羽生結弦 成功への軌跡

メインインフォメーション

yuzuru1859.png

-  |  次の5件 »

ぐちゃぐちゃだった・・・でも、収穫はあった。


ゆづを心から愛する皆さま、こんばんは。

昨日の素晴らしいSPで世界中を歓喜の渦に
巻き込んでくれた羽生選手でしたが、一転、
今日は残念で、口惜しさの残る結果となりました。

多くの報道陣もおそらくここまでゆづが、
ミスして逆転で2位に甘んじることになろうとは、
予想もしなかったに違いありません。

もちろん、ファンの私たちもそうでした。

ただ、ハビが出場していることもあり、心のどこかに
2015年のボストンワールドのようなことになりは
しないかと、不安がよぎりました。

2014年、中国杯の衝突事故の後に出場したNHK杯の
悲惨なフリーを目の当たりにしたこともあり、
「どんなにひどくてもあれ以下になることはない」と
思っていましたが、まさかそれに匹敵することに
なろうとは・・。

一番悔しいのはもちろん、羽生選手ご自身です。

ファンである私たちは、今日一日だけは一緒に
悔しがりたいと思いますが、明日からは前を向いて、
全力でゆづを応援していきましょう。(*´▽`*)

辛いですが、フリーを終えた今日のマスコミ各社の
報道から、ゆづの言葉や気持ちを拾っていきたいと
思います。


yuzuru2984.png


https://youtu.be/aHKfeR9bufw



羽生はつぶやいた「もうしょうがねえ」

◇フィギュア オータム・クラシック 男子フリー

『ジャンプが、決まらない。一つ、二つ、三つ−−と
失敗が重なる。演技後、羽生結弦は「もうしょうがねえ」
とつぶやいた。

世界歴代最高得点を更新した前日のSP後に
「ちゃんとここまでできたよ。ほら見て」と少し
得意げだったのとは一転した。

右膝に少し痛みがあるため、前半三つのジャンプは
いずれも3回転と難度を下げた。

だが、「逆に思い切ってできない難しさがある」。
慎重になり、冒頭のルッツが1回転になったのを
きっかけに、集中力がなくなって崩れていった。


後半。二つの4回転トーループはいずれも2回転になり、
得意のトリプルアクセルは転倒。最後に予定を変えて
再び跳んだ4回転トーループも回転不足となって両足で着氷した。

約2分50秒のSPでは右足は何とかなったが、
約4分半のフリーでは踏ん張り切れなかった。

雑念がすごく多くて、ぐじゃぐじゃになっちゃったな」。
もどかしさが募る。

フリーの150点台は演技直前の6分間練習で
中国選手と衝突事故を起こした2014年11月の中国杯、
その後のNHK杯以来だ。

ただ、SPの演技は「オリンピックで優勝するぞ
という印象としてはものすごく強いものがあった」
と自負している。

「強い自分を追いかけながら、またさらに難しい
構成で追い抜いてやろう」。

負けん気の強い羽生の中でふつふつと燃え上がる
ものが、わいてきた。』【福田智沙】

yuzuru2980.png


2位の羽生結弦「集中力の弱さはスケート
人生の中で永遠の課題です」/フィギュア



yuzuru2976.png


『オータム・クラシック最終日、羽生結弦は
合計268・24点で2位だった。

ショートプログラムでは世界歴代最高得点の
112・72点をマークし首位に立ったが、
フリーは155・52点にとどまった。

元世界王者のハビエル・フェルナンデスが
合計279・07点で優勝した。

羽生は「良いときと悪いときの差が激しい。
集中力の弱さはスケート人生の中で永遠の課題です

と、悔しさをにじませた。

悔しさという大きな収穫を手に入れられた」と、
ときより明るい表情も見せた。』


羽生結弦 ハビに逆転許し今季初戦は2位 
フリーは回転不足に、転倒も「考えすぎた」


yuzuru2978.png


『SP首位の羽生結弦は、フリーでは苦しい演技となり
155・52点で総得点は268・24点で2位に終わった。

演技を終えた羽生は悔しそうに手を振り下ろし、
上を見上げた。

次の滑走だったフェルナンデスの演技を見守り、
拍手を送った羽生は、
最初のルッツが抜けちゃって、4回転ループを
跳ぶことも一瞬考えた。そういう1つ1つの雑念が
すごく多かった。いろんなことを考えすぎてぐちゃぐちゃになった。
悔しさっていう大きな収穫を手に入れることができた

と次戦に向けて闘志を燃やしていた。


yuzuru2983.png


羽生 SP世界最高からフリー失速…まさかの2位 
ミス連発で逆転喫し大会3連覇ならず


羽生は今季初戦。右膝痛のため難易度の低いジャンプに
変更しながらも、SPは完璧な演技を披露。2
015年12月GPファイナルで自らが出した
110・95点を2季ぶりに1・77点更新した。


yuzuru2981.png


羽生 約3年ぶりの150点台…自己ベストから
マイナス67点「もどかしい」



yuzuru2979.png


『14年NHK杯以来約3年ぶりの150点台に
とどまり、フリーだけでは5位だった。

その14年のNHK杯以降は、170点すら切ることは
一度もなく、自己ベストの223・20点には約57点も及ばない。

「悔しさっていう大きな収穫を手に入れることが
できた。もどかしい悔しさです」とかみしめるように
話した羽生。

「強い自分を追いかけながら、またさらに難しい構成で
追い抜いてやろうと思っている」と次戦での雪辱を誓った。』


yuzuru2982.png


こうして読んでいても、いかに悔しかったかがわかります。

SPで世界最高を更新したばかりで、まさかの155点・・。

悪夢としか言いようがありませんでした。


yuzuru2985.png


普段から高難度の構成で演技しているだけに、
プログラムの難度を下げてしまうと、返って
演技がしづらくなってしまったのでしょうね。

3回転と4回転ではそもそもタイミングも違うので。

せめて今回だけでも、あの伝説のSEIMEIを演じた時の
構成で挑めなかったものかと、悔やまれます。

さすがに落ち込んだ私でしたが、1:55からの
「神様から選ばれた試合」を見て、少し気持ちが
復活しました。

あの番組の中で、いかに15年のファイナルのフリーが
素晴らしいものだったか。

あの時、ゆづは初めて試合で「恐怖」を感じたと
言っていました。

それくらい、自分が作った「世界最高得点」という
大きな壁を乗り越えることが大変なことだったか。

ライバルたちに贈られる拍手と歓声を裏で聴きながら、
「自分は何をしたらいいのだろう」というイライラと
闘っていたことなど。

今回、たまたまぐちゃぐちゃになってしまった
演技を見た後だっただけに、「王者」が抱える
プレッシャーの大きさ、大変さ、恐怖感・・・が、
わかった気がしました。

ゆづはいつもこんなに緊張しているのかと思うと、
まだまだ現役でいてもらいたいというファンの思いは、
エゴなのではないかと思えて来ました。

このようなプレッシャーから早く解放してあげたい
という気持ちになりました。

でも、もしかしたらゆづはそんな緊張やプレッシャーも
楽しんでいるのかも知れませんね。(*^-^*)

私たちは何があっても、ゆづを心から応援するだけです。

今回の「ミス」を教訓に、ゆづはますますパワーアップ
してくれることでしょう。

ゆづ、来月のGPSロステレコム杯に期待しています。

頑張ってくださいね。(*´▽`*)

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2017-09-24 | Comment(8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆづのフりー。


ゆづの初戦が終わりました。

結果としては・・・2位でした。(;´・ω・)
ゆづの初戦、毎年同じスコアを維持しています。

ショート112.72.
フリー 155.52 
トータル 268.24

優勝はハビエルでした。

とはいってもハビエルも不調で、フリーは
177点でした。トータル、279点でした。

でもまあ、ゆづの初戦はいつもこんな感じなので、
今まで強敵が出ていなかったこともあり、順当な
出だしでした(*^-^*)

安定の260点台。

プロトコル

ほとんど4回転ジャンプがなかったし、
成功したのは4T3Tのコンビだけ。(^^;

トリプルアクセルでさえ、失敗・・・。

yuzuru2975.png


動画出ました!

https://youtu.be/uYx2WzIXvZ8


見るのも辛いんですが・・・(/ω\)
ゆづがこんなに調子が悪いのは久しぶりに見ました。

何かあったに違いありません。

体調?膝の具合とか?

心配ですね。

この後のテレビでその辺のことは、インタビューで
語られるかもしれません。

私たちはジェットコースター羽生号に乗っているので、
今季も一緒にハラハラドキドキ、悲鳴をあげることが
増えそうです。

今回はゆづの自滅みたいなものでしたので、惜しくも
逆転負けしてしまいましたが。

このままでは終わらないのが羽生結弦です。

今日のことを糧にして、今季はますます強くなるに
違いありません。

ゆづ、私たちは心配していません。
ゆづを信じています。

まだまだ、これからです。

今季は始まったばかり。

焦らず、SEIMEIとバラード1番に磨きをかけて
五輪2連覇、果たしてくださいね。


yuzuru2974.png


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2017-09-24 | Comment(29) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽生結弦、一問一答&今日はフリー。



おはようございます(*^-^*)
ゆづの今朝の練習の様子が動画で上がっていました。

https://youtu.be/Tj77N6naTGI


ゆづ、練習ではジャンプは抜けている時も
ありますが、SPの時もそうでしたので、特に
心配することもないと思います。

ノーミスでなくてもいいですが、せっかく
SPで貯金をしたので、それを減らさないためにも
200点くらいは出したいところです。

後半に4回転を3つ跳ぶということですので、
以前の構成と同じ4回転3つではあっても、基礎点は
今回の方が上になりますす。

世界最高得点を更新する可能性も十分ありますね。
無理をせず頑張ってほしいです。


昨日のサタステ動画が出ていました。

リンクを貼らせていただきますので、デイリーモーションで
ご覧になってくださいね。

サタステ動画

yuzuru2973.png

サタデースポーツの動画はこちらのツイッターに
上がっていました。

よこりんこさんのツイッター


羽生選手は五輪で何度も世界記録を更新できる=プルシェンコ

フィギュアスケートの羽生結弦選手はカナダのモントリオール
開催の国際大会「オータムクラシック」でみずからが持つ
世界記録を更新したが、五輪シーズンにこれから何度も記録を
更新する能力をもっている。

2度の五輪優勝経験を持つロシアのエフゲニー・プルシェンコ氏が
ロシアの報道陣の取材に対してそうした見方を示した。

羽生選手はショートプログラムで112.72をマーク。

2015年12月10日のグランプリ・ファイナルで樹立した
110.95を塗り替えた。

羽生選手はフリー(223.20)でもショートとフリーの
合計点(330.43)でも世界記録を保持する。


プルシェンコ氏は「もちろん、羽生選手からは
新たな記録を期待できる。真剣で偉大なスポーツマンで、
五輪チャンピオンにはただ単になれるものじゃない。

彼はそれを証明したし、さらにみずからの結果を
伸ばしていくことができるだろう。また、必要な人は
とても少ない」と指摘した。

プルシェンコ氏は、オフシーズンを含む頻繁なスタートは
フィギュアスケーターの成長にとって重要な条件だと強調して、
日本のシステムを絶賛した。


羽生「12って何だろう」 会見一問一答

毎日新聞より。


yuzuru2972.png

『−−初戦にいきなりだが。

はい。まあ、でもハビエルも100点超えていましたし、自分自身
しっかりとこの構成でいい演技ができたこと、とにかく本当にミスなく、
自分のなかでも質としても非常に納得できるような演技でまず
ショートを終えられたので。

もちろん「構成落としてるから当然」みたいな感じでいわれるか
もしれないですけれども、構成落とそうが何だろうが、本番で全て
出し切るっていうのは非常に難しいことだと思っているので、
そういう意味では一つ成長できたかなと思っています。

 −−丁寧に滑り出していたが。

そうですね。この曲を聞き込んでいるというのももちろんありますし、
今自分がしたい「バラード第1番」の表現というか、そういうものが
非常に静かなところからだんだんとふつふつとわき上がってくるような
ものっていうのを目指して今日はやっていたので、そういった意味では
一つ一つ丁寧にというふうに思ってやりました。

 −−ステップは攻めきれなかったか。

レベルがどうなのかちょっとわかんないですけど、まあステップも
ちょこちょこ変えていますし、そういった意味では緩急の使い方とか、
またさらに良くしていく必要もあるかなと思っています。

 −−演技後に手を広げた。

「うん。よかったね」って思って。なかなか後半の4回転トーループ
でターンから入って、(ジャンプで)手上げっていうのも初めてでしたし、
ターンから入り方の4回転も初めてだったし、それプラス、まあ、
ショー以外で、ショートで後半の4回転っていうの、まだ決まったことも
なかったので、そういった意味で、まあもちろんサルコウでしたけど、
自分の中ではサルコウだったけど、
「でもちゃんとここまでできたよ。ほら見て」みたいなことをブライアン
のほうにやりました(笑い)。

 −−この曲はしっくりくるか。

しっくりくるというか、表現したいことがすごく明確なプログラム
なので。自分にとって。その時その時で感情とか全然違うんですけど、
その時その時の自分を表現できるプログラムの一つだと思っているので、
そういった意味でもやっていて心地よいですし。

ただやっていて心地よいと思えるふうになるのはやっぱりジャンプを
しっかり決めて、全てのエレメンツをきれいにこなさないと、それ
は気持ちいいとは思えないので、そういった意味ではそこまで
滑り込んでこれているのかなと思います。

 −−今日はどんな感情だった。

徐々に徐々にというような感じは、すごく思いました。

 −−得点を聞いたときは。

ブライアンが最初になんかフランス語のアナウンスだったのかな? 
「フランス語のアナウンスで112だよ」って。
「ああ、そんなに出るんだ」みたいに思ってたんですけど。
でもなんか12と聞いてて、「あれ、12なのかな?」って思って、
「12って何だろう」と最初思っていて。

でもまあ、自分の中で最初からハビエルが101とっている段階で、
「自分のベストは110だよ」っていうのをすごく頭のなかで思いなが
らやっていましたし、あとは冷静に考えてみて、あの時
(2015年のNHK杯、グランプリファイナルで世界歴代最高得点
をマークした時)は前半に4回転二つなので、それとは全く違う、
自分の中では全然違うレベルのものをやっていると思いますし
、実際にターンから入ったりとか、手を上げて跳んだりとかそういうことも
成長できているところだと思うので。全然違う感触で。

そして点数もおのずといい演技ができれば出るなというふう
に自信を持ってやりました。

 −−それで全然驚いていない。

まあ、なんか、まあ初戦だし、もちろんこれをベースにこれから
戦っていかなければいけないことになると思いますけど。
でもやっぱりこのプログラムは自分が2回も世界最高とっているし、
言ってみれば、110も2回とっているので自信を持って滑れたのか
なというふうに思います。

 −−自分に対する期待感は高まっているか。

今日試した集中の仕方とか、それこそ(17年)世界選手権の
フリーを参考にしたりとか、いろいろして試したその集中の仕方
がしっかりとはまりきったことは、自分の中でも評価したいなと
思っていますし。

あとは、やっぱりまだ22(歳)で。スケート、まだ22ですけれども、
スケートの今までの人生の中で数えてみたら100回以上試合をやっ
ているので、そういった一つ一つのことを思い出しながら、自分が
どういうときにいい演技ができたかなということをまた振り返りながら
また明日に向けてまた今シーズンに向けてしっかりやっていきたいと思います。

 −−演技前、ティッシュケースのプーさんに「行ってくるよ」と言ったのか。

なんて言ったのかな。「よしよし」ってやってました。
(取材終了に)すみません。ありがとうございました。
ありがとうございます。ありがとうございます。
またあしたお願いします。ありがとうございました。』


yuzuru2960.png


ゆづ、しっかりしていますね(*^-^*)
自分の点数の意味が最初わからなかったみたいで(笑)

私も「ワンハンドレットトゥエルブセブン・・」と聞いて
「え?127?」なんて誤って思ってしまって、LINEで
「112」と言われて、あ、そうだよね・・と(笑)

でも、ゆづなら112でも足りないくらいですね。

今日のフリー、どのくらいの点数が出るのか、
マスコミも注目していることでしょう。

もうすぐライストで男子のフリーが始まります。
また結果がわかり次第、ブログに書きたいと思います。

ライストのリンクです。

中国ライスト

デイリーモーション。

http://www.dailymotion.com/video/x60qkns


Live Streaming/Diffusion en direct: 2017 Autumn... 投稿者 skatecanada

時間は日本時間で表記しています。

9/24(日)
00:00-02:30 男子公式練習

09:00-11:45 男子FS
※羽生結弦、村上大介
男子表彰式

テレビ放送予定。


男女フリー ハイライト<当日録画>
■9月24日(日)よる10:00〜11:00

9月24(日)テレビ朝日
「神に選ばれた試合」13:55〜15:20

女子ショート(2017年9月21日)
■10月7日(土)よる7:00〜9:00

■10月8日(日)午後1:45〜よる8:30

10月8日(日)テレ朝チャンネル2
「GPシリーズ/ファイナル2017 記者会見【生放送】」
13:00〜13:45


PS:日経の記者、原真子、会場に来ていると現地の
ゆづ友さんが教えてくれました。

あの悪徳顔を覚えてしまったのでしょう。
ゆづに近寄らないでほしいですね。(-_-;)
運気が下がるわマジで。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2017-09-24 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽生結弦の美しい演技は世界中を魅了する。


羽生選手の初戦、オータムクラシックでの
世界最高得点更新で、世界中が沸いています。

今日一日でたくさんの報道を目にしました。

全ては紹介しきれませんが、いくつかご紹介
したいと思います。

羽生結弦の初戦、心もスケーティングも
「静かに演じた」世界最高得点


折山淑美●取材・文 能登直●撮影 

『オータムクラシック男子ショートプログラムで
羽生結弦は首位発進。10日前に右膝に痛みが出たために
大事をとり、右足で踏み切る4回転ループを回避したものの、
4回転サルコウと4回転トーループ+3回転トーループ、
トリプルアクセルというジャンプ構成で臨んだ。

yuzuru2966.png


この日の羽生は終始冷静だった。

第2組2番滑走だった夜の演技の6分間練習では、
最初に跳んだトリプルアクセルの着氷で手をついたが、
少し時間を空けてから跳んだ次の4回転トーループ
からの連続ジャンプは、セカンドの3回転トーループを
きれいに決めた。

そして、4回転サルコウも余裕を持ってきれいに
決めるとジャンプの練習はやめ、スケーティングを
確かめていた。

出だしは、静謐そのものだった。

彼が初めてこの『バラード第1番ト短調』をSPの
プログラムとして選んだシーズン、
「ピアノの音をしっかり表現したいからこそ、
静かな調べで始まる曲の雰囲気を壊さないために、
滑り出しは氷をガリガリかかないで、音もなく
滑り出すような演技をしなければいけないと思っている」
と話していたのを思い出す冒頭の滑りだった。

自分の感情を表面に出すのではなく、音の流れに
任せて滑り出し、そのままの心の中の静けさを表現して、
ジャンプに挑む。

最初の4回転サルコウを力むことなくきれいに
決めると、その流れを次のフライングキャメル
スピンにつなげる。

続くチェンジフットシットスピンで徐々にスピードを
上げ始めると、その流れからトリプルアクセルを
軽やかに決め、続く4回転トーループからの
連続ジャンプも完璧に決めた。

次のステップシークエンスも感情の発露を少し
抑える雰囲気で丁寧に滑ると、最後はチェンジ
フットコンビネーションスピンで締める。

「丁寧にやろう」という気持ちを強く感じさせる
演技だった。

得点は、自身が2015年のグランプリファイナルで
マークした世界歴代最高得点の110・95点を上回る、
112・72点の新たな歴代最高得点。

スピンとステップはすべてレベル4の評価を受け、
冒頭の4回転サルコウと後半最初のトリプル
アクセルはジャッジ7名全員が出来栄え評価の
GOEで満点の+3点を並べるジャンプ。

4回転トーループ+3回転トーループもふたりが
+2点とした以外はすべて+3点で、2・80点の
加点になるほぼ完璧な出来だった。

しかし、羽生はその得点に驚きの表情は見せなかった。

「前のグループで滑ったハビエルが101・20点を取った
段階で、『自分のベストは110点』ということを頭の中に
入れてやっていた。

冷静に考えてみれば、あの時(2015年)は前半に
4回転をふたつ入れていたので、それとはまったく
違うと思っています。

自分の中ではぜんぜん違うレベルのものをやっている
と思いますし、実際、トーループはターンから入って、
両手も上げて跳んでいますから。

そういうところも成長できているので、感触としては
『いい演技ができれば自ずと点数は出る』と思っていました。
この曲のプログラムで110点を2回とっているので、
自信を持って滑れたのかなと思います」

この日のSPは「この曲を聴き込んでいるというのは
もちろんあるし、自分がやりたいと思っていたこの
バラード第1番の表現としては静かなところから段々と、
ふつふつと沸き上がってくるようなものを目指して
やることでした。
その意味では一つひとつを丁寧に、と思ってやりました。」

この日の羽生の心の中をそのまま表現するような演技。
羽生は自然体ともいえる挑戦で、自身の今季の
スタート地点のレベルの高さを世界に見せつけた。』


羽生ファン、カナダで熱狂 売上好調の運営側の悩みは…

yuzuru2967.png


フィギュアスケート男子の羽生結弦の熱狂的な
ファンが、オータム・クラシックに駆けつけている。
関係者は喜ぶ一方で、悩みも抱えている。

近くで羽生を見ようとするファンが、会場への
出入りや練習の様子を見守り、歓声を送った。

カナダのフィギュアスケート統括団体のスケート
カナダによると、1200席で3日間行われる
大会の入場券は、販売開始から2時間で完売。

運営側は「うれしいこと」と歓迎した。

深夜に会場近くで一夜を明かすファンがいたことで、
地元警察が見回りにくる一幕もあった。

22日の男子の公式練習前、
「会場内でのフラッシュを使用した撮影、及び
ビデオ、動画の撮影は固く禁じられております」
とアナウンスが流れた。

英語とフランス語に、日本語も加わった。

撮影禁止の主な理由の一つに、放映権がある。
権利を活用した利益はスケート団体の収入になり、
選手の活動費やスケートの発展に生かされるが、
個人撮影した動画が出回れば、放映権者の番組や
サイトの訪問者が減り、最終的にはスケーターの
利益が脅かされる。

「放映権はテレビ局とSカナダが持っている。
私たちによるサイトで見てほしい。」と協力を呼びかける。

選手がウォーミングアップをするエリアに入る
ファンもいて、運営側は対応に追われる。
セキュリティーを雇うなどして、出費を増やしている。

混乱を避けるため、羽生が本来の選手入り口を
避けて出入りする対応もとられた。

羽生を指導するブライアン・オーサー・コーチは
「ファンが多いのはスポーツにとっていいこと」
と歓迎しつつ、
「彼(羽生)は大変。責任感があって喜ばせようと
するから、常に集中を切らすことができない」と話した。』


yuzuru2968.png


ユヅルはアンビリーバブル!」 羽生結弦、
圧巻の世界新で海外ファンも魅了



yuzuru2969.png


『日本の王者の舞いは、世界のファンも魅了した。

羽生は右膝の違和感から4回転ループを回避したが、
モントリオールの地で完璧な演技を披露。
スコアは自身が持っていた世界歴代最高得点を
更新する「112.72」。

現地まで駆けつけた日本人ファンから大声援を
浴びていたが、その感動は世界のファンも
同様だったようだ。

カナダの統括団体「スケートカナダ」は公式
インスタグラムで、羽生の112.72点を筆頭に、
ハビエル・フェルナンデス、ナム・グエンと
上位3人のスコアを速報。

すると、海外から驚きの声が続々と上がった。

海外ファンも称賛と祝福「ユヅのプログラムは傑作」
「ユヅのプログラムは傑作」

「ユヅルとハビエルは最高!」

「ユヅルはアンビリーバブルだ」

「おめでとうユヅ!ガンバッテ!」

「ユヅルはファンタスティック!」

世界王者に対し、このように称賛と祝福が
投げかけられていた。

演技後には海外メディアから多くの称賛が
沸き起こっていたが、圧巻の演技は世界のファンも
魅了したようだ。』

ジ・アンサー編集部●文 

SP世界新で主役に君臨…地元カナダ局も衝撃
「ハニュウがスポットライトを盗んだ」


yuzuru2970.png


モントリオールで打ち立てた金字塔。
その衝撃は、瞬く間に海外で広がっている。

大会は地元カナダ勢が躍進していた。

男子SPではナム・グエンが88.40点で3位、
キーガン・メッシングは86.33点で4位につけた。
しかし、地元勢から主役を奪ったのは、
世界の「Yuzuru Hanyu」だった。


地元テレビ局「CBC」電子版では
「ユヅル・ハニュウがスポットライトを盗んだ。
世界新記録の112.72とともに」と報じている。

また、米スケート専門メディア「icenetwork」は
「ハニュウは自分を凌駕、自身の持つ世界記録を
打ち破った」と見出しを打って速報。
羽生の演技をこう評している。

米メディア称賛「ユヅル・ハニュウ以上に驚きで
口をポカンとさせた存在はいない」


「壮観なシーズンデビューを迎えた夜、
ユヅル・ハニュウ以上に驚きで口をポカンとさせた
存在はいない。

この男はオータムクラシック2017のショートプ
ログラムで自身の世界記録を打ち破ってみせた」

右膝に違和感を抱えながらも、ショパンの
「バラード第1番」の美しい調べに合わせて
完璧な演技を披露した羽生。

演技直後には米テレビ局「NBCスポーツ」が
「ユヅル・ハニュウが新記録で五輪シーズンの
幕を開けた」と速報していた。

全選手の演技が終わる前、順位が確定する前から
報じているのだから、いかに衝撃が大きかったかがわかる。

ソチ五輪に続く、平昌五輪での金メダル獲得に向け、
地元カナダメディアも脱帽の主役ぶりを演じた
日本が世界に誇る絶対王者。


最高の形で66年ぶりの五輪連覇へ最高の形で滑り出した。』

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer


羽生の圧倒的演技に関係者驚愕 小林強化部長
「ステップなんてピアノの旋律そのもの」/フィギュア


『羽生の圧倒的な演技に、関係者もファンも驚嘆した。
日本スケート連盟の小林強化部長は
「すごい出来。ステップなんてピアノの旋律そのもの。
前よりもっと(心に)響くものだった」と2季ぶりに
用いた「バラード第1番」の完成度の高さにうなった。

所属先の城田監督は、
「闘争心が常にある。それは立派。脚の故障の中、
そういうそぶりも見せずにやった」と評価した。

ジャンプに加え、スピンやステップでも隙がなく
「一つ一つのクオリティーが高くなってきている」
と目を細めた。

日の丸を掲げて喜んだ熱狂的なファンはSP
終了後にはフリーに備え、徹夜組の約50人が
会場前に座り込んだ。

日本人が押し寄せるモントリオールで
“羽生フィーバー”が続きそうだ。』

yuzuru2971.png


多くのファンがカナダの会場に応援にかけつけて
くれていることは喜ばしいことですが、反面、
ルールやマナーを守らないということも見受けられて
いるようです。(^^;

ゆづサイドや地元の人たち、スケート連盟、
その他の関係者などに、ご迷惑がかからないよう、
ファンは気を付けたいですね。

今日の夜には男子の公式練習が始まります。

そして明日の朝にはフリーが行われます。

ライストのリンクです。

http://www.dailymotion.com/video/x60qkns


Live Streaming/Diffusion en direct: 2017 Autumn... 投稿者 skatecanada

時間は日本時間で表記しています。

9/24(日)
00:00-02:30 男子公式練習

02:45-05:35 女子FS
※三原舞依、新田谷凜
女子表彰式

09:00-11:45 男子FS
※羽生結弦、村上大介
男子表彰式


テレビ放送予定。


男女フリー ハイライト<当日録画>
■9月24日(日)よる10:00〜11:00

9月24(日)テレビ朝日
「神に選ばれた試合」13:55〜15:20

女子ショート(2017年9月21日)
■10月7日(土)よる7:00〜9:00

■10月8日(日)午後1:45〜よる8:30

10月8日(日)テレ朝チャンネル2
「GPシリーズ/ファイナル2017 記者会見【生放送】」
13:00〜13:45


PS:ゆづ友さんたち明日は、最前列の席を
ゲットしたそうです。ヾ(*´∀`*)ノ

バナーとか、ゆづ友さんたちがテレビに映ると
思いますので、楽しみにしたいと思います。

今日は一日、ニュースもテレビも動画も
ゆづ一色でした。(*´▽`*)
(そればかり見ているからだけど)

9月の初戦から何という幸せ

羽生結弦という人はファンやジャッジだけでなく、
見るものすべてを魅了してしまう存在ですね。

明日のフリーも全力で応援いたしましょう!


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2017-09-23 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽生結弦、ファンの応援を味方に112.72。


先ほどの記事に多くのコメント、ありがとう
ございます。

ライストで確認された方も多いと思います。

夕方の放送を待たずに、羽生選手の世界最高得点更新の
SPにファンは興奮を抑えることができません。(*^-^*)

もう一度、この素晴らしいSPを見てみましょう。

https://youtu.be/5fZe8sgGn4k


ホントに美しい演技でしたね。

プロトコルが出ていました。

男子SPプロトコル

yuzuru2961.png

1 Yuzuru HANYU JPN 6
総合 112.72 (TES 64.17  PCS 48.55 )


冒頭の4回転サルコウはGOE3です!

全てのジャッジが満点をつけました。

スピン、ステップもオールレベル4でした。

トリプルアクセルもGOE3.

こちらもすべてのジャッジが満点をつけました。

4T-3TのコンビネーションのGOEは2.8。
二人のジャッジが2を付けただけでしたが、
ほぼほぼ満点に近いです。

PCSにも10点がたくさん並びました。

これ以上はない、というくらいの素晴らしい
出来でしたね。

初戦からこんなに素晴らしいSPを見せていただけるとは
思いませんでしたので、とてもうれしいです。

羽生選手、ホントにありがとうございました。

明日のフリーものびのびと納得のいく演技が
できるよう、応援しています。


羽生結弦は「まるでホームの大会」 日本人ファンに
米驚嘆「日本国旗で顔見えない」


衝撃の世界新を後押し、カナダに揺れた無数の
日の丸…米メディアも驚き


yuzuru2962.png


フィギュアスケートのオータムクラシックは22日
(日本時間23日)に開幕し、男子ショートプログラムで
今季初戦となった羽生結弦が112.72点をマークした。

自身が持つ記録を更新する世界歴代最高得点を叩き出したが、
米メディアはモントリオールに詰めかけ、羽生を後押しした
日本人ファンに注目。「ハニュウにとってはまるでホームの
大会のようだった」と紹介している。

【動画】強すぎる王者がお辞儀する背後に揺れる無数の日の丸…
icenetworkが紹介した羽生の「衝撃の世界新」の演技後の瞬間


日本が世界に誇る世界王者の背中を押したのは日本人
ファンだった。
羽生は演技前の練習でリンクに姿を現すと、
大きな歓声を浴びた。そして、多くの日本語の横断幕が
掲げられる中、華麗に舞った。


ショパンの「バラード第1番」の美しい調べに合わせながら
華麗な舞いを披露した羽生はジャンプをすべて成功させ、
完璧な演技を披露した。

すると、演技後、お辞儀する背後に一面を埋め尽くす
ほどの無数の日の丸が振られた。

米スケート専門メディア「icenetwork」も、その模様を
公式ツイッターに動画付きで紹介したほどたった。

カナダ・モントリオールまで駆けつけた日本人ファン。
その多さに、米テレビ局「NBCスポーツ」電子版も注目した。

埋め尽くした日の丸に驚嘆「24以上の日本国旗で
ほとんどの観客の顔が見えない」


「ハニュウにとってはまるでホームの大会のようだった」
とリンクの情景を描写。さらに、滑り終えた感情の熱気を
驚きをもって伝えている。

「演技を終えると、彼はスポーツプレックス・ピエール
フォンドの客席にお辞儀した。24以上の日本国旗で
ほとんどの観客の顔が見えないほどだった」

常々、ファンの後押しが力になると語っている羽生。

大会前には右膝の違和感を訴えていたが、衝撃の112.72の
裏ではファンの後押しも力になっていたに違いない。

23日(日本時間24日)は今季初優勝をかけ、フリーに挑む。

演じる曲は2年ぶりに再演する伝説のナンバー「SEIMEI」。
再び、美しき舞いでモントリオールに駆け付けた日本の
ファンを魅了する。』

ジ・アンサー編集部●文 

ゆづが出る大会は海外であっても「ホーム」に
なってしまうくらい、日本からファンが駆けつけます。

「ゆづ、応援しているからね」

そう、リンクに立つ羽生選手に向かってゆづを
応援するバナーを掲げて、羽生選手を見守っています。

日本のファンの礼儀正しさは称賛に値します。

先ほど、現地に行っているゆづ友さんから、
このようなエピソードが届きました。

『終了後、観客はどっと出口に。私も(このLINEを
くれた人)歩いて出口に向かいました。
(羽生選手の出待ちなどをすることもなく)

振り返ると〇〇さんや同じホテルの数人がいません。
きょろきょろし、出口が混雑していたので、外にでて
まっていたら、(友人が遅れて)やっと出てきました。

「どうしたの?」と聞いたら、観客席で凄いゴミが
あるところを皆で片付けてキレイにしてきたとのこと。

ゆづ君ファンとして恥じないようにゴミ拾いをして
きたんだそうです。

もちろん、そのゴミは日本人ファンが出したものでは
なかったのですが、ゆづのファンが汚したと思われるのは
嫌なので、片付けてきました。ということでした。』


ホントに素晴らしいですねヾ(*´∀`*)ノ

ゆづファンとして、海外でも美しい行いを
してきてくれたゆづ友さんたちに感謝です。

そして、オータムに行っておられるゆづファンの方で、
もしもこのブログをご覧になっていましたら、お願いがあります。

「会場を出る前に、自分たちの残したゴミはないだろうか?」
「もしも自分が出したものではなくても、ゴミなどを見つけたら
片付けてください」

と、ブログで呼びかけて欲しいといわれましたので、
書かせていただきました。

出待ちをするために急ぐ人がいる一方で、ごみを片付ける
ファンもいる、ということを知っていただきたいと思います。

美しい羽生選手のように、言動でも模範的でありますように。


yuzuru2963.png

yuzuru2964.png

yuzuru2965.png

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2017-09-23 | Comment(9) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます