界やマスコミはそれをもくろんでいるのかも
しれませんが、私たち一般人はそれほど愚かではありません。

特に、羽生選手を愛するファンである人たちは、それこそ、
「超一流のスケーター」の演技をいつも見て、目が肥えて
いますから、それよりもレベルの低い演技を見て
『羽生を超えた」と、アピールされても、それを信じる
ことなどできませんし、むしろ嫌悪感さえ感じてしまいます。

そこまで「嘘」や「誇張」をしないと誰からも注目して
もらえないなんて、必死過ぎて返って白けてしまいます。

完璧に『羽生選手に次ぐ第二のスケーター」を作ることに
失敗しましたよね、日本のフィギュア界は。

マスコミが喉から手が出るほど欲しい「ポスト羽生」は、
そのような方法では決して作られることはないでしょう。

無理やり「羽生を超えた」と煽ったり、羽生選手と
比べるのではなく、常に「王者」をリスペクトしながら、
ともに成長しているという姿を見せたほうが、彼のファンも
増えただろうと気の毒にさえ思います。

そしてこのフリージャーナリストさんが書いているように、
大スターである羽生結弦選手が引退した後は、フィギュアスケートは
以前のようにマイナーなスポーツになり、チケットも売れず、
スケ連は大赤字で、衰退の一途をたどることになるでしょう。

羽生選手を大事にしていない日本のスケート界の
自業自得だとも思いますけどね。(^-^;

そうならないためにも、これからさきの試合では、
スターを作ろうとしておかしな採点をして実績を作る
お手伝いをするのではなく、公正にフェアに採点をして
全ての選手が実力に見合った結果を得ることができますように。

それがフィギュアスケートの未来を作ることになると
私は思います。

PS:この間はひどい記事を載せていた、AERA。dotですが、
今度はわりとまともな記事を載せていましたね。

羽生結弦が世界を驚かせた今季初戦 演技構成の裏の“狙い”〈AERA〉

『フィギュアスケート男子の羽生結弦が、今季世界最高得点で
GPシリーズ初戦優勝を飾った。五輪連覇の王者は、史上初となる
大技も決め、世界を再びあっと言わせた。

2位との差は、約40点。次元の違う圧倒的な実力を見せつけて、
羽生結弦はリンクを支配した。

グランプリシリーズ・フィンランド大会。
自身にとってはGPシリーズ今季初戦だったが、ショートプログラム、
フリーとも今季世界最高点をたたき出し、合計297.12点をマークした。

「やっぱり、勝たなきゃ自分じゃない」

試合後、負けず嫌いの性格をそのまま言葉に乗せて、
優勝をかみしめた。

この一戦の羽生を語るには、開幕前を振り返っておく必要がある。

「『結果を取らなくては』っていうプレッシャーがすごく
あったのが、今は外れていて。自分のために滑ってもいいのかな」

2月の平昌五輪で、連覇を達成。重圧と得点のしがらみから
解放された心境を口にしたのは、新シーズンを目前にした8月の
ことだった。

「自分らしく」に力点を置く今季。だからこそ、プログラムの
曲には、憧れのスケーターが使っていた曲を選んだ。
SPは元全米王者ジョニー・ウィアーの「秋によせて」。

フリーは、ロシアのエフゲニー・プルシェンコの代表プログラム
「ニジンスキーに捧ぐ」のアレンジ版を演じる。
いずれも小学生のころから憧れを抱いてきた伝説的な選手だ。

ただ、9月下旬、カナダで挑んだ今季初戦オータム・クラシックで
感じた悔しさが転機になった。

合計263.65点で優勝はしたが、内容は低調なものに。
「めちゃくちゃ悔しい」と漏らした通り、例えばSPの足を替えての
シットスピンは規定要素を満たせず、無得点に終わった。

「やっぱり勝たなきゃ意味がない」

不満の残る演技が、王者のプライドを刺激した。

「五輪後、ある意味でちょっと抜けていた気持ちの部分が、
また自分の中にともった」

そこから約1カ月。羽生は攻めのプログラムを携え、
フィンランドに乗り込んできた。

カギは、ジャンプにあった。まずは11月3日にあったSPだ。
ジャンプ要素は三つ。最後の一つを演技後半に跳べば、
基礎点は1.1倍になる。

ところが、オータム・クラシックでは全てを前半に跳んでいた。

「曲調に合わせて前半にジャンプを跳んで、その後、
盛り上がるところでスピンとステップをやりたい」

得点よりも流れを優先させる。そんな狙いからだった。

だが、今回は最後の4回転−3回転の連続トーループを以前より
約10秒後ろにずらし、「演技後半」と見なされる1分20秒過ぎに
もってくるプログラムに変えた。

ステップとスピンを全て後半に詰め込む構成は壊さないよう、
振り付けと編曲を改めて練り直したという。

本番。冒頭の4回転サルコーで4.30点の出来栄え点(GOE)を
引き出す衝撃の滑り出し。後半に組み込んだ4回転−3回転も含め、
三つのジャンプをほぼ完璧に降りると、スピンは当然のように
全てが最高のレベル4と判定された。

翌日のフリーで、世界はさらに驚くことになる。

国際スケート連盟の公認大会で成功者のない史上初の大技
「4回転トーループ−3回転半(トリプルアクセル)」を着氷したのだ。

助走なしで3回転半を跳ぶのは、極めて難しい。
ただ、着氷から3回転半へ向かう途中で、足を一度踏み替える
必要があるため「連続ジャンプ」にはならない。
結果、至難の業の割に基礎点は0.8倍に。
それでも、羽生は「僕らしいジャンプ」と言う。

実は、構成上2回転ジャンプを跳ぶ必要がなくなるため
得点増が見込める。「自分のために」というポイントは
保ちつつ、したたかに高得点を狙う戦略がにじむ構成だ。

フリーも七つのジャンプ要素を全て着氷し、超高難度の
プログラムを鮮やかに滑りきった。

シニアデビュー9年目。数々の勝利を手にしてきた羽生だが、
GPシリーズ初戦を制したのは意外なことに、今回が初めてだった。

「GP初戦としてはよかったと思います。全部立てたことは大きい」

ただ、この程度で満足はしない。

特にフリーは、勝負の4回転トーループ−3回転半で着氷が乱れ、
GOEがマイナス評価。
他にも二つのジャンプで回転不足の判定を受けた。

「試合っていうのはすごく自分を成長させてくれるんだなと
改めて思う。課題も見つかって、心の灯に薪が入れられた状態。
しっかりこれからまた練習して良い演技をします」

GPシリーズ2戦目は11月16日から、ロシア・モスクワで。

これ以上の演技をするっていうことは、挑戦しがいのあるところ。
また楽しみたいなって思います」

目指す場所はもっと先。得点を求めつつ、自分らしく──。
頂点を極めてなお、羽生は攻める。
(朝日新聞スポーツ部・吉永岳央)

※AERA 2018年11月19日号より抜粋』

このほかの記事にも 「羽生結弦「終わったから言うんですが…」 
今季初戦の裏側告白〈AERA〉


yusu977.png

というのもありました。
ゆづが回転不足になるなんてめったにないことなので、
やはり氷の状態が関係していたと知って、ちょっとホッと
しましたよね^^

ロシアでは、氷も体調もよい状態で臨んでほしいと思います。

yusu978.png

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ


2018-11-13 | Comment(9) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます